gahag-0005040581-1

知人A「そういえば、〇〇(あなた)って出身どこなの?」
あなた「え、山形だよ!」
知人A「山形!?(沈黙)……さくらんぼの!?」

 

 

 

 

ファイル 2016-01-31 14 07 02

 

 

県外在住の山形県民のみなさん、こんな経験ありませんか?

「さくらんぼだけじゃない!友達に山形の魅力をもっと知ってもらいたい…!」
「友達を山形旅行に連れて行きたい…!」

「でも、(考えてみたらさくらんぼ以外、自分もあんまり知らないし)どこを案内すれば楽しんでもらえるんだろう…」

 

gatag-00003864

 

「蔵王の御釜?山寺?(なんか定番すぎて…もっとないかなぁ?)」
「リナワールド?(遊園地なら某夢の国に行った方が…)」
「飛島?(そもそも自分も行ったことないしなぁ…)」
「旅館とか、温泉?(これはアリかも。でも日中はどこへ行こうか…)」
「山形グルメ食べ歩き?(これもいいけど、人間の胃袋には限界がある)」

「旅行雑誌に書いてあるのは定番どころ過ぎるし、なんとなく『作られた』感がある」
「もっと山形の生活や日常、暮らしに古くから根差した、山形らしい場所や食べ物、人を紹介したい」
「見て・食べて・会って、感動してもらいたい、山形のイメージを変えてもらいたい」

こんなこと、思ったことありませんか?
友達に山形を紹介したいけど、どこを紹介したらいいか、考えても分からないし、インターネットや旅行雑誌を調べても分からない。調べることに消耗していませんか?

 

今回は、そんなあなたにピッタリなガイドブック「d design travel YAMAGATA」についてご紹介します。もう観光地選びで消耗するのは止めましょう。この本があれば、もう観光地選びで消耗することはなくなるはずですよ。

 

 

「d design travel YAMAGATA」とは?

61dnqo1yxdL._SX379_BO1,204,203,200_「Amazon」HPより

ロングライフデザインをテーマに活動する私たち D&DEPARTMENT PROJECT が、47都道府県それぞれにある、その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点から選びだして、観光ガイドとしてまとめたものが「d design travel」です。

D&DEPARTMENT」HPより

「d design travel」は、2000年にデザイナーのナガオカケンメイさんによって設立された株式会社「D&DEPARTMENT」が手掛けた観光ガイドブックのこと。「D&DEPARTMENT」は、上記のような「その土地らしさ」や「その土地や人が伝えるメッセージ性・想い」「デザイン的観点」などをもとに全国47都道府県のガイドブックを作成しており、その山形県版が「d design travel YAMAGATA」なのです(2014年11月初版発売)。

大衆向けに販売されている観光ガイドブックには載っていないような、「古くから山形の生活・暮らしに根差した」「山形らしい」モノ・コト・ヒトが紹介されており、『作られた』観光ではなく、『生きた山形』を堪能することができます。

D&DEPARTMENT」のHPでも実際にいくつかの観光スポットが紹介されているので、いくつか厳選したいと思います。

 

 

パーラー白糸の滝(戸沢村)

K0107148-e1439377873705D&DEPARTMENT」HPより

1.絶景の「白糸の滝ドライブイン」に隣接する「パーラー白糸の滝」。
1972年に、開店。ドライブイン全盛期だった当時、訪れていたカップルが、今は孫を連れて、パーラーに来る。

2.全面ガラスの壁から見渡せる、 最上川の大パノラマ風景。
川の対岸の山肌の、木々の間を落ちる「白糸の滝」と、その下の赤い鳥居も美しい、風情ある眺め。

3.山形県の、新鮮な地場食材を活かした、手作り料理。
金山町産の「米の娘ぶた」のトンカツや、本格的な欧風カレーなど、すべてが、美味しい手作り。有機栽培コーヒーは、お替わり自由。

D&DEPARTMENT」HPより

 

 

Cafe Espresso(山形市)

K0106454-e1439377637519D&DEPARTMENT」HPより

1.1984年オープン、国鉄(当時)の貨車を買い取って、改修したカフェ。
緑色の貨車は、30年の間に、蔦に美しく覆われた。 名物は、もちろん、エスプレッソ。自家製のデザートも、美味。

2.馬見ヶ崎川沿いの季節ごとの景色、 その、ありのままを楽しめる。
道路と川を見下ろす、駅のプラットホームに見立てた木製のテラス。春は満開の桜、秋には紅葉と芋煮会で賑わう、河川敷が見える。

3.世界中を旅したマスター高橋昌平さんの、楽しい旅の話。ライブイベントやコーヒーの勉強会なども開催し、地元に愛され続ける。東北芸術工科大学の教授や、県内外のアーティストも、常連。

D&DEPARTMENT」HPより

 

 

阿部久書店(鶴岡市)

R0106056-e1439376928367D&DEPARTMENT」HPより

1.古書から新刊書まで、山形県の本を豊富に揃える、基本は古書店。
地元作家の詩集や歌集や小説、山形県の在来作物関連や、山伏関連の本等が豊富で、手に入りやすい。しかも、古書は低価格。

2.店がある「山王商店街」の活性化に取り組む店主・阿部等さん。
本を売るだけでなく、「ナイトバザール」など、様々なイベントを企画。2013年に改築して、喫茶スペースもできた。

3.現・鶴岡市出身の作家たちが集まったサロン。
郷土史研究家だった祖父が、地元の仲間と「らくがき倶楽部」を結成し、冊子を発行。今年で、何と50周年。

D&DEPARTMENT」HPより

 

 

OUTDOOR SHOP DECEMBER(山形市)

R0106780-e1439376108771D&DEPARTMENT」HPより

1.山形県の大自然をヒントにデザインされる、 主にオリジナルのアウトドア用品店。
蔵王連峰など、山形県の風景がプリントされたバッグや、コットン等の自然素材にこだわったタープ(雨などの防具)等、店主・菊地大二郎さんがデザイン、妻・恵里さんが制作。

2.山形県の自然の豊かさと、楽しみ方を伝える店。
最上川ではカヌー、山形市の市内の山ではスノートレッキングなど、気軽に参加できて奥が深い、アウトドア体験やイベントを、多数企画。

3.中古やデッドストックの生活用品を、 リペアして、デザインも改良、適正価格で販売。
1970年代のテント生地を、折り畳み椅子の生地に再利用するなど、買いたくなる工夫が、随所にある。

D&DEPARTMENT」HPより

 

 

伝承野菜農家の宿 森の家(真室川町)

R0107341-e1439381474970D&DEPARTMENT」HPより

1.「甚五右ヱ門芋」を20代守り続ける、伝承野菜農家の、若い主人の自宅兼宿。
食や農に関心の高い宿泊者が、主人・佐藤春樹さんと交流の深い、地元の篤農家や鮎獲り名人と、交流できる宿。

2.宿泊は4月から9月中旬、週に1組のみ。
年会費1万円(税込み)で、利用可能。会費は真室川町のために利用され、会員には、特選の「甚五右ヱ門芋」が1箱(2キログラム)届く。

3.山形市の建築家・井上貴詞氏による、リノベーション古民家。
パンフレットやウェブサイトは、山形市の「アカオニデザイン」社による魅力的なデザインで、伝承野菜の旬や特色、レシピ、生産者たちを紹介。

D&DEPARTMENT」HPより

 

 

天童木工 結城 純さん

K0106717-e1439381557729D&DEPARTMENT」HPより

1.“「天童木工」はえぬき”の、熱血スポークスマン。
高校卒業後、すぐ、「天童木工」に入社。設計課を経て、現在は企画・広報に力を注ぐ、地元・天童市出身の、若き大ベテラン社員。

2.つくり手と使い手を上手に交流させる、敏腕の繫ぎ役。
わかりやすさをモットーに、ショールームと工場を、心を込めてガイド。「天童木工」の思想と技術を、山形県や他県の人々、世界中に意欲的に発信。

3.山形県の“一人観光課”。
本社周辺の詳しい観光マップをつくり、独自ツアーを企画するなど、山形県を、まず自分が楽しみ、その魅力を皆に伝え、楽しませている。

D&DEPARTMENT」HPより

 

 

これからは「山形に根差した暮らし(=山形らしさ)」の延長線上にある観光を

いかがでしたでしょうか?

今回紹介させていただいた「d design travel YAMAGATA」で取り上げられている場所(人)は、ツアー化もされていなければ、多くは観光者向けに作られたものではありません。しかし、そこには「山形に古くから根差した暮らしや生活」の延長戦上にあるモノ・コト・ヒトがあります。

大衆向けに企画されたツアーに参加するのもありですが、そんな「山形らしい」「訪れた後に何かの気づきが生まれる」「今まで知らなかった山形を”広げる”」旅行を自分で考えて作ってみると、これまで思っていたのとは違った「山形の魅力」に気づくことができるかもしれません。

「山形の魅力を友達に紹介するために買ったはずが、自分がその場所・魅力に気づいていなかった…」初めてこの本を手にする多くの方がそう思うはず。これをきっかけに、改めて「山形の魅力」について考えてみませんか?

 

「d design travel YAMAGATA」購入はコチラから!

■「d design travel YAMAGATA」は全国書店にて販売中!
■オンラインでも購入可能!
D&DEPARTMENT」公式ホームページコチラ

yamagata1-e1439467236316D&DEPARTMENT」HPより

記事をシェア