普通の女子会を記事にしてみた女子会企画(→山形で女子会「山形駅前のオトナな雰囲気のお店巡り♡」)。

前回の記事の冒頭では、

恋バナや仕事の愚痴発散「女子会」も、メンタルバランスを維持するために大事だけど、仕事の相談したり、キャリアの悩み、やりたいことや興味のあることとか共有して、これからの山形でのキャリアを前向きにしなやかに考えていく、そんな「女子会」を山形でもやりたいもの。

と、言ってましたが、記事では、あまり仕事の話とかしてません汗

しかし、おしゃべりが好きな女子のオアシス、息抜きになったのは事実であり、癒されました。

と、言うことで、この女子会企画は、もうそんな「キャリアや仕事の話もする♪」とう、高尚なテーマは忘れ、働く女性が楽しく息抜きできる!と言う方向に振り切って行きたいと思います♪( ´θ`)ノ

 

今回の「山形で女子会」参加メンバー

jyoshi3

編集部 N

仕事に趣味に全力投球な行動派アクティブ女子。カメラが趣味の28歳。山形の情報通。

 

 

jyoshi2

 

編集部 M

高校時代に動物占いが流行ったといって年齢がバレる33歳

 

nana

 

編集部 C

みんなの頼れる姉御。理論派だが、好きな男には弱い。

 

 

インスタ映えなおしゃれなお店もいいけど、たまには違う刺激を求めたい。

jyoshi2

酒好きが集まりましたね(笑)

てことで、女子会=おしゃれなお店ばっかりじゃなくて、なんかいつもとは違うお店に行ってみたいですね〜

東京タラレバ娘の1巻でネイリストの香が「もっと手っ取り早く酔っ払いたい」って言ってるセリフがあるんですけど、その気持ち、わかるようになってきましたよ、ええ。笑

 

jyoshi3

 

定番ではないお店、楽しそう!

何があるでしょうかね〜?

 

 

jyoshi2

 

いつもと違う、未知の体験してみたい。最近、「スナックにはなぜ「オモロイ人」が集まるのか」ていう記事見て、スナックに行ってみたいと思ったんです!ちょっと提案なんですけど、スナックとかどうですか?

 

 

nana

 

私ね、会社の飲み会の2次会とかでスナック行ったことあるよ?

でもね、すんごい居づらかったの(強調)
男性の中に女子が少ないこともあって、おねーさんが私をどう扱っていいのか困っている感じ。
若干の腫れもの扱い感。うん、いたたまれなくなって途中で出てきちゃった(汗)

でも、なんかやっぱり気になる…。

 

jyoshi3

スナックって、疲れた男性たちがママに愚痴を吐いて癒されに行くところってイメージあります!重い扉の向こう側がどうなっているのかわからないから、なんとなーく、なんとなーく敬遠しちゃう世界。

気になるけど、なんか怖い!女性が行っても良いものか、、、

 

 

jyoshi2

 

なんとなーく、女子が入り込めない男性の秘密の花園ってイメージあります。

でも、みんなで行けば怖くないですよ!きっと!

女子だけでも、固まって行けば怖くない!きっと!

 

jyoshi3

 

そんなわけで、今回はスナックで女子会!をすることになりました。

 

 

 

1件目:1970年代にタイムスリップ出来るスナック「忍路(おしょろ)」

IMG_9316

山形駅前の飲み屋街の一等地に大きな看板がある、ここ、スナック忍路(おしょろ)。

jyoshi2

 

ファミリースナック。略してファミスナ?

まず、女子会では行こうとしないセレクトですね。

 

 

nana

 

行くぞい。 何かが待っている。

 

 

カランカラン…(ドアを開ける音)

IMG_9308 (1)

jyoshi3

 

壁には「ぎょうざ」や「焼きそば」の張り紙。

イメージの中の「スナック」とはなんか…違う。

 

 

「いらっしゃ〜〜い!」

DSC_0232

 

jyoshi2

 

(お店の人が気さくだ!話しかけやすい…!)

あのぉ、女性3人なんですけど、スナックって来て大丈夫ですか??

 

 

mama

 

もちろんよ〜!

女性だけで来るお客さんも結構いるわよ〜!

 

 

nana

 

(よかった…。このマスターとママがいる雰囲気なら、スナックも居づらくなさそう)

とりあえずビール飲みたい!まずは乾杯しよっか!

 

「かんぱ〜〜い!」

FullSizeRender (2)

mama

 

あら、ビールもいいけど、一人2杯くらい飲むなら、ボトル入れたほうが安いわよ。

 

 

 

nana

 

はっ。
そうか、ボトルってそのために入れるのか!

 

 

FullSizeRender

jyoshi3

 

しかも、オリジナルボトル!!(左の宝石トルマリン水が気になる)

 

 

 

ということで早速ボトルを入れてみました。

IMG_9311

jyoshi2

 

ボトルを入れるという行為を人生で初めて行いましたよ、おかみさ…、あ、ママ!

 

 

ママがどうも「おかみさん」の雰囲気。

DSC_0225

 

nana

 

おしょろって昔からありますよね。

このお店はいつからやってるんですか?

 

 

mama

 

そうね〜、45年になるわね。

 

 

nana

 

そんなに!?

そう言われてみたら…私が高校生の時から、この駅前の一角ってこんな感じだったかもしれない。

 

ニカッと笑うマスター。

oshoro

master

 

俺が北海道出身で、ママが新潟出身でね、この近くで喫茶店やってたんだ。

本当は遅くまで営業したかったんだけど、当時(昭和40年代)は喫茶店の営業時間は22時までって決められてたんだ。

 

 

jyoshi2

 

へぇー。

喫茶店て遅くまで営業できなかったんだ。

 

 

master

 

知り合いが、「そこら辺のラーメン屋も、すし屋も朝まで営業できているのに、喫茶店はなんでダメなんだ!?」って聞きに行ったんだって。

 

 

 

jyoshi3

 

確かに。その差はなんで?

 

 

 

master

 

その差はね、食事!

食事を出せばいいんだって。だから、サンドイッチとか、そういう軽食を出し始めて、営業時間をみんな伸ばし始めたの。

軽食は英語で…?

 

nana

 

スナック!!!!!

 

 

 

master

 

そう、だからスナックって呼ばれるようになったんだ。

そのうち、女の子のいるお店も、食事さえ出せば営業時間が伸ばせるっていうもんで、こぞって軽食を出しはじめて、スナックって看板に掲げるようになったの。

 

 

nana

 

さすが創業45年。

スナックの歴史の生き証人!!

 

 

jyoshi2

 

検索したら、ウィキにこんな感じで乗ってました。

 

 

1970年代前半頃までは敢えて今風に言うとカフェバー形態を指し、昼間はパフェなどのデザートメニューも展開していた。マスターバーテンダーは共に蝶ネクタイ姿、店内の雰囲気はヨーロッパ風のプチモダンな空間を模していた店舗も往々にして存在した。その後、流行の変化で、ファッショナブルな印象のあった「スナック」という名称はそのままに、客層の高齢化とともに、業態も現在のように変化した。(出展:wilipedia)

jyoshi3

 

マスター蝶ネクタイ!!当時のスタイルを維持しているのね。

意外なところで、めっちゃ勉強になった。なんか、ストーリーを実感できると、面白いですね〜!!!

 

jyoshi2

 

本当に。

ところで、この「氷下魚」ってなんて読むんですか?

 

 

遠くで佇むマスター。

FullSizeRender (1)

 

mama

 

「こまい」て読むのよ。魚よ。

叩いて、皮せんべいと身の部分と。にして食べるの。美味しいのよ。

 

北海珍味の氷下魚(こまい)はカウンターに並んでいる。

IMG_9309 (1)

nana

 

香ばしくて美味しい!!

焼酎にあう!

 

 

jyoshi3

 

美味しい〜!!!

あ!!!スナックと言えば!  カラオケ歌いたくないですか?

 

 

nana

 

そうだね!!

ということで、1人1曲くらいずつ歌う。

IMG_9313

カラオケは1曲200円。

DSC_1550 (1)

自分たちが生まれていない(もしくは幼少の頃の)時代の昭和の歌謡曲を、完璧に歌いこなし(※)、満足した私たちは、次のお店にGOすることにしました。

※…お酒が好きな人あるある。(きっと、酒場への出現率が高いからであろう。。)

【学んだこと】
・スナックでは、「セット料金」というテーブルチャージのような費用がかかる。その「セット料金」の中に「お通し」と「基本的なお水割りセット」が入っていることが多い。
・そのため、ビールを飲むよりも焼酎やウイスキーのボトルを入れ、その水割りを飲むと安く済む。

(忍路の場合)

ボトルの料金は、麦焼酎3,000円、芋焼酎3,500円、ウイスキー7,000円。有効期間は、半年間。

次回来店時は、ボトルの中身が余っていたら、セット料金だけで飲めます。

スナックのセット料金は、山形駅周辺のお店では3,000円程度が多いそうですが、こちらのお店は2,000円。女性ならセット料金1,000円だそう!

初めて焼酎ボトルを入れて+ビール+セット料金3人分+氷下魚+カラオケ3曲で1万円程度でした。

 

IMG_9315

忍路(おしょろ)

住所:山形市香澄町1丁目7−1

TEL:023-632-1243

 

 

 

2件目:異性との出会いの場もあり、女子会・女性が相談にも来る ル・ドルフェ

駅前公園横の3階建てビルにある「ル・ドルフェ」。

1階に看板はある。

でも…この階段登って行っていいのかな?と、不安になりながらも細い階段を上っていくと…

でた。重厚な扉。

扉をおそるおそる開ける…。

IMG_9333
nana

 

こ…こんにちわ…(夜なのに、こんにちわって挨拶したよ、私…。)

 

 

いらっしゃい♪

FullSizeRender (3)

jyoshi3

 

 

女3人なんですけど、入っても大丈夫ですか?!

 

 

ママ

 

もちろんよ〜♪

 

 

jyoshi2

 

よかった。。

 

セクシーで人懐っこい笑顔のママが1人で切り盛りしているル・ドルフェ。

店内は暗めで、広めのカウンターと、ボックス席がある。

FullSizeRender (7)

カラオケあります。コスプレ用のいろんな衣装があります。

 

FullSizeRender (9)

nana

 

 

あの、女性だけスナックって来てもいいものなんですか?

 

 

 

ママ

ええ、大丈夫よ。ここで女子会やってたりするわよ。

20代女子が恋愛相談しに来たりもするし。

 

 

jyoshi3

 

 

え、スナックって、そうゆう感じの目的で行っていいものなんですね!

 

 

 

ママ

スナックは吐き出せる場。よろず相談所だと思ってるわ。

スナックでの私の役割はね、4つあるの。

 

1・吐き出す場:私はサンドバックで良いのよ笑。

2・盛り上げ役:団体さんの会話に混ざって盛り上げるわよ。

3・救いの手:スナックの良いところって、他のお客さんと絡めるところ。人との出会いが欲しい時はスナックってぴったりなんだけど、相性悪い人に捕まっちゃったり、揉めちゃったりとかピンチの時は、私が間に入って、正常化に務めるわ。たとえ、変な絡み方するお客さんが隣に座っちゃっても、ちゃんと私が助けに行くから。

4・マッチング:出会いが欲しいというお客さんがいたら、合コンの相手(お店のお客さん)をセッティングしたりもしてる。違うグループ同士でいらしたお客さんで、気になる人がいたら、脈がないか確認してみたりとかね笑
nana

 

なるほど、出会った相手は、ママのお墨付き、てことですね。

 

 

ママ

 

「こうゆう事できる?」とか「いついつ行きたいけど、これ準備できる?」って聞いてもらえれば、準備するわよ〜!気軽に相談してみてね。

 

 

【学んだこと】
女性一人でお店に行く人もいる!
決してスナックは男性だけの癒しの場所ではない。
常連さんたちがアットホームなところだと、その中で合コンがあったりと出会いの場にもなっちゃうことも。

FullSizeRender (4)

ル・ドルフェ

住所:山形市香澄町1丁目9−10

TEL:023-622-6688

 

 

3件目:七日町のイリス

七日町の飲食店が集まる繁華街がちょっと離れた、山形グランドホテルがある交差点を東に向かったところにひっそり佇む「イリス」。

FullSizeRender (10)

ピシッとしたかっこいい美人ママを中心に数人のスタッフさんがいるお店。

FullSizeRender (13)
白を基調とした落ち着いた雰囲気の上品な雰囲気

FullSizeRender (11)

jyoshi2

 

これまでの2つのお店より、ちょっと高級な雰囲気、、、!

お金、大丈夫かなぁ、、

 

 

ママ

 

扉を開けて雰囲気確認してから値段交渉する!なんてもありですよ。

是非、ママに交渉してみてね。

 

 

jyoshi3

 

そうゆうの、アリなんですねえ!

ちなみに、席についてくれる女性の飲み物って、どうゆうお会計になるんですか?

 

 

ママ

お客様のグループの中に入ってお話させて頂くので、私やスタッフの女の子もお客様のボトルからお酒を頂くのよ。

 

 

【学んだこと】
接客のプロなママやスタッフさんもグループの中に入ってくれるので、久しぶりに会った友達グループとか、会話どうしよう!みたいな会のときこそ、スナックって助かりそう。

FullSizeRender (14)

ママさんがお見送りしてくれました!

FullSizeRender (12)

 

 

スナックで女子会まとめ

jyoshi2

 

スナックで女子会、慣れないから扉を開けるのが毎回ドキドキした〜!

新しい刺激が得られて新鮮でした!

 

 

jyoshi3

 

スナックって女性が行っても大丈夫そうですね。

異性との出会いの場にもなっているとか、意外!私もル・ドルフェのママに合コンセッティングしてもらおうかしら。。笑

 

nana

 

居酒屋やレストランと違って、スナックは、「お客さん同士など人の出会いがあること」。「お話をしてくれるママ・マスターが場を盛り上げてくれること」が、魅力ね。

同じカラオケを歌うにしても、スナックにカラオケしに行けば、人との出会いが生まれそう

お店によっては、カウンター席ではなくボックス席であれば、適当に放っておいてくれることもあるようですので、スナックには行きたいけど、人の出会いが要らないよって人は、ボックス席があるお店に行くと良いかも?

 

jyoshi2

 

いつもお店での女子会後の二次会は、スナックに行ってみたら、新しい世界が開けるかもしれませんね!

ちょっと、ハマりそうです笑

 

記事をシェア