2017年1月28日(土)、東京・両国にあるKFC(国際ファッションセンター)ホールにて「ヤマガタユアターンサミット2017」を開催しました。

3

2012年から始めて5回目となるユアターンサミット。今回は「偶然の出会いを楽しもう!人との出会いを自分の味方にしよう!」をコンセプトに、山形県内企業の経営陣や、首都圏在住で庄内地方と関わる活動を行ってきた方々をゲストに囲み、ざっくばらんな座談会を行いました。

 

イベント概要

170105_2-001

ヤマガタユアーンサミット 2017 ~ 山形県の社長・経営陣とのざっくばらんな座談会~

■日時
2017 年1月28 日(土)
座談会:13:30 ~17:30(13:00〜受付開始)
大交流会:17:30〜20:00

■会場
KFC(国際ファッションセンター)ホール 3F
東京都墨田区横網1丁目6-1

■参加費
座談会:無料(※大交流会:2,000円)

■運営
主催:株式会社キャリアクリエイト
後援:米沢商工会議所
協力:山形県労働局、酒田市、新庄市、鶴岡市、川西町、庄内町
東北経済産業局「平成28年度東北地域中小企業・小規模事業者人材確保支援事業((2)事業)」

■スケジュール
13:00 受付開始
13:30~ オープニングセッション
14:00~14:10 座談会①(練習)
14:15〜14:50 座談会②
15:00〜15:35 座談会③
15:45〜16:20 座談会④
16:30〜17:05 座談会⑤
17:10〜17:30 クロージング
17:30     終了
17:30〜   大交流会

■ゲスト(順不同)
※各ゲストの詳細は【コチラ】でご確認下さい
・【酒田市】有限会社とがしスポーツ 代表取締役 佐藤香奈子さん「アウトドアで地域づくり&ビジネスを実現」
・【戸沢村】最上峡芭蕉ライン観光株式会社 代表取締役 鈴木富士雄さん「元祖・山形県のソーシャルベンチャー」
・【山形市】株式会社アルファ・コム 代表取締役 佐藤 淳さん「刺激大好き経営コンサルタント」
・【酒田市】株式会社チェンジザワールド 代表取締役 池田友喜さん「庄内を日本の西海岸に!庄内のITベンチャー」
・【山形市】有限会社山形鋳材 代表取締役社長 片山亘さん「小さな会社でも提案営業・コンサルティング営業」
・【白鷹町】イタリア料理 「シャッタカ」 オーナー 安達稔さん「置賜地方の『未来の奥田シェフ』」
・【山形市】株式会社デジコンキューブ 代表取締役 岩瀬義和さん「東北でも珍しい総合制作プロダクション」
・【鶴岡市】株式会社板垣鉄工所 代表取締役 板垣昌之さん「庄内の熟練の技を県外の発信!」
・【山形市】ゴッツォ山形 代表 佐藤智也さん「山形の農業と料理をつなぐフリーペーパー」
・【三川町・鶴岡市】株式会社ヨロズエンジニアリング 代表取締役 齋藤 建治さん「庄内でグローバルな仕事を」
・【庄内町】大商金山牧場 取締役 小野木聡美さん「循環型農業からエネルギーまで『地域でぐるぐるまわしている』民間企業」
・【米沢市】株式会社小嶋総本店 代表取締役 小嶋健市郎さん「置賜で400年以上、地域に深く根差した酒造り」
・【米沢市】オーガニック川口株式会社 工場長 宮代さん「山形で化学系の知識を活かして活躍!」
・【鶴岡市】ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 取締役 永嶋 淳さん「鶴岡初のバイオベンチャー第1号」
・【山形市】株式会社ナイガイ 専務取締役 米本 泰さん「昔ながらの業界にイノベーションを起こす新サービスを生み出したい」
・【米沢市】ナウエル株式会社 常務取締役 色摩さん「変化を恐れずチャレンジする社風!」
・【米沢市】株式会社マイ・コンピューター・ソフト 代表取締役 佐藤哲郎さん「pepperのアプリ開発にも挑戦中の米沢のソフトハウス」
・【天童市】株式会社山本製作所 矢口貢さん「全国シェアNo.1のすごいメーカーが山形に!」
・【鶴岡市】株式会社主婦の店 常務取締役 秋野 晢さん「自然豊かな鶴岡でリアルに地域へ密着」
・【米沢市】株式会社 三友医療 代表取締役社長 稲毛葉子さん「置賜の20代社長!」
・【南陽市】株式会社ナカノアパレル代表取締役社長 中野憲司さん、工場長 加藤ゆみさん、 Uターン転職 高橋惟さん
・【上山市】有限会社タケダワイナリー 専務取締役 岸平和寛さん「プーチン大統領も飲んだワインを製造」
・【米沢市】ハイメカ株式会社 叶内 兵衛さん「約30年ぶりにUターン!」
・【山形市】株式会社ウンノハウス 後藤修一さん「建築業界のブラックなイメージを払拭!」
・【山形市】山形県水 株式会社 斎藤豪さん「山形ならではの商品開発に挑戦中!」
・【米沢市】株式会社ワイエムピー 取締役 手塚泰雄さん
・【米沢市】精英堂印刷 株式会社
・【鶴岡市・酒田市】マイプロ部in鶴岡/マイプロ部in酒田 に参加した皆さん「東京にいながら鶴岡/酒田に関わってみた!」

170105_2-002

 

13:30~ オープニングセッション

今回のユアターンサミットのコンセプトは「偶然の出会い」「計画された偶発性理論(※)」。オープニングセッションでは「自分らしい山形との関わり方を見つけるには?」という問いに対して、そんな偶然の出会いをテーマにしたトークセッションを行いました。

16466387_1178219298913825_95118559_o

「山形を出たくて」大学進学で上京したにもかかわらず、新卒で山形へUターンを決めた鈴木さん。Uターンを決める大きなきっかけとなった、上京して山形が気になり始めたときに起きた「偶然の出会い」を伺うことができました。

昨年のマイプロ部in鶴岡/酒田に参加した佐藤さんには、マイプロへの参加動機をはじめ、「実際にマイプロ部ではどんなことを行ってきたのか?」「東京から山形と関わるって?」「マイプロ部での偶然の出会い」などについてお話していただきました。

 

(※)計画された偶発性(ハプンスタンス)理論

個人のキャリアは、予測しない偶然の出来事によってその8割が形成される、という理論(スタンフォード大学・クランボルツ博士が提唱)。この理論は、以下の3つの骨子と5つの心掛けから成り立っている。

<3つの骨子>
1.個人のキャリアは、予測しない偶然の出来事によってその8割が形成される
2.その偶然の出来事を、当人の主体性や努力によって最大限に活用し、キャリアを歩む力に発展させることができる
3.偶然の出来事をただ待つのではなく、それを意図的に生む出すように積極的に行動したり、自分の周りに起きていることに心を研ぎ澄ませることで自らのキャリアを想像する機会を増やすことができる

<5つの心掛け>
●好奇心(Curiosity):新しい学習機会を模索すること
●持続性(Persistence):失敗に屈せず努力すること
●柔軟性(Optimism):新しい機会が「必ず実現する」「可能となる」と捉えること
●楽観性(Flexibility):信念、概念、態度、行動を変えること
●冒険心(Risk-taking):結果が不確実でも行動を起こすこと

 

14:00~ 座談会

オープニングセッションの後は座談会を行いました。1回の座談会の時間は35分。約4人の参加者がゲストを囲む形式で、仕事のことはもちろん山形での暮らしについてなど、ざっくばらんに話し合うグループが多く見られました。

zadankai

毎回、座談会が始まる前にスタッフがサイコロを振り、出た目の質問について話し合うサイコロ質問を行いました。「今日のファッションのポイントは?」といった身近なことから「あなたが思う『故郷の魅力』は?」といった各々の想いに迫る質問も。明るい雰囲気のもと進んでいきました。

unnamed (5)

 

16265313_1331023313622596_7886827833870629383_n

 

unnamed (1)

16266268_1331023296955931_3298768449295175597_n

unnamed (4)

unnamed (3)(会場ホール隣のホワイエには山形にまつわる様々なパンフレットやフリーペーパーのコーナー)

 

17:30〜   大交流会

大交流会のテーマは「出会ったゲスト・参加者と次の約束」。「あのゲストともっとお話がしたかった」「気になった経営陣の方がいたけど、じっくり話を聞けなかった」「今日参加している、同じような境遇の人と話したい」−−大交流会では、そんな想いをもった参加者の方々を中心に、ゲストとや参加者同士での会話が盛り上がりました。

16387974_1331117463613181_5955838529254032481_n

乾杯は今回のゲストである株式会社チェンジ・ザ・ワールド(酒田市)の池田さん。「今度うちの会社に遊びにおいでよ!」といった次の約束も多く聞こえ、大盛り上がりの交流会となりました。

16265254_1331117473613180_6408160592725004139_n

16387325_1331117490279845_7325941641752056686_n

 

参加者の声(一部抜粋)

山形にも熱いヒトたちがいっぱいいるなぁと嬉しく思いました。
・仕事がないと聞いていたが、仕事はある。不便はないのではないかと思う。
活気が思ったよりもあって、Uターン予定なので楽しみが増えた。
思っていたより山形で働くイメージができてきた。何事にもチャレンジしていけば、東京でも山形でも変わらずにやっていけると感じた。
・地元、もしくは県内での就職をマイナスとして捉えていた考えはなくなったと思う。
会社が「つくるもの」にこだわり、それを大切に売るその姿勢、思いを感じることができました。
何よりも気軽に話ができていろんなことを聞くことができたのでよかった(面接会のような感じではなかったのでよかった)。一緒に参加した方の話も聞けてよかった。
漠然と山形について知れたらいいなという気持ちで参加しましたが、思っていた以上のものを得ることができました。
私は東京で現在働いておりますが、地元企業で働く方は「チャレンジ」「変化」「プライド」を常に意識しながら働いているのだなと思いました。少しでも地元に貢献できるようにできればと思います。
保守的なイメージだったが未来へ動いている攻め企業が意外に多い。
・山形が好きだ!
インターネットでは、中小企業の詳しいことがわからなかったが、このイベントに参加して企業の方と直接お話を伺うことで得られたことが数多くあり、山形の企業について詳しく知ることができました。
地域にも面白いことをやってる企業がいるんだなと思った。
地元で働くのもいいなど今まで以上に思うようになった。
会社の規模に関わらずしっかりと企業のビジョン・考えを持っている会社であれば働きたいと思う。

 

編集後記

「偶然の出会い」をコンセプトとした今回のユアターンサミット、いかがだったでしょうか?先ほど記載したように「計画された偶発性(ハプンスタンス)理論」によれば、個人のキャリアは、予期しない偶然の出来事によってその8割が形成されると言われています。「あのゲストの話を聞いてみたい」「山形へのUIターンを近いうち/将来的に考えている」「なんとなく山形が気になっていた」ーーそういった様々な心の準備や姿勢がこのサミットの中で「偶然の出会い」を生み、皆さま自身「自分らしい山形との関わり方(ユアターン)」のきっかけを見つけていただいておりましたら幸いです。

今回、過去5回のユアターンサミットの中で最大の110名の方にご参加いただきました。本当にありがとうございます。開催にあたり、多くの方々のご協力を頂戴しました。参加者の皆様はもちろん、ゲストとして山形県内各地からお越しいただいた方々、マイプロ部に参加いただいた方々、後援・協力いただいた米沢商工会議所を含め各市町村の方々、当日サポートしてくれたスタッフの皆さん、そしてこのヤマガタユアターンサミットを応援してくれた全ての方々に感謝申し上げます。改めて、この度はありがとうございました。

IMG_2888

記事をシェア