こんにちは。キャリアクリエイトのインターンシップ生として活動している片岡です。

ヤマガタ未来ラボの姉妹サイト「ヤマガタ仕事ラボ」では、仕事ラボ会員の方を対象に、『山形就活カフェ』を定期的に開催しています。

就活カフェは、就活に対する気持ちや現在の状況を共有したり、参加者が学生同士&キャリアアドバイザーと話すことで、不安な気持ちを解消してもらおうという企画です。

 

イベント概要

開催日時:2021年2月8日(月)14:00−15:00

場所:オンライン(参加者の皆さんは各自の自宅・会社から)

参加者:学生1名(神奈川県在住の大学生Hさん)、キャリアコンサルタント浅野えみさん、合同会社work life shift   伊藤麻衣子さん

ファシリテーター:キャリアクリエイト・インターンシップ生 小倉実花、サブ:キャリアクリエイトインターンシップ生 片岡傑

 

芋煮の画像を見ながらアイスブレイク

まずは、芋煮の画像を囲んで簡単な自己紹介とアイスブレイク。

私は大阪出身で芋煮に関して浅い知識しか持っていませんでしたが、山形に関わりのある小倉や浅野さん、伊藤さまの芋煮に対する熱い気持ちを感じました(笑)。

Hさんも芋煮は知っていたため、話も非常に盛り上がり、話しやすい雰囲気に。

 

今思っている事の共有。

今回参加したHさんは、「就活解禁直前で言葉では言い表せないような不安な気持ち。就活前だがモチベーションが下がっている」「自己分析のやり方がわからない」という思いを共有。

Hさん自身は大学側が行う自己分析を含む就活に向けたサポートに少しばかり不満を抱いており、就活カフェで何か情報を得れればと考えていたようです。

 

そこで昨年に就活を既に終えた小倉が去年の今頃を振り返りつつ、先輩目線のアドバイスをしていました。

すると浅野さんも続くように

「とにかく今は希望する業種について勉強してほしい。まずはそこから」

という言葉を皮切りに、Hさんが持つ現状の悩みや来年に向けて何をすれば良いのか等を親身になって聞いて、次に何をするのが得策かを丁寧に教えているのが印象的でした。

 

そして、僕は現在大学2年生で1年後に就活を控える立場でもあるので、Hさんに

「就活までまだ1年間時間があるのですが、今の内にするべきことはありますか?」

と後輩目線でHさんに質問をしてみました。

 

するとHさんは、

主体的に動くことが大事。もしガクチカを作ろうと思っても主体的に動かないと作れない。高校は部活等しなくてはいけないからしていた事が多かった。でも大学生は自分から動かないと、大学生活を振り返った時に頑張った事が無い状況になる。またどうやって頑張れたのかを知る事も重要になる。」

と僕の質問に対して、とても丁寧に答えてくださりました。

 

その後もHさんと雑談も交えながら、質疑応答を繰り返しあっという間に時間が過ぎました。終了予定時刻の15時になり伊藤さんと浅野さんがzoomを退出した後もHさんと10分間ほどお話をして非常に楽しい時間となりました。

 

参加された学生の感想

今回は、1人で不安だったのですが、アイスブレイクから就活相談まで親身になって聞いてくださり、本当にありがとうございました。就活に対するモチベーションが下がっていたのですが、やる気を取り戻すことができました。

 

さらに「好きになった山形県で、就職できるように頑張るので、また機会があれば参加したいと思います!その時はよろしくお願いします。」と言ってくださり、非常に嬉しい気持ちなりました、今後も悩める学生のために活動していきたいと思います。

 

第3回就活カフェ

次回、第3回山形就活カフェは2/15(月)に開催します。詳細はイベントページにてご確認ください。(イベントページはこちら)

 

学生の皆さんの少しでもお役に立てればと思っています。

是非、ご意見・感想等お待ちしております。

記事をシェア

ヤマガタ未来ラボ学生部・インターン

この記事を書いた人

【ヤマガタ未来ラボ学生部】学生が学校・地域の枠を超えて繋がり交流する学生コミュニティ(つながり)。活動内容→→山形でイキイキ働く社会人の取...