どうも、こんにちは。
ヤマガタ未来ラボのすがいです。

4月にはじめてやってみたオンライン飲み会(記事はこちら)の最中、一緒に飲むのもいいけど、同じお酒も飲んだらおもしろいね!山形といったら日本酒じゃない?!ということで、話題にあがった日本酒を飲む会を開催しちゃいました。
今回は、GWにおうちプロジェクトということでたちあがったHAPPY HOME PROJECTさんとのコラボ企画。思いがけず、最後は感動しちゃった、日本酒会のレポートです。

【イベント概要】
開催日時:2020年5月2日(土)18:00−20:00
場所:オンライン(参加者のみなさんが各自自宅から)
参加者:14名(20代〜60代までさまざまな年代の方にご参加いただきました!)
ゲスト:奥羽自慢製造責任者 阿部龍弥さん

今回のメインとなるお酒は、鶴岡市にある酒造 奥羽自慢さんのお酒「吾有事」。
ゲストの阿部さんが、時間を忘れてしまうくらい没頭したお酒で、ミネラル感があり、酸味がある味なんです。

みんなで乾杯〜!!!!


今回のイベントは、「吾有事」を飲んで、参加者同士の交流を深めることが目的ということで、年齢はバラバラですが、より話をしやすい雰囲気をつくるために、今回の飲み会はみんな呼んでほしいあだ名で呼び合うこととしました。

まずは参加者のみなさんで自己紹介。参加者のみなさんには事前に今回のお酒に合うおつまみを準備しておいてもらいました。


ゲストの阿部さんが準備してくださったおつまみは牛タン。

今回、日本酒のイベントをしたい!ゲストをお呼びしたい!という運営の無茶振りの中でご参加してくださった、阿部さん。
「なぜ、今回イベントに参加してくださったのですか?」とお聞きしました。

阿部さん:「日本酒をつくるだけではなく、これからは知ってもらわなければ価値がない。直接購入してくださった方に話ができるのが嬉しいんです」という嬉しいお言葉をいただきました。

20歳のときに鶴岡市の酒造「楯野川酒造」に入社をし、26歳のときに「奥羽自慢」に出向となりました。その後、「吾有事」の製造責任者となったそうです。朝と夕方にお酒のタンクの音を聞くことが日課とのこと。
毎日違う表情を見せてくれるのも、楽しみだと話をしてくださいました。

日本酒はそのまま飲むのはもちろんですが、ハイボールにしたりたまにフルーツを添えたりして飲むのもおすすめとのこと。

阿部さんからお酒の紹介をしていただいた後は、ブレイクアウトルームを使って4人×3部屋に分けてのフリートークの時間。ここでアクシデントが・・・・!

なんと肝心なゲストの阿部さんが部屋にはいることができないという事態が発生。
そんな時間も貴重で、阿部さんが入室できるまでの間、参加者同士でフリートークを楽しみました。
お酒が入っているとゲストがいなくても盛り上がるのです。

(無事に阿部さんも少し遅れて入室できました)

3つの部屋では、話題もさまざま。
海外進出の話だったり・マーケティングの話だったり・恋愛の話だったりと部屋ごとに時間が足りない!というくらい盛り上がりました。


話がつきず、終了時間を大幅に過ぎて終了〜!
最後に「吾有事」と一緒に記念写真。

実は、この日本酒飲み会を企画してから開催まで2週間足らずで準備しました。
絶対に楽しいはず!と思いながらも、果たして参加したいと思ってくれる人はいるのか・・・、参加者のみなさんは楽しめるのか・・・と不安でいっぱいでした。

実際は、県外の方から参加があったり、参加者のみなさん同士で交流している姿を画面越しでみていて本当に嬉しかったです。イベントの最後に、感想を参加者のみなさんにいただいたのですが、みなさん笑顔で、満足した時間だったと言ってくださって本当にやってよかったと思いました。

イベントって、リアルで会わなくちゃできない。と思っていましたが、同じものを味わうことで、リアルでなくても同じ場所にいて同じ時間を楽しんでいるんだと気づきました。オンラインでも初対面でも大丈夫!

参加したみなさん同士、吾有事さんのお酒を通して新しいきっかけができたので嬉しいです。
「また奥羽自慢のお酒買うね!」「酒蔵遊びに行きます」という声も聞こえました。

当日のファシリを担当しましたが、わたし自身がすごく楽しかったです。
飲みすぎました笑

今後も、オンライン飲み会企画していきます。仲間募集!
以上、すがいのレポートでした。

記事をシェア

須貝未菜

この記事を書いた人

須貝 未菜

東根市生まれ。
首都圏の大学卒業後、山形県内の企業に就職。一度は、県外に転職をしたけどUターンし未来ラボにジョイン。
人を巻き込むことと...