2017年12月28日、gura(山形市旅籠町)にて「山形のいま・変化を実感する」ヤマガタ未来Lab.忘年会@guraを開催しました。

guraは「山形の食・デザイン・人が集まるまちなかの居場所」をコンセプトに2018年3月にグランドオープン予定の施設(HPはコチラ)。今回、そのguraのプレオープン企画として特別に施設内のLoungeHallを利用させていただきました(※guraのオープン情報については本記事末に記載)。

ゲストとしてguraの責任者・施設マネージャーの方を含め、「山形で新しい変化を起こしている人」「山形に関わる新しい変化が起きた人」をお迎えし、県内在住者の方・年末年始で帰省してきた方と一緒になって山形の今・変化を感じながら交流を行いました。

26178607_1617154075037554_363247895_o

 

イベント概要・ゲスト詳細

ステップ1@gura〜「山形のいま・変化を実感する」ヤマガタ未来Lab.忘年会〜

◾️日時
12/28(木)19:00~21:30(受付 18:40〜)

■会場
gura (山形県山形市旅篭町2丁目1−41)

 

■主催
ヤマガタ未来ラボ編集部

◾️ゲストの紹介

・gura 施設責任者(株式会社旅篭町開発 代表取締役) 後藤寛典さん
山形市出身。金融機関から転職を経て、山形建設入社。今回の山形建設の新規事業「gura」の責任者であり、計画を始めた発起人の一人。guraに込める想いとこれからの山形の中心市街地の未来を伺いました。

・ヨガインストラクター兼gura 施設マネージャー 大友亮子さん
山形市出身。小学生からバレーボールを始め大学卒業後にNECレッドロケッツに入団。ケガを機に第一線を引退するも、選手を支える側に転身し、指導やヨガを行う。 3年前に出産を機に山形に帰郷し、TONGARIビル3階こRolfing House festaにてヨガレッスンを行っている。guraでは施設マネージャーとして施設の「顔」となる存在に。guraのこと、普段の生活のことなど伺いました。

つぶ亭 小関 大介さん
山辺町出身。東北芸術工科大学環境デザイン出身。クラシタス株式会社という住宅リノベーション企業に所属しながら、古民家シェアハウス「つぶ亭」と、”潜在資源を可視化し、利用してもらいたい人・利用したい人のマッチングを図るNPO団体”「コミクル」を運営している。

カフェバー&グランピング GLAMPiC 代表 長濱温子さん
東京都出身。今年2月に移住。山形の不動産紹介サイト「山形R不動産」に掲載されにいた、3000坪の裏山付きコンクリート住宅物件に惹かれ賃貸契約。セルフリノベーションをしながら2017年9月に開業。一般的なゲストハウスではなく、お客様にワンランク上のアウトドア「Glamping」(贅沢なキャンプ)が楽しめる場所を提供する。(Facebookページはこちら

・gura企画者&山形-東京間でリモートワーク実践中 和田有紗さん
山形市出身。東京の大学卒業後、在学中からインターンをしていた企画制作会社に入社。社会問題や地域課題をテーマにしたソーシャルイベントのプロデュースを手掛ける。結婚を機に山形にUターンするが、会社は辞めずにリモートワーク(テレワーク)を実践中。

26194645_1617154058370889_1542226765_o (1)

ステップ1とは?

明日からのヒントを見つける”ステップ1”

ステップ1は家でも会社でもない、第3の場”サードプレイス”。

ゲストの話を聞いたり、人と話したり、新しい知識を学んだりすることで、明日からをイキイキと過ごすためのきっかけを見つける場です。

毎回、様々なテーマでゆるやかに集まり、交差点のように人が行き交います。

 

 

当日の様子

IMG_0232

乾杯は、朝日町の地域振興サポート会社「まよひが企画」代表 佐藤恒平さん。朝日町のワインを差し入れいただきました。

IMG_0274 (1)

gura施設責任者・株式会社旅篭町開発の代表取締役である後藤さんよりguraにまつわる想い・設立の経緯を伺いました。

IMG_0246

26178550_1617154025037559_258000452_o

この日の料理は、山形市十日町にあるCafé & Dining 990さんの地産地消オードブルのケータリング。

26179681_1617154071704221_2057586398_o (1)

 

IMG_0316

IMG_0280 (1)

gura 施設マネージャーの大友さん。オープン後は大友さんが中心となってguraを盛り立てていきます。

IMG_0314
26194351_1617154021704226_862549396_o (2) (1)

多くの人と一緒にDIYで作り上げた一階カフェ部分はすでに多くの人が訪れているようです。春からは増席、5月(予定)には屋上のグランピングもオープンするそうで、今後も変化を生み続けるGLAMPiCに期待が膨らみます。

IMG_0287 (1)

つぶ亭の小関さん。小関さんは、会社員として働きながら古民家を購入しシェアハウスとしてリノベーションしました。現在はシェアハウスとしての機能をストップし、ワクワク空間へ改装中とのこと。今後の展開にも注目です。

IMG_0241

26236779_1617154121704216_2135894654_o

IMG_0353 (1)

最後に、gura設立を担った旅籠町開発の出資社(山形建設と共同出資)である山形パナソニックの稲毛さんより挨拶・一本締めをいただきました。

 

山形市の新たなカルチャースポットguraのオープンは3月中旬!お見逃しなく!

guraは2018年3月中旬にOPEN!

オープンに合わせて、オープニングイベントも開催します!詳しくは、guraのWEBサイトFacebook等で情報発信されるそうですので、ぜひみなさんチェックして見てくださいね。

また、今回利用したguraのLoungeHallでは、3月中旬のオープン前にお試し利用(利用料無料)キャンペーンを実施します。2月中旬〜3月上旬で数組限定となりますので、興味のある方は、event@gura-yamagata.jpまでお問い合わせください。

26195049_1617154111704217_1313786554_o

記事をシェア

伊原貴義

ライター情報

伊原 貴義

1992年山形県酒田市生まれ。2012年よりヤマガタ未来Lab.に参画。紆余曲折があり4年制大学に5年間通い、現在はIT業界に従事。酒田のラーメンと蒙古...