ハレの日、会食、接待。そんな大事なタイミングをあなたはどんな場所で過ごしていますか。

  • 今日は絶対に失敗したくない。でも高級店なんてあまり行ったことがないから、どこを選んでいいか分からない、、。
  • いつも利用しているお店があるが、マンネリ化しがち。別の選択肢も持っておきたい、、。
  • なにより素敵なお店で会食・縁談・お食い初め・接待を楽しみたい!

 

そんなあなたに、実際に行ってみてよかった「大事な日に利用したい厳選7店」をご紹介します。

kurazasiki

 

kame1

【料亭や割烹、格式あるお店は敷居が高い?】

いえいえ。おもてなしがしっかりしているからこそ、初めての方や遠方からのお客様にも安心していただけるんだと思います。

伝統とそのしつらえは格式のためにあるのではなく、あなたに満足していただくために用意してあるんです、ということをお店の方々に教えて頂きました。

 

1・あげつま

創業1782年(天明二年)で236年間の歴史を持つ。当時は雑穀商と水車業を営み、その後時を経て大正十一年に山形ではじめてのうなぎ・川魚料理専門店を開店する。うなぎ料理を主とする山形屈指の料亭であり、何代も受け継がれた伝統のうなぎ料理とそのこだわりは、他のうなぎ専門店でも驚くほど。

あげつま1

あげつまのこだわり

unagiうなぎは朝一にさばき、炭火で焼き上げ、伝統の味を伝える。

あげつま3料理は顔が見える食材で自信を持って作る 

「あげつまと言えばうなぎ料理」と思いがちですが、実は日本料理とうなぎの二枚看板を掲げています。うなぎだけではなく、鮮魚とお肉、野菜にも力を入れ、すべて誰が作っているかを自分達で確認し仕入れているのだとか。“おごらず、嘘をつかず、コツコツと” を理念として自分達らしさを存分に味にこめます。

あげつまのココを知ってほしい!

あげつまの裏手には、良縁の神様が宿る神社があるんです。そのため良縁の間として密かに知られており、婚礼の会食や、お食い初めなどのお祝いの場に利用がおススメ!

あげつま8

あげつまの”しつらえ”

あげつま4店内は4名から個室利用可能。老若男女に嬉しい掘りごたつ席もあります。

あげつま5大広間は最大80人で利用でき、落ち着いた会食もできるよう離れも用意している。

あげつまをちょっとお試しするコツ「レストラン利用」

あげつまにはお客様に気軽に利用していただける場としてレストランも併設しています。こちらでは1,500円~のランチを楽しむことができるため、まずはランチであげつまの魅力を感じてみるのはいかがでしょうか。

あげつま9こちらもカウンターからフロア席、個室もあり、お昼の接待にも十分利用可能。

 

あげつま7

– あげつま –

◆Access 山形市緑町3-7-48

◇Tel   023-631-2738

◆Time  11:30~15:00(14:30ラストオーダー)

17:30~22:00(20:30フードラスト 21:30ドリンクラスト)

◇Dinner  8,000円~(コース利用、飲み放題込み)

◆Drink 日本酒を多く取りそろえる。その他ビール、焼酎、ワインもあり。

◇Closed 毎週火曜日 ※休みが変更になる場合もあるので、お電話にてご確認ください。

◆URL http://agetsuma.co.jp/

駐車場  あり

 

 

2・亀松閣

明治22年創業。明治天皇が山形に行幸された際に建てられた建物を引き継ぎ、料亭として開業。当時は山形市役所の隣にあった建物だが、護国神社のすぐそばに移築され、現在も山形の歴史を感じることができる伝統と格式ある老舗料亭。

亀松閣2

亀松閣のこだわり

おもてなしを第一に。すべての心配りを忘れずにお客様に接し“特別な日に来れるお店”を目指しています。

結納や父母のお祝いなど、大切な日に最高のおもてなしができるよう、料理からお皿、演出までこだわっており、お客様と作り上げることを意識して要望にもできるだけの対応をしているのだとか。

kame2山形の料亭の中でも屈指の美しい庭園。ハレの席に落ち着きと非日常空間を演出します。

 

亀松閣のココを知ってほしい!

 “古きを守り、新しいことを取り入れる伝統“

歴史を大切に受け継いできた亀松閣では、明治天皇がご宿泊された部屋「菖蒲の部屋」を一般の方でも利用することができます。美しい紺の襖と畳の色合いは一見の価値があり、大切な場にワンポイント添えることができます。

kame3

天皇陛下の他にもたくさんの要人が訪れた亀松閣。明治期や昭和にアメリカ人の御一行が来た際には、日本の和食の作法やすき焼きの文化を教えたと伝えられています。厳格なルールという重いものではなく、日本人のルーツを楽しんでもらいたい。文化を楽しむことが亀松閣の提供する料亭の楽しさとなっています。

 

亀松閣のしつらえ

kame5

広い建物には大小さまざまな個室も完備。しかし、どの部屋にも必ず床の間、掛け軸が用意されていて、変わらぬしつらえを感じることができます。

 

kame4

2階の大広間は最大120人利用可能で、山形の料亭では最大級。椅子利用でも85人でゆったりと利用できます。大広間から望む竹林もまた圧巻です。

 

亀松閣をちょっとお試しするコツ 「春のひなまつり」

亀松閣では、毎年3/3の前後4日間でひな祭りのイベントを開催しています。3,600円程度で参加でき、亀松閣の雰囲気・料理を低価格で感じ取ることができるチャンスとなっています。

亀松閣3

– 亀松閣 –

◆Access 山形市薬師町2-8-81

◇Tel   023-631-3644

◆Time  昼11:30~14:00、夜17:00~22:00(完全予約制)

◇Dinner  12,000円~(コース利用、飲み放題込み) 、予算の相談可、やまがた舞子もお呼びいただけます(要相談)

◆Drink 日本酒、ビール、焼酎、ワインもあり。

◇Closed 不定休

駐車場  あり(10台)

 

 

3・千歳館

chitose1

千歳館とは明治九年創業で140年続く伝統ある料亭。建物は国の重要文化財に登録されており、歴史を感じられる雰囲気をまとっており、映画「るろうに剣心」のロケ地としても有名な場所。

千歳館のこだわり

  “温故知新”

伝統に甘んじず、常に新鮮な千歳館を感じてもらえるようなサービスを目指しており、伝統の郷土料理も常に新しい発想を交えてアレンジしています。四季折々の料理はもちろん、毎年来ても飽きのこない千歳館を心がけています。

会席料理15000円イメージ-1郷土料理も毎年思考錯誤を繰り返し、毎年一番のものを。コースは5,000円から

 
千歳館のココを知ってほしい!

  “千歳館は料亭というベンチャー企業“

料亭というと100年以上続く”老舗”をイメージしがちですが、澤渡専務に聞くと「京都には400年も続く料亭があるのに、千歳館はたかだか140年。まだまだベンチャー企業だと思っています」とのこと。常に挑戦する姿勢で、料理はもちろんサービス、企画も四季や時代に合わせて旬のものを提供することを意識しているんだとか。

スペシャルコースイメージ接写(秋)旬をどこよりも意識し、新鮮さを提供している

 

千歳館のしつらえ

7518914288_IMG_0767-min

全室個室はもちろん、座敷と椅子利用が選択可能。予約段階で必ずお客様とイメージを共有し、会に応じてコースから席配置まできめ細やかなアレンジを加えています。

 

大広間-2大広間は最大220人も入り、ゆったりとした利用が可能。

 

IMG_5843-min趣のある建物内部は廊下を歩くだけでも楽しい空間で、映画ロケ地として納得の面影。

 

千歳館をちょっとお試しするコツ 「ちとせまつり」

千歳館では、年に一度の感謝DAYとして夏にちとせまつりを開催しております。音楽の演奏や出店の出店、やまがた舞子の踊りなど盛りだくさんのイベントを開催しています。その他、ビアパーティやワインパーティなどの催しも随時開催されており、こちらも気軽に足を運ぶチャンスかもしれません。

_A1A7529ちとせまつりの様子。年に一度の貴重なチャンスとあり、多くの人で賑わう

また、千歳館では毎週水・木・金曜日にランチ営業もしており、こちらも気軽に千歳館を楽しむチャンス!

chitose2ランチのおすすめは山形牛ステーキ丼。タレ、こだわってます

 

– 千歳館 –

◆Access 山形市七日町4-9-2

◇Tel   023-622-2007

◆Time  ランチ 11:30~14:30(水・木・金のみ) ディナー 17:00~22:00

◇Dinner  5,000円+税~(コース利用) 、予算の相談可、やまがた舞子もお呼びいただけます(要相談)

◆Drink 日本酒、ビール、焼酎、ワインあり。

◇Closed 火曜日

◆URL http://www.chitosekan.com/

駐車場  あり

 

4・四山楼

pic44

明治6年創業で140年余続く伝統ある料亭「四山楼」

伊藤博文が二階から四方の山々を見渡し『四山楼 』と名付けたことから、山形の四季の恵みを感じられる料亭として今も当時の風情を感じられる。

四山楼のこだわり

『蔵座敷で味わう、日本料理の心』

四山楼には、全国にも珍しい「蔵座敷」が現存しています。

kurazasiki歴史を感じる、重厚な蔵座敷。

その歴史的背景として、山形は最上川舟運による「紅花」等の京都との交流がありました。その上方文化の影響を受け、建設された蔵座敷。

蔵座敷は大切なお客様をおもてなしする時に使われる「最高の座敷」として認識されています。最も人気のあるお部屋で、ここから予約が埋まっていくそう。

 

接待や会食の大事なシーンで、大事なゲストをおもてなしするのはいかがでしょう?

四山楼のココを知ってほしい!

四山楼では日本舞踊・三味線・長唄など愛好者たちのお稽古事や、山形舞子など「日本の伝統文化」が集まる場としての役割も果たしています。

cherrybrossumお部屋に飾られる、季節の掛け軸やお花。
四季折々自然の移ろいを感じられる、お庭の風景。

wedding2趣のある和の結婚式も好評です。お蔵で撮る記念写真は、きっと素敵な想い出に残る一枚になること間違いなし。
『日本文化を、感じられる場所でありたい』

椅子やテーブル席など、時代に合わせた近代化にも取り組みながら、でもやっぱり大事にしたいのは、日本の伝統文化を繋いでいくこと。
文化・歴史を、その四季に合わせた日本料理と共に味わえる。

そんな老舗料亭としての役割を、四山楼は現在へと引き継いでいます。

pic1_winter四季で変わる会席膳(写真は冬の良さを詰め込んだもの)

四山楼のしつらえ

kura_pic6蔵座敷は3~20名まで。銘木を組んだ床の間の特徴あるしつらえと、美しい庭に触れながらひと時を過ごせる空間は山形でもここだけ。

大広間1大広間は最大120人程度。椅子テーブル席でも100名で楽しめる。

stage_pic1大広間には舞台も。山形舞子の舞の他、お稽古事の発表会にも利用されるとか

wakatake_pic1個室は2名から10名前後まで様々な大きさの個室を用意

– 四山楼 –

◆Access 山形市七日町2-6-4

◇Tel   023-622-0043

◆Time  12:00 ~ 22:00

◇Dinner  8,000円+税~(コース利用) 、

予算の相談可、やまがた舞子もお呼びいただけます(要相談)

◆Drink (日本酒、ビール、焼酎、ワインあり。)

◇Closed 不定休

◆URL  https://www.shisanro.jp/

駐車場  4台 提携駐車場:七日町パーキングプラザ2

 

 

5・麒麟

kirin1

ふぐ料理「麒麟」。多くを語らないその佇まいですが、山形でふぐ専門店として約30年の歴史を持ち、本場下関のふぐを、ここ山形で味わうことができます。

麒麟のこだわり

鮗帝コ歃MX-2650FN_20181113_201251_0001

『お客様に満足していただきたい』

専門店ならではの品質はもちろんのこと、ボリュームたっぷりのふぐの竜田揚げ、白子の季節には雑炊にも白子を入れるなど、素材を贅沢に使用したこだわりの料理の数々。

また、隠れたファンがいるという麒麟がオリジナルで作っている「ポン酢」は、〆の雑炊にも相性抜群。ここだけでしか味わえない人気の味です。

IMG_1877

「また、河豚の季節がやってきた。」と思ってもらえるように。

ふぐ料理は季節問わず食べることができますが、旬の味を旬の時期に味わってもらいたい。その想いから冬季【期間限定】で、河豚料理を提供しています。

 

麒麟のココを知ってほしい!
「ふぐ屋が豚しゃぶ!?」

これまでは「冬季営業」のみだった麒麟。しかしながらこの春、新たな挑戦としてふぐのシーズンが終わった後に、「春季営業」として”幻の豚しゃぶコース” をスタートさせました。

鮗帝コ歃IMG_4506

「どっちの料理ショー」で、カニしゃぶと対決して勝利したという奄美の『幻の島豚』は、脂身に甘みがあってボリュームもたっぷり。金額も4600円~とリーズナブルなので、今までなかなか足を運べなかった方も、宴会や女子会など、より気軽に麒麟こだわりの料理を楽しめます。

鮗帝コ歃IMG_4513
麒麟のしつらえ

鮗帝コ歃IMG_1631

今年から座敷だけはなく、椅子・テーブル席もリニューアル。

接待やデートの少人数から、25名程の宴会など人数に合わせた個室を用意しているので、様々なシーンに合わせた使い方ができます(椅子・テーブルをご希望の場合はご相談ください。)

「河豚」と「島豚」。新たな食材との出逢いから、これまでの経験を活かしながらはじめる、麒麟の新たなチャレンジ。河豚の後は、美容やダイエットにも嬉しい“島豚のしゃぶしゃぶ”を味わってみませんか?

 

– 麒麟 –

◆Access 山形市旅篭町3-3-28

◇Tel   023-623-5475

◆Time  平日17:30~22:00、日祝17:30~21:00(完全予約制)

◇Closed 不定休

◆URL https://www.fugu-kirin.com/

駐車場  あり

 

 

6・まる八(香味庵)

aまるはち5

山形ではおなじみのマークのお店「やだら漬 まる八」。明治18年に創業以来、漬物専門店として有名ですが、実はランチやディナー、会食もできるほど山形をたくさん味わえるスポット。

 

まる八のこだわり

朝日の山々

なんといってもそのこだわりはお漬物。常時10種類以上を取りそろえ、会食の席でもその季節にピッタリの新鮮な(時に斬新な)お漬物料理も提供されます。

漬物寿司まる八名物の漬物ずし。漬物を極めた名店だからこそ出せる技。

 ”欠かさない芋煮”

山形三昧

山形と言えば芋煮文化が有名ですが、秋のシーズンにのみ提供するお店がほとんど。まる八では、通年で芋煮をメニューとして提供しており、どんな時でも変わらないおもてなしの一つとして準備しています。

 

まる八のココを知ってほしい!

aまるはち6

まる八は建物が登録有形文化財として認定されており、店内の通り土間には山形の歴史を感じることができるお宝がたくさん。トイレまでの道のりなどのちょっとしたひと時も十分楽しむことができます。

 

まる八のしつらえ

お座敷の他、4人程度の個室も複数あり、最大60人での貸し切り利用も可能。接待や女子会まで様々なシーンでご利用頂けます。

1F蔵座敷

まる八のプチ楽しみ方「立ち呑みでちょっと一杯」

まる八には漬物販売、食事処の他、立呑処も併設してあります。仕事終わりに気軽に立ち寄れる場所として女性客も多く訪れています。リーズナブルな価格設定の他、漬物は自由につまめるため、ちょっと一杯にぜひご利用ください。

aまるはち2

aまるはち1
– まる八 –

◆Access 山形市旅篭町2-1-5

◇Tel   023-634-4108

◆Time  平日17:00~23:00(22:30オーダーストップ)

◇Dinner  3,000円~(会席膳、税抜、飲み放題はプラス2,000円)、やまがた舞子もお呼びいただけます(要相談)

◆Drink 日本酒、ワインを豊富に取り揃えています。ビール、焼酎もあり。

◇Closed 日曜日

◆URL http://www.yatarazuke.com/

駐車場  あり

 

 

7・火輝 極-kaki kiwami-

料亭・割烹とはまだ違う、カジュアルな会食、接待の場に。
極3

厳選された黒毛和牛のみを使用した焼肉が堪能できる贅沢焼肉店。一頭買いならではの希少部位も取り扱っており、山形牛を余すことなく楽しむことができる。

 

極のこだわり

上質な山形牛、米沢牛を堪能できるだけでなく、一番美味しいタイミングで提供できるよう管理された熟成肉も提供。予算や好みに応じてバリエーションに富んだお肉を楽しむことができる。全ては美味しいお肉のために。

101

極のココを知ってほしい!

お肉に注目されがちですが、実は高級ワインがリーズナブルに堪能できるのも極の特徴。外国産から国産ワインまで豊富に揃えており、お肉との組み合わせも考え抜いて提供しています。もちろんビール、ウイスキー、地酒も幅広く取りそろえています。

kiwami2

ビール、ワイン、地酒、すべてにこだわり、自信のあるものを提供する。もちろん野菜やお米も地元の直売所や農家さんから選び仕入れています。

903

極のしつらえ

黒を基調としてシンプルで落ち着いた店内は、ゆっくりと時を過ごすのにピッタリの空間となっている。店内は最大40名(着席)とあまり大きくはないが、その分店内の混雑に影響されず、高いサービスが提供される。個室利用は4名以上から。

7518914288_IMG_0360ムードを演出することにこだわった店内

 

火輝 極をちょっとお試しするコツ 「シェア肉。シェアワイン」

コースだけでなく、単品注文でも楽しめるのが極の強み。複数人で出向きシェアすることで、大事な会食前の下見として少し雰囲気をつかむことができます。また、姉妹店の焼肉ステージ火輝を利用してみるのも一つ。どちらもお店もこだわりぬいたお肉を取りそろえています。

 

– 火輝 極 –

◆Access 山形市香澄町2-5-3

◇Tel   023-674-7677

◆Time  平日17:30~24:00(23:00)

◇Dinner  コース5,000円~(税込、飲み放題はプラス2,500円)単品利用も可

◆Drink 日本酒、ワインを豊富に取り揃えています。ビール、焼酎もあり。

◇Closed 木曜日

◆URL https://localplace.jp/t200303659/

駐車場  近隣駐車場をご利用ください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたの大切な時間を共有できるお店が山形にはたくさんあります。

意外と知らない山形の素敵な場所…是非足を運んで、思い出に残るひと時を過ごしてくださいね。

Profile

記事をシェア

小池 拓矢

ライター情報

小池 拓矢

20代独身サラリーマン。青森県で生まれ育ち、6年間仙台で大学生活を送り、第三の地、山形で就職した一級建築士。大学時代に日本を飛び出した経験...