imairumo_top_家族

3月9日、多機能センサーによる見守り支援システム「いまイルモS」を使った新たな見守りサービスの実証事業が、川西町でスタートしました。

この事業は、山形県東置賜郡川西町、株式会社ソルクシーズ、株式会社こころみの3社の取り組みで、山形県川西町が取り組む健康寿命の延伸を支援することを目的としてスタートしました。

 

「いまイルモS」とは?

離れて暮らす親や介護の必要な方、子どもや孫の暮らしぶりをそっと見守ることができるサービスです。プライバシーに配慮し、カメラの設置はなし!多機能センサーで、そっと見守るのです。また、あらかじめ設定した「室温の異常」「長時間の不在」「不在の室内での人感センサー反応」などの異常が発生した時、見守る側にメールが届きます。

 

▶いまイルモS:http://www.imairumo.com/product/

 

町で導入するメリットは?

imairumo

山形県川西町在住の独居高齢者の自宅に設置した多機能センサーによる見守り支援システム「いまイルモS」でデータを、こころみの電話による会話型見守りサービス「つながりプラス」や地域包括支援センターと連携し、定期的な電話による会話などから安否及び生活状況や健康状態を確認します。

 

(プレスリリース引用:http://www.solxyz.co.jp/documents/20160309imairumo.pdf

 

川西町、地域包括支援センター、住民などの地域コミュニティが連携して独居高齢者を見守ることで、単に安否確認だけの見守りではない、人との繋がりを重視した新しい見守りの支援サービスになります。

(WEBサイト引用:http://www.solxyz.co.jp/news/

 

家族間での安否確認だけでなく、「地域コミュニティで見守る」ということが可能になるようです。また、現在は実証段階ですが、将来的には分析結果を使って、川西町が実施する健診・健康教室・ウォーキングなどのイベントへの参加促進を促すことも検討中なのだとか。

地域包括による“健康寿命の延伸”が実現するかもしれません。

記事をシェア