山形で、今日はどこに行こう?

温泉もいいけど、(関連記事:【厳選】大人女子のため山形の温泉・旅館*こころも身体も美しくなる山形美人の湯特集 )素敵なお店で女子会&デートランチ・ディナーを楽しみたい!

そんなあなたに、実際に行ってみてよかった「お洒落な人気店10選」をご紹介いたします。

image

【美味しい・おしゃれなお店は都会だけ?】

いえいえ。最近の山形には新しくできたお店がたくさんあり、お洒落な隠れた名店もたくさんあります。山形ならではの大自然を感じながらお洒落な時間を楽しめる空間も…。

1.【Tsuki Cafe】月カフェ

FullSizeRender_1

美味しさには秘密がある。それは理想の味へと繋がる、ひとつひとつのこだわり。

FullSizeRender

ハンドドリップ方式「コーノ式かなざわ珈琲」のこだわりコーヒー。保存料を使用しない手作りの焼き菓子とデザート。たくさんはできないけど安心できるもの、自分が美味しいと思うものを届けたい。そんな想いのあるお店です。

2

IMG_6504 (1)

おすすめはチーズケーキやシフォンケーキなど、焼き菓子とドリンクのセット。テイクアウトもしてるので、ご自宅で大切な方と手軽に贅沢な時間を過ごすのもいいですね。もちろん、デザートだけじゃなくランチも楽しめます。

FullSizeRender ランチ・カフェ営業のみ、夜の時間帯は営業してないのでご注意ください。

– Tsuki Cafe –

◆Access 山形市江俣5-8-28

◇Tel 023-664-3496

◆Time 10時~18時(11時まではテイクアウトのみ) ランチタイム11時~14時30分

◇Closed 水曜日

 

2.【MOKU cafe】モクカフェ

IMG_6671

重厚感ある木の扉を開けると、そこには大きな階段が。階段を登ると、吹き抜けになっているお洒落な空間が広がります。

image

テーブル・チェアはひとつ一つデザインの異なるこだわりのインテリア。創作料理やカクテル、ノンアルコールのカフェメニューも豊富なのは、夜お酒を飲めない人にも嬉しいですね。

IMG_6669

カフェ・バーとしての利用だけではなく、お店のスペースを利用して『出会っちゃったらいいんじゃない会』という気軽な雰囲気の出逢い・交流の場や、楽器をいれてのライブなど様々なイベントが開催されます。

IMG_6668

こんな素敵な空間ならきっと…素敵な出逢いもあるかもしれませんね。

– MOKU cafe –

◆Access 山形市香澄町3-6-5

◇Tel 023-666-6771

◆Time 11時30分~23時(金・土・祝は24時まで) 11時30分~19時(日曜日)

◇Closed 月曜日・第三火曜日

3.【衣・食・旬  Igatta】イガッタ

1 (2)

山形駅西口にある人気店。山形では駅の東口に居酒屋などの飲食店が集中しておりますが、駅西サイドにも人気のお店があります。

1 (1)

コンセプトは「箸で食べる創作イタリアン」。使った箸はお持ち帰りいただけます。

image

お洒落な創作料理を、あえて「箸」というところがカジュアルで、気取らなくていいですね。山形の旬の食材を使用し、お昼の時間にはお得な「レディースランチ」があるのも女子には嬉しいところ。

1 (3)

ラストオーダーは20時~21時(曜日によって異なる)。時間に余裕を持って、美味しい食事と素敵なひとときをお過ごし下さい。ランチ・ディナー共に混み合うので、行く際は電話予約をおすすめします。

2 (2)

イガッタ定番、生ウニのクリームパスタは絶品なので是非お試しを!

– 衣・食・旬  Igatta –

◆Access 山形市五日町10-25

◇Tel 023-646-5376

◆Time ランチ:11時30分~15時 ディナー:17時30分~21時30分、17時30分~22時(金・土・祝)、17時30分~21時(日・祝)

◇Closed 月曜日

4.【Restaurant Confettie】レストラン コンフェッティ

IMG_6393

今日はいつもよりちょっとお洒落をして、大切な人と素敵な時間を過ごしたい。「コンフェッティ」は専門式場パレスグランデールがプロデュースした式場に隣接するレストラン。

FullSizeRender

味・接客共に高いレベルのサービスが味わえます。

FullSizeRender_1

モダンで開放的な空間の中、一品一品丁寧に盛り付けられた食材の数々。

IMG_6400

見た目にも美味しい料理の数々は、やはり女性に人気の秘訣でしょう。記念日や女子会、ちょっとしたフォーマルなパーティにもぴったり。

IMG_6399

「おもてなしの心」あるレストランで、是非大切な方をエスコートしてください。

– Restaurant Confetti –

◆Access 山形県山形市荒楯町1-17-40

◇Tel 023-633-2885

◆Time ランチ:11時30分~14時、ティータイム:14時~17時30分、ディナー:17時30分~20時30分

◇Closed 火曜日

 

5.【Villaggio】ヴィラッジオ

IMG_6030

山形駅東口から八日町方面に歩いて10分程。大きな看板はなく一見通り過ぎてしまいそうな場所に、予約必須の隠れた名店があります。

FullSizeRender

ヴィラッジオではランチ 1500円~、ディナーコース3000円~(ドリンク別・飲み放題なし)と、価格設定は決して安くはありませんがその価値はあります。

IMG_6029

店内は木のぬくもり溢れるアットホームな雰囲気。一頭買いしている山形牛や県産野菜をアレンジしたお料理は、是非一度味わって欲しい逸品です。

IMG_6026

ワインの種類も豊富に取り揃えており、食材に合ったワインと美味しい料理のマリアージュをご堪能ください。

– Villaggio –

◆Access 山形県山形市八日町1-2-2 レジデンスK 1F

◇Tel 023-665-5329

◆Time ランチ11時~14時、ディナー18時~22時

◇Closed 日曜日・祝日

 

6.【marki garuni】まあ気軽に

image

ちょっと外に飲みに行きたい…そんな時におすすめなのがこちらのお店。

FullSizeRender_1

その名も「marki garuni -まあ気軽に-」

IMG_6670

「気軽に来て、人が集まる楽しい場をつくりたい」そんな想いからオーナーはサラリーマンから転職し、今年の夏に念願のお店をオープンさせました(2015.7.6)。席はカウンター中心で、コミュニケーションが取りやすい雰囲気の洋食バル。

image

お料理はワインに合いそうなキッシュやアヒージョなどのお手軽メニューが豊富ですが、とっておきのおすすめは【フォアグラと牛ヒレのロッシーニ(1380円)】 &【ロブスターのトマトクリームパスタ(1280円)】

FullSizeRender この食材で、このお値段はとってもお得。どちらも「1日3食限定」なのでお早めに!どうぞ気軽に足を運んでみてくださいね。

– marki garuni –

◆Access 山形市香澄町2-1-2美装ビル1F

◇Tel 023-673-9583

◆Time 17時30分~24時

◇Closed 日曜日

 

7.【Bar BeerBong】バービアボング

FullSizeRender (3)

『BARなんて行ったことがないから不安…』そんなあなたも大丈夫!バーカウンターからマスターが、気さくに楽しく声をかけてくれます。お酒デビューの大学生から外国人、ちょいワル親父まで(笑)色んな人たちが集まる「Bar Beer Bong」

IMG_6385

結婚式の二次会や賑やかなパーティもおまかせ。プロジェクターやビンゴも貸してくれて、DJブースなんかも作れてしまう。人数の多いパーティーには、お店から装飾としてバルーンもプレゼントしてくれます!

女子会

IMG_6388

サマーシーズンはテラスで風にあたりながら、お酒を楽しむのもおすすめ。マスターは、実は世界の大会に出ていたスノーボーダー。冬の時期は、今もBARの仕事の傍ら雪山に通いつめます。ゲレンデのパウダー情報にも詳しいので、カウンターで色々聞いてみてくださいね。

FullSizeRender

楽しく飲むのが好き!なんて方はぜひ一度、BARに遊びに行ってみてください♪

– Bar Beer Bong –

◆Access 山形市七日町2−2−1 赤門ビル4F

◇Tel 023-633-6850

◆Time 20時~25時、19時~25時(金・土)

◇Closed 日曜日・祝日

 

8.【GROOM】グルーム

image

山形駅隣接の霞城セントラル最上階にある、夜景の見えるダイニングバー。

image

ここでは都心のような高層ビル群の夜景は見ることは出来ませんが、どこまでも続く平野の向こうに、悠然と佇む山々に沈んでいく夕陽を眺めたり…。夜はビロードに星屑を蒔いたような…都会とは異なる夜景を堪能することができます。

image

夜景を眺めながらいただく世界各国から集められた食材とお酒の数々は、上質で美味しい時間を演出してくれます。『最上階のダイニングバー』というとお値段や敷居が高いのでは…と気になるところですが、ワインボトルは3000円代〜、飲み放題プランもありますので、安心して過ごして頂くことができます。

image

同じフロアには山形を一望できる「展望ロビー」も無料開放されておりますので、夜景と共にどうぞ素敵な時間をお過ごし下さい。

– GROOM –

◆Access 山形市城南町1-1-1 霞城セントラルビル 24F

◇Tel 023-645-1488

◆Time 18時~24時 ◇Closed 不定休

 

9.【BAR 野村】バー野村

image

静かな夜のゆっくりと流れる時間。そんな贅沢な時間を楽しむ為の、大人の居場所が此処にはあります。

IMG_6226

今回は季節のフルーツを、好みの甘さ・アルコール度数にアレンジしてオリジナルカクテルを作ってもらいました。旬の梨とシトラスウォッカを使用した、さっぱりと甘い贅沢なカクテル。果肉も入っていて、リキュールでは出せない素材の味がとても美味しい。

IMG_6228

これからの季節におすすめなのは 「ホット・バタード・ラム」。添えられたシナモンを入れて香りを楽しみながら、冷えた身体を心から温めてくれる…山形の寒い冬にはぴったりのホットカクテルです。

image

ベテランのマスターが「貴方だけのお酒」を心を込めて提供してくれる…他ではなかなか味わえない、そんな贅沢な時間を体験してみてはいかかでしょうか。

– BAR 野村 –

◆Access  山形市香澄町1-14-12 2F

◇Tel 023-624-7789

◆Time 19時~26時、19時~24時(日・祝)

◇Closed 日曜日

 

10.【Forest inn SANGORO】三五郎小屋

image

蔵王温泉スキー場の中央ゲレンデにある、三五郎小屋。 森の奥に「小屋」というイメージから想像つかないような素敵なカフェが存在します。

image

グリーンシーズンは車で直接向かうことができますが、おすすめは蔵王中央ロープウェイに乗って、自然の中を15分ほど歩いていくルート。

image

お手軽BBQもおすすめ。何も持たずに準備はすべてお任せして楽しむだけでOK!ロッジに宿泊できるプランもあるので、トレッキングや蔵王の自然を楽しみながらグループでワイワイ過ごすのも楽しみのひとつ。

image

お腹を満たしたら、中のソファスペースでゆったりとした時間を楽しんで。夏でも涼しい蔵王の山の上では一年を通して薪ストーブを焚いていて、ソファにくつろぎながら過ごす時間が日頃の疲れを優しく癒してくれます。

image

こんな素敵な写真も撮れちゃいます♪

IMG_6672

ビリヤードなども自由に使うことができ、日常の喧騒を離れたくつろぎの時間。山形の自然を十分に堪能しつつ、お洒落な時間も楽しめる。山形ならではのお洒落で贅沢な一押しスポットです!

image

– Forest inn SANGORO –

◆Access 山形市上宝沢不動上国有林28

◇Tel 023-694-9330

◆Time 10時~16時(宿泊は要予約) 5月~11月(グリーンシーズン営業) 12月~4月(ウィンターシーズン営業) ◇Closed(2015.11.4~冬季内装チェンジの為休業)詳しくはお問合せください。

番外編 【Forest inn SANGORO】三五郎小屋 〜Winter ver.〜

image

冬になると蔵王の景色は一変。目の前がゲレンデの三五郎小屋は、シーズン本番です。お店は県内外から大勢のスキー・スノーボーダーで賑わいます。グリーンシーズンに置いてあるソファは&テーブルはより多くの方にお店を利用してもらえるよう、しばらくおあずけです。

無題

ゲレンデで思う存分楽しんだ後に食べる温かいクラムチャウダーは、体の芯から温まります。蔵王名物「樹氷のライトアップ」を見学に行くツアーも開催しており、最新型の特別雪上車で樹氷まで送迎して頂けます。樹氷原の気温はなんと-15℃前後!防寒対策をしっかりして、普段見れない幻想的な風景をお楽しみください。

FullSizeRender (3)

四季折々様々な表情を見せてくれる蔵王の自然。同じ場所でも、違う季節にはまた足を運びたくなる。そんな山形の持つ「四季」の良さを十二分に味わうことができる場所です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?山形にはこのような素敵な場所が、まだまだたくさんあります。

意外と知らない山形の素敵な場所…是非足を運んで、あなただけのお気に入りの場所を見つけてくださいね。

関連記事:・山形市七日町の「BOTAカフェ」「とんがりビル」Uターン者、芸工大教授、地元デザイナーが空きビルをリノベーションしたNEWスポット続々OPEN!

山形仕事図鑑#045 医療事務→鳥海山と庄内平野望むマクロビカフェ兼料理教室オーナーへ

まだ山形の観光地選びで消耗してるの?これからの観光ガイドは山形の暮らしに根差した「d design travel YAMAGATA」で決まり。

 

記事をシェア

伊渕南々絵

ライター情報

伊渕 南々絵

平成元年生まれ。県内の女子校を卒業後、東京の大学に進学。大学では社会心理学、主にビジネス心理学に興味を持ち『経営者のプロフェッショナリズ...