『自分らしい』生き方って

みんなどうやって

見つけていくの?

 【sponsored by 山形大学国際事業化研究センター】
 


自分らしい生き方・働き方って『何』?

『あなたの将来の夢は?』

小さい頃からきっと、誰もが一度は聞かれたことのある質問。

Back view of businesswoman standing on crossroads and making choice

今はあの頃より少し大人になって、もうそろそろ『自分の将来』を決めなきゃいけないのはわかっている。

でも、本当にこのまま「普通」に就職していいのだろうか…?

Business people working in office

一度きりの人生。どうせなら“自分の個性”を活かせる仕事をしたい。

でも「自分らしさ」なんて、そんな簡単に見つけられるものじゃないし、

 “やりたいこと” もはっきりしてない自分に、焦りを感じる毎日。

自分の道を見つけるには、どうしたら?一体どんな『力』を身に着ける必要があるのだろう・・?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たとえまだ、自分の道・やりたいことを見つけられていなかったとしても

もしあなたのそばに「自分らしく生きる」力を身につける、そんな場所があるなら・・?

 

自分らしく生きる『力』を身につける場所【山形大学EDGE-NEXT】

今年度、2年目を迎える「山形大学EDGE-NEXT」人材育成プログラム。

IMG_5538 (1)

メインプログラムである「起業家育成教育プログラム(基礎編)」は、土曜日(隔週)という休みの日にも関わらず、100名以上の受講者が参加!

「”起業家”なんて自分には関係なさそうだけど…。」「こんなに多くの人が集まってるなんて」

どんな人が・なんで参加して・何をしているの?

と、気になるあなた!参加した先輩たちは「自分の興味・やりたいこと」を見つけ、新しいチャレンジもしてるみたいですよ!!

そんな先輩たちの様子を、覗いてみましょう!

 

[目次]

【参加者の声】

  1.  伝統工芸職人×後継者を繋ぐ:山形大学システム創生工学科1年生
  2.  男・女らしさ【美】のステレオタイプを越える:東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科 1年生
  3. 【自分にしか出来ないこと】をして生きていく:東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科4年生

【山形大学EDGE-NEXT*基礎編】

  1. 起業の「スキル」とチームで「自主性」を身につける!

【山形大学EDGE-NEXT*2年目スタート】

  1. 他大学・地域の合同ワークショップで「発想力」を得る
  2. 中高生も「自分たちができること」を考える
  3. “たくましく生きる大人”になる「知恵」と「態度」を学ぶ!夏休み*3泊4日合宿

【山形大学EDGE-NEXT*まとめ】

  1. オーセンティック・リーダーシップ
  2. 『自分らしさ』を見つけるために*

【山形大学EDGE-NEXT人材育成プログラム2019“参加者募集”のご案内】

 

【参加者の声】

1.伝統工芸職人×後継者 -繋ぐサービス-

山形大学 工学部システム創生工学科 1年 山根侑也さん

P1030044

大学でも地域・社会と【繋がり】を持ちたい

高校時代「ボランティア団体」に所属していて地域と関わるようになり、大学でも地域・社会との繋がりを持ちたいと思ってEDGE-NEXTの参加を決めました!

ひとりで参加を決めたので、知り合いができるのか・どんな雰囲気なのか…全部が不安でした(笑)

P1030889

チーム活動からの学び

最初から”事業をしたい”なんて思っていなかったのですが、チームで話す中で『なぜやりたいか』が明確になったり、磨かれていくような感覚がありました。

活動を通して「なんでこれをやるのか?」という、核が見つかった感じがします!

IMG_8785

伝統工芸品の未来・その先へ

栃木県出身で益子焼等の『伝統工芸品』に興味があった山根さんは、地域の伝統工芸品の職人さんと自分たち(一般人)を繋げられるような、サービス・仕組みを考えています。

伝統工芸品を買ったり、体験したりするだけでなく、その先を作りたい。自分たちなりにいいなと思えるものを実際に試したり、実現していきたいです!

 

2.男・女らしさ【美】のステレオタイプを越える

東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科 1年生 長岡曉音さん

P1030891

Ósigrandi -あなたの『好き』は誰にも邪魔されない-』

高校生の頃からの「化粧品ブランド」を立ち上げることが夢で、やりたいことを早く形にするなら自分で立ち上げる「起業」という手法に興味がありました。

S__61710471

男・女らしさ/美のステレオタイプからの脱出

男女や年齢にターゲットをあてず、個人の魅力に焦点を当てたコンセプト・デザインコスメを作りたい。

過去の自分自身にもコンプレックスがあり、メイクに救われたと話す長岡さん。

そんな経験があったからこそ、心の底から伝えたい想い。『Why -なぜ-』自分がこれやりたいのか、という一番大事な思いに気付くことが出来ました。

Makeup products and decorative cosmetics on color background flat lay. Fashion and beauty blogging concept. Long web format for banner

リーダーも人前で話すのも初めて…という中の挑戦で、メンバーがみんな年上なので一緒に動くことによって多くの学びがありました!

綺麗にまとまらなくとも、ありのままを伝えることの大切さ

これから事業計画を磨いて、2年後にはプロダクトを形にできたらと思っています!

 

3.【自分にしか出来ないこと】をして生きていく

東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科4年生

takahashi

『EnoGG -えのぐ-新時代のアート事業開拓へ』

EDGE-NEXT参加は2年目となる髙橋さん。

1年目はマインド中心に学ぶ形となり、行動には落とせていなかったと思います。2年目は口を動かす”口動”ではなく、実際に手足を動かす”行動”を大事にしてきました!

69520109_2420762018000754_3653642835195854848_n

日本のアート文化レベルの向上

海外旅行先でアートと出逢った時、数値では測り切れない才能に感動を覚えました。

日本と海外でアートに対する価値観に大きなギャップを感じ、本物の「アートの価値」を老若男女問わず、多くの人に自社を通して伝えたい。

P1030861

芸術大学に入ったのは偶然の出逢いからでしたが『自分にしか出来ないことを、社会に伝えて生きていく』と決意し、起業を考えています。

人と会って話をしたり・体験を通して「やりたいこと」に気付いたり、プランがブラッシュアップされてると感じます。

基礎編ではポテンシャルの向上の為もっと知識をつけて、後期は会社設立の準備も進めていきたいです!

EDGE-NEXT参加のきっかけは、募集を見て気になって、ひとりで参加した!という学生も大半。

最初は知り合いができるか・授業についていけるか不安…という声もありましたが

グループワークの中で今まで交流がなかった大学・社会人の仲間ができたり、年齢を超えて一緒に活動することや人と話をしていく中で、自分のやりたい事に気付くことがあるようですね!

58382116_2044026052386057_7962263991143628800_n

では実際、先輩の参加者たちが受けている授業は、どんな雰囲気なのでしょうか?

P1030593

“大学のふつうの授業”とはちょっと違う!そんな講義の様子を、ご紹介します。

 

【山形大学EDGE-NEXT*基礎編】

1.起業の「スキル」とチームで「自主性」を身につける!

P1020302

基礎編の講義ではアントレプレナーシップ論(起業家精神)」をはじめ、『起業』に必要なマインド&スキルセットを学びます!

P1030085

各分野のプロフェッショナルな講師が、最先端の情報・実践で培った知識を伝えます。

ただ聞くだけではなくグループ・ディスカッションやワークを通して、自らの頭で考え・行動すること。

58698645_2044026085719387_6712905038924087296_n

参加者と年齢も近い「若手起業家」のエピソードを聴くことで、リアルな体験談から、より刺激を受ける時間も!

P1020525

「講義(座学)」で得た知識を活かし、「ビジネスプラン(実践)」を各グループで進めていきます!

59918019_2066853553436640_5476693179166097408_n

もちろん、参加者の全員がリーダーではありません。グループメンバーはそれぞれが自分でポジション・役割を見つけ、チームをサポートしています!

アントレプレナーシップ(起業家精神)は、リーダーだけが必要なものではなく、メンバー全員が『主体的』に行動するうえでとても重要です!!

P1030985

講義の内容をより詳しく知りたい方は、こちら!(参照:2018年EDGE-NEXTスタート記事)【新たな可能性と出逢う】『自分の人生をデザイン』山形からイノベーションを仕掛ける:山形大学EDGE-NEXT

また、EDGE-NEXTの活動は”教室の中”だけに収まりません!!

様々な機会を創出している山形大学EDGE-NEXT2年目の新たな取り組みを取材しました!

 

【山形大学EDGE-NEXT*2年目スタート】

1.他大学・地域の合同ワークショップで「発想力」を得る!

【早稲田大学・滋賀医科大学・東京理科大学・多摩美術大学・山形大学】の学生が集合!

大学合同ワークショップ 山形県飯豊町×Skyward EDGE

69999085_505531820273095_1466125998893301760_n

EDGE-NEXTの取り組みとして、各協力大学の学生・教員が山形県飯豊町に集まり、地域活性化』をテーマにビジネスアイデア創出を行うワークショップを開催!

70308051_2351222944977050_3286715000185421824_n

県外の5大学の学生や地域企業・自治体が一緒に「地域の未来」を考えます。

■オープンイノベーションによるアイディア創出

地元の人にとっては当たり前のことも、様々な意見をぶつけ合うことで、新しい活用方法のアイディアが生まれます!

70314013_932830113731642_4084245170982223872_n

早稲田大学をはじめとする異なる専門分野の学生(芸術・教育・工学…etc)が集まることによって互いに刺激を受け、良さを引き出し合う。

オープンイノベーションを通して、自分になかった発想の視点を知る。

70054676_668865756949265_8050254921712271360_n

お互いの「発想力」を刺激し合うこの体験は、きっと参加者の力となり、新たな気づきへと導くでしょう!

 

2.中学生・高校生も「自分たちができること」を考える!

今年度の調査によると、東北は年間「8万8580人」人口が流出しています。(日本経済新聞 2019.7.10)

これから「地方」が生き抜いていく為には、若い世代が『地元の魅力』に気付き・自分の力でなんとかしたい!そんな思いを持つ人を育てていく必要があります。

IMG_8318

そのためにより早い段階から『地域への関心』を持つことが大切と考え、今年度の山形大学EDGE-NEXTは中高生にも学びの機会】を拡大!

56CAE273-71A3-4923-A175-1E0A4485C4AA

自分の生まれた町を「自分たち」の手で!

大学と高校(鶴岡工業高等学校・九里学園高校)が連携し、大学側から“地域活性化のスペシャリスト”を派遣!

地元の未来を『自分ごと』として捉える。

ワークショップを通して、自分の生まれ育った町のことを、高校生が真剣に考えます!

P1044484

日本遺産にも認定された鶴岡の「サムライシルク」など、学生が地域のリソース(資源)を知り、活用・解決策を考えることによって

今まで見えてなかった“地元の良さ”を知るきっかけにもなります!

P1044531

『田舎・地方にはなにもない…?』

そんな考えから「実はこんなにも豊かだった」ことに気付く。その良さを、もっと多くの人に知ってもらいたい…。

そんな若者の想いが、人を、そして『未来』を動かします!

P1044502

基礎編の授業も、連携高校へWEB同時配信スタート!

これでリアルタイムで「最先端の知識」も得ることでき、【年齢や場所】にとらわれることなく学ぶ体制ができつつあります!

 

3.”たくましく生きる大人”になる「知恵」と「態度」を学ぶ!【夏休み*3泊4日合宿】

2019年8月5日~8日の4日間。山形県の北は庄内~南は米沢まで!総勢84名の中高生が集まった『やまがたイノベーションキャンプ』

P1066351

地域の抱える課題・活性化のアイディアをもとに、起業家をはじめとするメンター(指導者)がアドバイスをし、

自分たちだったら「何」ができるのか?

考えて終わりではなく、アイディアの実現性(販売戦略などのビジネススキーム)も組み込んで、学生が本気でプランを考えます!

2

「市場・競合」はいるの? 月の「売上げ」はいくら? 自分たちの「セールスポイント」はどこ・・?

P1066510

チームで遅くまで、何度も話し合ったり。中高生の柔軟な発想で、様々なアイディアを発表!

P1040453

見事、最優秀賞に選ばれたチームは副賞として NECの最新PCをゲット!!(これは羨ましい…!)

P1066458

『4日間で考え方がすごく変わった!』

『自分の気持ち・考えを形にするのが楽しい!』

IMG_8365

中高生から大学・企業まで、このような一貫した教育の協力体制は、全国的に見ても”先進的”な取り組みとして

これからの世代を、新しい時代へと導く支えとなるはずです。

 

【山形大学EDGE-NEXT*まとめ】

山形大学EDGE-NEXTの取材をはじめて、あっという間に1年以上が経ちました。

私自身も、たくさんのことを学びながら。

そして、EDGE-NEXTを通して、これまで色んな学生・起業家と出逢って感じたことがあります。

P1030523

起業家というと、目指す道がはっきりしていて、自分らしく輝いている…*

そんなイメージを抱くと思います。学生・社会人関係なく、何かに一生懸命努力してる人の姿は、とても素敵です!

でも、はじめから『自分らしさ・道』がわかる人なんていないのでは・・?

 

1.オーセンティック・リーダーシップ

近年注目されているリーダーシップに「オーセンティック・リーダーシップ」という考え方があります。

Authentic Leadership:自分の価値感・スタイルを大事にしながら、他者も尊重し導いていく力】

P1020953

リーダーシップも「自分らしく・導く力」が求められる今の時代。その為にはまず、自分が《自分自身》を理解する必要があります。

そんな【自分らしさ】を知るためには・・?

 

2.『自分らしさ』を見つけるために*

それは一歩、踏み出す勇気。

“コンフォート・ゾーン(自分の心地よい空間)を抜け出す”ことから、始まります!

59793616_2066881883433807_9163635724736528384_n

誰もが面倒なこと・慣れないことはしたくない。その壁を破って、前に進んでみる。

IMG_9142

その先で出逢う人・経験を通して、自分の世界だけでは見えなかったことが

他者のフィードバックを通して、見えてくる。

今まで興味のなかったことも、関わりを通して「地域の課題」が、いつの間にか【自分の興味】になっていた…。そんなことも、あるかもしれません。

IMG_9144

また、自分らしくというのは、必ずしも格好いいことだけではありません。

自分の『弱さ』も、さらけ出す勇気もときには必要。

ひとりで出来ることは、限られています。チームで「何か」を生み出すということは”綺麗事”だけでは上手くいかない。

最初は手探りでも、誰かの見まねからでも…。その中から見えてくる「あなたにしかできないこと」がきっと、誰かのための『力』となるから。

IMG_9143

“自分らしさ”というのは、他者との関わりの中で出逢った【ありのままの自分】を認めたとき見えてくるものなのかもしれません。

gahag-0109801697-1

EDGE-NEXTに参加した先輩たちも、勇気を出して一歩踏み出したからこそ、自分の中にあった『想い』に気付けたのだと思います!

IMG_8569

みんな迷って、経験を積みながら。たくさんの出逢いの中で、見つけていく…*

あなたの想いを「カタチ」に、できる「チカラ」を身につける。

そんな山形大学EDGE-NEXTで、あなたも『一歩』を、踏み出してみませんか?

 

【山形大学EDGE-NEXT人材育成プログラム 2019“参加者募集”のご案内】

山形大学EDGE-NEXT人材育成プログラム

起業家育成教育プログラム(基礎編)は、【後期から参加希望】の学生も大歓迎です!!

▼お申し込みフォーム

https://iomform.yz.yamagata-u.ac.jp/form/event-entry.cgi?p=21

□開催会場:山形大学小白川キャンパス

□対象:大学生(山形県内の大学・短期・専門学生を含む)

□参加費:学生無料

□開催日:月2回(土曜日)10月19日、10月26日、11月9日、11月23日、12月7日、12月21日、1月11日、1月25日≪全8回≫

記事をシェア

ヤマガタユアターンサミット