自然豊かな山形を思いきり楽しみたい。

 

空を飛んでみたい。

 

そんな想いを叶えられるものといえば、、、

パラグライダー!

 

shirataka-yattemita01

山形県内でパラグライダーのメッカといえば、白鷹町や南陽市。

 

筆者は白鷹町出身なので、初夏になると白鷹山からパラグライダーが飛ぶ景色を昔から見てきました。

そのため、小さい時から空を飛ぶことに憧れを持っていて、今住んでいる関東でもパラグライダーを試みるも、天候などの理由でチャンスを逃し続けていましたが、今回、長年の夢が地元で叶うことに…!

ということで、白鷹スカイパークでパラグライダーを体験した様子をレポートします!

 

 

 

1.飛べるかどうか、それは風の状態にかかっている

白鷹スカイパークのサイトから、「タンデム体験コース」を予約。当日は、午後から予約していたのですが、朝から風が強く不安でした。

すると、10時すぎごろにトントントンビパラグライダースクールの方から電話があり、「風が強くて飛べない状況です。夕方ごろだと風がおさまるかもしれませんが、お時間の変更は可能ですか?」とのこと。

私は実家@白鷹町にいたので、時間の変更はまったく問題なし!

16時頃スタートでお願いしました。

時間に現地に行くと、インストラクターの方が迎えてくださり、車で上まで登ります。風もおさまって飛べる状況になったようです!

よかった~♪

午前中しか空いていなかった方などは、飛べなかったようです。

タイミングって重要ですね。

 

2.思ったより簡単に飛べちゃう

やっぱり、いざ飛ぶとなると、最初にいろいろレクチャーがあるんだろうか、難しいんだろうか、と思っていましたが、めちゃめちゃ簡単でした

特に難しいレクチャーもありませんでした。

飛ぶ場所に行ったら、走って、飛んで、堪能して、着陸というシンプルな流れ。

雨量レーダーのすぐそばから飛びます。

shirataka-yattemita02

上にサッカーボールみたいなのがのってますね。

インストラクターの方曰く、最近デザイン変更されたようで、その前はメロンみたいなデザインだったとか。

 

インストラクターの方に言われるがまま、器具を装着(というかほぼやってもらう)。※写真は同行者です。

shirataka-yattemita03

「ここを駆け下りてください。一生懸命走ってくださいね!」という声に、そんなに簡単に飛べるのかな?と思いましたが、以外にも走りだしたらすぐに足が浮いて飛べました。

shirataka-yattemita05

 

飛びました~!感激。

 

夕方になると靄が強くなって、景色が見えなくなってしまったり、風のコンディションが悪くなることもあるらしいですが、この日は景色が見えて良かったです。

shirataka-yattemita04

ゴールデンウィークなのでまだ山桜が咲いてますね~。

遠くに蛇行する最上川に靄がかかり、幻想的な風景でした。

 

 

3.絶叫系が苦手でも安心。しかも写真撮り放題でインスタ映えも狙える

スマートフォンを入れるケースを貸してくれるので、飛んでからも写真は自由にとることができます。

インストラクターの方が、「足を入れてとるといいですよ」とアドバイスを下さり、インスタ映えもばっちり狙えます。

shirataka-yattemita07

山を上から見るなんて、なかなかできない経験。本当に鳥になった気分。気持ち良い~!

 

私はジェットコースターなど絶叫系が苦手なのですが、パラグライダーは平気でした。

 

安心できるようにインストラクターの方が声をかけてくださって、飛んでいる間は後ろに背負っているリュック?のようなものに座れるので、ラクにしていられます。

shirataka-yattemita06

「上昇気流探しますね~」とインストラクターの方が探して、操作してくださるので、ふわっと上昇して長く飛ぶことができました。

(上昇気流にうまくのると、長く空中に滞在できるらしいです)

 

4.空中でも電話が通じる

飛んでいる最中に、なぜか私のお母さんから電話がかかってきて、空で電話するという初体験も経験できました。

3回も着信があったので、緊急かと思ったら、「夕ご飯何食べたいか?」という家庭的な内容でした。

「電話した人初めてですよ!」とインストラクターさんも大笑い。

shirataka-yattemita08

 

インストラクターの方は10代の頃からパラグライダーをしていらっしゃり、白鷹町で飛んでいたのですが、「練習場が欲しい。南陽市に練習場を作ってください!」と言って、南陽スカイパークの立ち上げにも貢献されたとか。

 

どこでも飛べるというわけではなく、風の条件が整いやすいところがあるらしいです。白鷹町はとても条件が良いと聞いて、なんとなく誇らしい気持ちになりました。

それにしても、10代から空を飛ぶ生活って、いったいどんな生活なんだろう・・・。

 

自分で操作できるようになり、風にうまくのれると、1~2時間飛べる方もいらっしゃるそうです。

そんな確かな技術力を持った、安心感しかないインストラクターの方が、まさに風使いのようにパラグライダーを操作してくださって、無事に着陸。

shirataka-yattemita09

飛行時間としては10分くらいでした。

 

大きく移動せずに、同じところをくるくると旋回して飛ぶので、10分で十分楽しめます。それより長いと、景色が変わらないので飽きちゃうかもしれません。

 

パラグライダーで山形を楽しむ

半日あれば手軽に山形の自然と空を飛ぶアクティビティが楽しめる山形のスカイパーク。

春は桜、夏は目に爽やかな緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、心が癒される風景を楽しめると思います。

 

今回お世話になったのは、トントントンビパラグライダースクール さん:http://tonton-tonbi.sakura.ne.jp/

 

記事をシェア