「山形で働く」に関する現状・実態を明らかにし、今後の未来をどうしていけば良いのか?探っていく『山形働く総研』。 第4回の実態調査を行います!

(これまでの調査結果)

・第1回:山形のテレワーク(在宅勤務・リモートワーク)

・第2回:山形の副業・複業の実態

第3回:県外在住者が山形の仕事をする

 

 

第4回 山形×働く実態調査『営業職』

4回目の実態調査のテーマは『営業職』についてです。

ヤマガタ未来ラボ編集部では「山形で働く皆さまお一人お一人の実態を明らかにすることにより、山形で働く環境をより良いものにしていきたい」と考えており、『山形働く総研』の企画を実施しています。

テレワーク、副業、県外在住者をテーマに調査をしてきましたが、今後は「職種」についての生の声もお聞きしたいと思っています。

聞こえてきそうですね。

『なんで職種?』という声が。

なぜ職種についての調査をやるのか。

今後山形で働く可能性のある人たち(県外からのUIターン検討している人や学生さんなど)に山形で働くリアルを伝えたいからです!というのが、「特に」の理由でしょうか。

山形県内で「営業職」として働いている皆さん、アンケートにお答えいただき、調査にご協力頂けますと嬉しいです!

 

【締切】9月27日(日)23:59

 

回答はこちらのページからお願いします(アンケートフォームに移動します)。

 

 

 

記事をシェア