はじめに

2021年2月から約2ヶ月間、キャリアクリエイト(ヤマガタ未来ラボの運営会社)でインターン生として活動していた小倉実花です。

私はこの春大学を卒業し、4月から社会人になります。

つまり、卒業前の2ヶ月間インターンシップに参加したんです。この時期の4年生なら遊びたい時期。

そんな私がなぜ参加して、どんな変化があったかをお伝えします。

 

埼玉からフルリモートで山形に関われる!?

まずは、どんな経緯でインターンシップに参加したか。

私は山形県酒田市出身で埼玉県在住。

今年はコロナの影響で実家のある山形や旅行など、どこにも行けない状況が続き、このまま就職前まで何もしないのはもったいない、とモヤモヤしていました。そんな時に見つけたのが、キャリアクリエイトでのインターンシップ。

元々、東京での就職を決めていましたが、いずれ山形に帰って働くことに興味があったので、すぐに応募を決意しました。なんといっても魅力的だったのが、「完全オンライン」でのインターンシップ。何より家から参加できるのは、このコロナ禍で参加しやすいプログラムだったことが大きな決め手でした。

 

 

インターン期間中の出来事

1.仕事のスケジュール感・仕事のスピード感にびっくり!

 初めて2週間くらいは、この2つにびっくりしていました。編集長の田中さんとのミーティング、掲載企業の方とのミーティング、インターン生同士で企画を話し合う時間など1日8時間頭をフル回転させて活動していました。中でも、インターン生同士で企画を考えて形にしていく作業が大変でした。最初は企画から形にするまで、1週間くらいのペースでやればいいかな~と思っていました。

しかし、こうしたいと企画を説明すると、「じゃあすぐやろう!」となり、次の日には動画を撮影し、編集し、動画をアップすることがものすごいスピード感でトントン拍子で進んでいきました。気づけば数週間のうちに動画コンテンツ。SNS施策が進んでいました。大変でしたが、自身が企画に携わったコンテンツが形になっていくことにやりがいを感じました。形になったコンテンツに対して、キャリアクリエイトの方からフィードバッグをもらえ、そのフィードバッグも嬉しく感じました。

 

2.ヤマガタ仕事図鑑ラジオ

 インターン半ばになって、「ヤマガタ仕事図鑑ラジオ」を手がけました。インターンシップに参加するための面接で、山形で働くことに興味のある人のためのラジオをしたい、と話していました。日々忙しく、自分がやりたいと話したことが実現できると思っていませんでした。田中さんをはじめ、協力をお願いした方に台本を書いて、アポを取り、録音・編集する流れをメインで行いました。

実際の収録は山形に戻って働くことに興味のある私自身も刺激を受ける内容でした。最初はとても緊張しながら、相手に質問していましたが回を重ねるにつれ自然な会話ができるようになっていたように感じます。第3回の鈴木さんには、ご自身のSNSでのシェアとともに嬉しい言葉もいただきました。

 

ヤマガタ未来ラボ・仕事ラボのYouTubeチャンネルはこちら

 

 

インターンシップに参加して感じたこと

自己分析になった

 インターンシップは正直とてもハードでしたが、自分が企画したものが形になっていくことや、仕事のスピード感の速さは心地良いものでした。私にとって自分が工夫し、形にできるような仕事・そして適度なスピード感のある仕事が向いているかもしれないと気づけました。また、自分で気づくだけではなく、キャリアクリエイトの方との話や、ラジオの収録の時に自分では気づいていなかった部分を話してくださることが多くありました。山形で働くことに興味のある大学生に向けたコンテンツ制作をした2か月であり、同時に自分自身に気づく2か月になっていました。

 

山形の企業さん・企業で働く人の熱量のすごさ

 インターンシップ期間中、ヤマガタ仕事ラボ掲載企業の方をはじめ、多くの方にお話しをお聞きしました。私自身、「大学3年生の時に話を聞いていれば選択は変わっていたかもしれない…」と思うほど、魅了的な企業さんばかりでした。共通しているのは、採用担当の方・社長さんから人を大事にしているのが伝わってきたことでした。中で働く従業員の方を大切にしているからこそ、これから一緒に働く人を採用することにも力を入れていることがわかりました。働く人・採用に力を入れるというのは、当たり前のように感じますが、ブログやイベントを何度も読み直して改めて感じました。インターンシップに参加しなければおそらく興味を持てなかっただろう企業さんのこともよく知ることができました。4月からは東京で働きますが、いつか山形で帰って働くことに興味があるので、より前向きに考えれるようになりました。

 

やまらぼインターンに興味のある方へ

私自身キャリアクリエイトでのインターンシップでは、自分がどうしたらモチベーションがあがるか、楽しく仕事ができるか自分を知る良い時間になりました。

就職のために自己分析する時、誰かに聞いたり、自分自身で振り返るのももちろん1つの方法ですが、インターンシップに参加するというのも良い方法だと思います。ヤマガタ仕事ラボ・未来ラボを生かして何かしたい人はもちろん、自分のこと・山形で働くことを知りたい人にはおススメです。

やまらぼインターンの詳細はこちら

 

まとめ

何か劇的にこれができるようになった!というわけではないんですが、自分のキャリアを考える、山形で働くを知ることができてとっても良い時間でした。様々な方とも出会え、コロナが落ち着いたら会いたい人が増えました。

山形、そしてヤマガタ未来ラボに社会人になりますが、これからも何かの形でかかわっていきたいです。

キャリアクリエイトの皆さん、仕事ラボ掲載企業の方々、大阪・山形から参加した他のインターン生の2人をはじめ関わった全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。何かの形で恩返ししたいです。

それでは、せばの~!

記事をシェア



友だち追加
ヤマガタ未来ラボ LINEの友だち登録でおすすめコラム・求人情報をお届け!


副業・兼業・体験・インターン・プロボノ・なんかやりたい
【完全無料】実績500人以上!山形特化の転職支援サービスを利用する