「山形で働く」に関する現状・実態を明らかにし、今後の未来をどうしていけば良いのか?探っていく『山形働く総研』。第2回の実態調査を行いたいと思います!

前回は、テレワーク(在宅勤務・リモートワーク)について調査し、調査結果をまとめました。

山形のテレワーク(在宅勤務・リモートワーク)の実態|山形働く総研

 

 

第2回山形×働く実態調査『副業・複業』

2回目の実態調査のテーマは『副業・複業』です。

都会の大企業を中心に、副業解禁の流れが加速しています。

山形県内の組織、そこで働く方々の『副業・複業』の実態についてはどうなのでしょうか?

ぜひ、アンケートにお答えいただき、調査にご協力頂けますと嬉しいです!

【アンケートをお願いしたい人】株式会社、有限会社、合同会社、合資会社に勤務する山形県内在住の会社員の方
【締切】6月9日(月)正午

回答はこちらのページからお願いします(アンケートフォームに移動します)。

 

山形で働く皆さまお一人お一人の実態を明らかにすることにより、山形で働く環境をより良いものにしていきたいと考えています。

 

記事をシェア

田中麻衣子

この記事を書いた人

田中 麻衣子

1984年山辺町出身。新卒で山形での就職後上京。求人広告営業を経て、2012年ヤマガタ未来Lab.をOPEN。東京と山形行ったり来たり。あがすけ。