まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生・地域を元気にする仕事をすることに興味があるけれど、それがどんな仕事かは具体的にイメージ出来てない…。

漠然としたイメージから一歩進んで、具体的に考えられるようになりたいという方に向けて、自分が納得する「まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生・地域を元気にする仕事」が見つかるようになるための方法をご紹介します。

pose_syourai_woman

 

いきなりだけど、紙とペンを用意してください

まず、ワークをしてみましょう。

 

紙とペンを用意します。

裏紙でもノートでもなんでもOK。

用意しましたか?

では、ここで質問です。

 

「あなたが考える『まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生・地域を元気にする仕事の仕事』とは、どんな仕事ですか?」

 

用意した紙に、この質問の答えを書いてみましょう。(3分くらいで)

自分が感じている・考えていることを自由に書き出してみてください。

「〜〜みたいな感じ」とか、曖昧なものでもOK。

では、スタート。

はい、書き出してみましたか?

どんなキーワードが出てきましたか?

今一度、自分が書き出した言葉をじっくり見つめてから、次をお読みください。

 

 

 

自分にとっての「まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生の仕事」とは何か?

書き出した内容は、どんな内容でしたか?

例えば、

・地域の人が笑顔になる

・仕事を作る

・場を作りたい

・過疎ってる地域に興味

・高校生が…

・高齢者が…

 

色々あると思いますが、まだ漠然としているんではないでしょうか?

具体的な仕事選びをしようにも抽象的に前に進みにくい…という人は、出てきたキーワードを掘り下げてみましょう。

 

「地域を元気にしたい」

って、具体的にはどういうこと?

何が・誰が元気になれば良い?

詰まって先に進めなくなった時には、以下のようなつっこみワードで自分に突っ込んでみましょう。

具体的には?

例えば?

言い換えると?

なんで自分はこれが気になるだろう?

トヨタ式じゃないですけど、「それって、どゆこと?」「なぜ?」と自分に5回くらい質問してみましょう。(なぜ?を深堀りするのが苦しい人は無理せずに)

 

 

やってみて、書いたものを見て、何か気づいたこと・感じたことはありますか?

それも紙に書いて見ましょう(2分くらいで)

「自分は、・・・に関心がいってしまうんだなぁ」とか。なんでもいいです。

書きましたか?

 

自分にとって「まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生の仕事」で大切にしたいことやその理由・背景がぼんやりと片鱗が見えてきたのではないでしょうか?

 

この、まちづくり・地域おこし・地域活性化・地域を元気にする仕事・地方創生の仕事がしたい理由や、その中でやりたいこと・大切にしたい事・それを大切にしたい理由・背景って、1人1人異なります。

(複数人でワークやった後に、書いた内容をシェアし合うと、よりその意味を実感しやすいので、友達とかとやってみてください)

 

だから、大事なのは、「あなたにとっての、あなたが言う、あなたが関心がある、まちづくり・地域活性化・地方創生って、どこらへんの話?」って事なんです。

 

漠然としていて仕事探しが上手くいかないという方も、自分が大切にしたいこと、想いの根っこみたいなものが見えて来ると、新たな気づきがきっとありますよ。

 

 

「まちづくり・地域活性」と「世界は誰かの仕事でできている」はイコール説

まちづくり・地域活性化系の仕事というと、「自治体職員」「まちづくり会社」「デベロッパー」「NPO」「地域おこし協力隊」をイメージする人が多いと思います。

確かに、まちづくり・地域活性化系の仕事としてイメージしやすい代表格ではありますが、でも、まちづくり・地域活性化系の仕事は、そういう仕事の専売特許ではないと個人的には思います。

 

 

缶コーヒーのCMの「世界は誰かの仕事でできている」ってコピーあるじゃないですか。

あれと、まちづくり・地域活性は、広い意味で同じだと思うんですよ。

「まち」とか「地域」って、いろんな人のいろんな仕事で、形成されている

 

美容だって、まちを作っている。

タクシーだって、まちを作っている。

スーパーだって、ホテルだって、●●だって…。

 

地域って、いろんな仕事で形成されている訳ですから、「地域活性化の仕事」=「まちを形成する全部の仕事」になると私は思うんですよね。

でも、それだと逆に幅広すぎて、選びにくくなる。

だから、「あなたにとっての、あなたが言う、あなたが関心がある、まちづくり・地域活性化・地方創生って、どこらへんの話?」って事が大事なんです。

いやいや、そういう話じゃなくて、と思った方。

 

・プロパンガスとかエネルギーを個人のお宅に販売・配達しているある会社は、独居老人の方が孤独死していないか気にして見ているそうです。

・転職支援をしているある会社は、県とかが課題だと言っているUターン就職・転職を支援しています。

・ある会社は、30年前に消費者に安全安心がお米を届けたいと作ろうと立ち上がり、賛同した農家さんが100人以上組合に参加し、地域の基幹産業である農業が続いています。

 

これって、まちづくり・地域活性化でしょうか?そうじゃないでしょうか?

 

これら全部、山形県に実在している会社の話です。

利益はもちろん大事だけど、それだけじゃなくて地域をよくしていこう・社会に貢献していこうと考えている会社ってあるんですよ。

仕事や会社を探す時に、そんな視点も追加して見ていくと、違った風景が見えてくるはず。

 

 

あなたにとっての「まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生・地域を元気にする仕事」ってなんでしょうか?

と考えてみると、自分が大切にしたいことが見えてきませんか?

 

 

働き方もいろいろ

『まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生・地域を元気にする・盛り上げる仕事』をしたいと思った時、働き方も様々あります。

1・共感する会社を見つけて正社員として働く

2・独立志向があるなら、創業・起業する

 

というのが一般的ですが、1つの方法として提案したいことが、これ。

『独立する勇気もプランもない。自分が大切にしたい『まちづくり』が出来そうで共感する&正社員として働ける会社が会社が見つからない。のであれば、本業とは別に、プライベートな活動として初めてみてはどうですか?

具体的にはこんなことです。

 

①既に始めている活動を手伝う

プランやアイディアはないけど、地域を盛り上げたいという想いがあるなら、既に始めている誰かの活動(NPO・企業・任意団体・サークル)に参画したり、後方支援してみてはいかがでしょうか?

既に事業や活動を始めている団体・会社・NPOなどでプロボノやインターンとして関わるなどです。

下で説明する②を自分で始めるより、誰かの活動に参画する方がはじめやすい。

応援する側に回って見えてくることも多いはず。

 

②「ナリワイ・月3万円ビジネス・週末起業・プロボノ・活動からスタートする」

仲間を集めてサークルや任意団体を作って「活動」としてスタートしてもいいし(若者の活動を応援する事業は山形県やってますよ。 『山形おこしあいネット』『若者支援コンシェルジュ』 )。

いや違う、自分の名前で個人で仕事を作っていきたいっていうんなら、名乗ればそれ良いし、仲間が欲しいなら「鶴岡ナリワイプロジェクト」や「山形ナリワイプロジェクト」で仲間作ったり、自分のプランをブラッシュアップしたりすると良いと思います。

2枚目の名刺を持って、最初は儲けを期待しないで、好きなようにやってみる。

小さな失敗を重ねるでしょうけど、それで見えてくるもの・気づきは絶対あります。

まずはやってみることって大事

失敗が怖い理由が人にどう見られるかが気になるのであれば、この言葉を贈ります。

『大丈夫。誰もあんたのこと見てないから』

人の目を気にし続けてきた私が、自分に暗示をかけてきた言葉です笑。人って自分のことが大好きだから、他人が何やってるかってあんまり覚えてないそうですよ。

 

 

ただ、本業以外に収入を得る「副業」に関してルールを設けている会社もあるので、自分の会社はどうか確認してみて、本業に迷惑をかけたり、自分が不利益を被らないようにご注意くださいね。

 

 

あなたにとって、地域を元気にする仕事って何?

以上、『まちづくり・地域おこし・地域活性化・地方創生・地域を元気にする・盛り上げる仕事』の見つけ方、でした。

自分が大切にしたいことを言語化してみると、いろんな可能性に気づくと思います。

言語化出来なくても焦らないで大丈夫。

答えは自分の中にあります。

 

お友達と一緒に気軽にワークやってみてください!

 

記事をシェア

田中麻衣子

ライター情報

田中 麻衣子

1984年山辺町出身。新卒で山形での就職後上京。求人広告営業を経て、2012年ヤマガタ未来Lab.をOPEN。東京と山形行ったり来たり。あがすけ。山形...