こんにちは。ヤマガタ未来ラボ編集部メンバーであり、キャリアコンサルタントでもある浅野です。

私は普段、大学で就活セミナーやキャリアカウンセリングを行っていますが、今はコロナの影響ですべて中止に。そんな中、キャリアコンサルタントとして「山形で就活している学生に、今のこの状況(コロナ禍)で何かできることはないか?」という思いから、手探りの中、オンラインで「就活カフェ」をはじめました。

今回は、GWに就活生は何を思って、何をしているのか?をテーマに、弊社のサクラマスプロジェクト(就職や進学で山形を出た若者が、山形にUターンしやすい環境を整える事業)のパートナーである伊藤麻衣子さんをゲストにお迎えし、第3回就活カフェを開催しました。就活カフェやオンライン相談会も、サクラマスプロジェクトの一貫として「就職をきっかけに山形に帰ってこようかな」と考えている学生を支援するために開催しています。

【イベント概要】
開催日時:2020年5月9日(土)11:00−11:45
場所:オンライン(株式会社キャリアクリエイト、参加者の皆さんは自宅・会社から)
参加者:学生6名(山形県内の大学生)、企業担当者1名(合同会社work life shift   伊藤麻衣子さま)
ファシリテーター:キャリアコンサルタント浅野えみ、サブ兼事務局:未来ラボ編集部 須貝未菜

まずは、現在の状況をお互いにシェア

参加してくれた学生さんたちに今の状況を聞いたところ、

・GW明けに最終面接を控えている
・面接がうまくいかず落胆している
・ESの結果を待っている
・企業の検索やオンライン説明会を受け始めたばかり
・まだ本格的な就活は始めていない
・就活というよりも、どう生きていきたいかを考えている
・卒論を頑張っている

など、状況は様々でした。

今、気になること・知りたいこと

学生さんたちがどんなことを知りたいのか聞いたところ

『オンライン面接(最終面接)の臨み方』とのこと。

それに対し、企業担当者である伊藤さんから以下のようなアドバイスをいただきました。

心得その1.「オンライン面談も、普通の面談と全く同じ気持ち、姿勢、準備をしてで臨むべし!」

・リアルな面接に臨むときと同じ服装で
スーツ姿で参加してくれた三浦くんに「ちょっと立ってみてくれる?」とゲストの伊藤さん。最近、TVでリモート出演する芸能人が「上はスーツ×下はパジャマ」という話題がありましたが、それはNG。オンライン面接でもリアルな面接と同じ姿勢で取り組みましょうということ。(実際、面接で「立ってみて」と言われたことがあるという学生さんもいました。)要は、オンラインだからといって普通と違うことはしない!という事を教えてくれたのでした。

・カメラの近くにカンニングペーパーを置かない。
オンラインの場合、上半身、特に顔が大きく画面に映ることから、ちょっとした動きも、よく見えます。目の動きも同じ。質問に対し、何かを見てから話し出しているなと、わかるものです。リアルな面接ではメモを見ながら話しませんよね? オンラインでも同じです。

心得その2.「企業研究では、会社の理念に対して自分がどう感じたかを大事にすべし!」

面接を受ける会社の社長の言葉(だいたいHPに書いてあります)を読んでおくことは大事です。よく「御社の理念に共感しています」と言う人がいますが、理念の「何」に共感しているのか?また「どうして」共感しているのか? それが自分とどのように関係しているのか?「なぜならば、こういう経験をした時に〜」と、自分のこととして話せるかが大事なのです。将来その会社で何がやりたいかということももちろん大事ですが、それよりも、その会社のどんなところに関心を持って、なぜそこに魅力を感じたのかを自分の言葉でまとめてみてください。

実際に企業の採用担当者として、現在オンラインで一次面接から最終面接まで実施していらっしゃる伊藤さんの言葉に、学生さんたちはみんな必死でメモを取っていました。

後半は2チームに分かれて、学生同士で悩みや共有したいことを話す時間に。

▲Aチーム:就活について、もっと話聞きたいチーム

▲Bチーム:就活以外の可能性も探りながら動いているチーム

終わりの時間がきても「もっと話したい!」という参加者の皆さんの声にお応えして、学生だけの放課後タイムを30分設けることにしました。(後日談:Bチームのメンバーで、地域(山形)のために何かしよう!という動きが始まったとの事。いいね!)

参加した学生の感想

●最終面接に挑む前に、必ずHPで社長の言葉を確認することを学べました。これまで、そのようなことは教えてもらったことがなく、とてもありがたかったです。とても勉強になる良い機会でした。ありがとうございました(山形大学 理工学研究科)

●コロナの影響で、人と話す機会がなくなってきているので、誰かと話せるだけで楽しかった。話せるだけでなく、仲間ができたことも今回の収穫です。(東北公益文化大学)

●モチベーションが近い人や、仲間が見つかってよかった。社会に出る前の今、同年代はどんなふうに進路を考えているのかを少し知ることができた。自分が今後どうするか考える際の参考にしたい。(山形大学農学部)

● 今回もこのような場を作っていただき感謝しています!早速サークル運営メンバーに加入してくれた子もいて、仲良くなれたし、今後ももっと親密になりたいと思いました!僕でよければ学生にも、山形で頑張る企業の方にも、恩返しさせてください!(山形大学人文学部)

今回は、学生さんたちから「せっかくだから、もっとみんなが参加しやすいように、自分たちの感想や所属を明らかにしてはどうか?」と提案してくれました。
学生支援に関わらせていただいていると、逆に学生さんから支援されることも多く、このような場もありがたく感じる今日このごろです。

第4回就活カフェ

次回、第4回就活カフェは 5/20(水)に開催します。
テーマは、「GW明け、みんな就活状況どう??」です。

詳細はイベントページにてご確認くださいね。

学生の声や企業の声をこのカフェに反映させ、皆さんのお役に立てる場となればと思っています。
是非、ご意見・感想などお待ちしております(*^^*)

 

 

記事をシェア