• HOME
  • 働く
  • 【南陽】年間休日125日を目指して働き方改革を進めています。株式会社セントラルリース
働く

働く

「80、87、74、88、88、75、89」

 

これ、何の数字でしょうか?

 

正解は、ハローワークのWEB検索サービスで、「山形県、建設業」で検索した山形に本社を置く建設関連事業所の求人票掲載の「年間休日数」を画面表示の順番に拾った数字です(2018/3/22現在)。

そう、実は年間休日数が多いとは言えない建設業界…。

そんな建設業界において、年間休日数を105日まで改善し、今後は125日まで目指している会社があります。

 

 

働き方改革を進めています

株式会社セントラルリースは、南陽市宮内に本社を置く、仮設足場のリース事業を行う会社です。

山形・宮城・新潟3県に11営業所で展開しており、そのシェアは、山形県内トップクラスを誇ります。

事業の特徴 候補3のコピー

 

2010年10月に、代表取締役社長に就任した鈴木康子さんは、人材育成・人事制度面からの改革に着手して来ました。

CIMG1768のコピー

元々、山形市内のコンサルタント会社に所属し、人事制度作成や社員研修を担当する講師として、セントラルリースとの関わりを持っていた鈴木さん。研修を終えたある日、当時の社長(現会長)から呼び止められ、「この会社をやってみないか?」と切り出されます。経営推進していく幹部メンバーとしての誘いなのだと受け止めたが、会話を重ねていくうちに、そうではないことを理解。相当な話し合いを重ね、社長に就任しました。

・・・ワークライフバランス推進のため、年間休日数の増加に取り組む

年間休日数の増加に取り組みました。当初の96日から、現在は105日に。

現在も、中小企業のトップレベルと言われる120日以上を目指しています。

請負の職人たちの高齢化が避けられない現状で、できるだけ長く仕事を続けてもらうためには、週の中日、あるいは週末に連休を設け、体力の回復を図る必要があります。また、土曜日に休日を取ることの難しい業界であることからも、シフト制で週休2日を実現できるような人員の確保が、今後の課題でもあります。

『親方や先輩からの指示が強く、若手が自由に休みを取ることが難しいのでは?』と見られがちですが、そんなことはありません。他業種と同様なルールで働いています。

2015-09-18 11.00.52

・・・時間外労働に対する手当の算出方法の見直し

これまで、みなし残業として、固定額を支給していたが、実時間数で算定することとしました。「データとして見えない状態のときは、莫大な人件費になるのではないかと恐れる声の方が大きかったのですが、実態が見えて目標値があると1人1人に考えるきっかけができます。悩みながらではありますが、より良くなっていくだろうと思います。やってみなければわからないものですね」と、鈴木さん。

P1030721のコピー

・・・叶えたいキャリアに応じて、転勤の有無を選択できる

①全エリア対象、②主に同一県内、または通勤一時間圏内を対象、③勤務地も業務内容も固定、の3つのコースを設けています。

セントラルリースは、大手ハウスメーカーを顧客に持っており、広域ネットワークを強みとしています。きめ細かい人材育成を行い、人材を流動させることによって、営業所間での技術力やサービス内容の差をなくし、一定の水準にレベルアップさせることを目指しています。

その他、地域に定着した暮らしをしたいなどの考えを持つ人もいるため、個人の希望する働き方と収入を選択できるように制度を改革しました。

 

★20120413 010

 

 

女性活躍に向けた取り組み

セントラルリースの特徴の一つとして、管理部門の主要ポストに女性を配置している点があげられます。

鈴木さんは、前職中、コンサルタントとして様々な企業と関わる中で、総務・経理といった管理系部署の強い会社は、絶対的に企業体質が強いということを実感してきたそう。

男性中心とみられがちな建設業界ですが、本来、男女間で体力の違い以外には、性差はないはず。うちの管理部門に女性が多いのは、たまたまです」と話します。

 

かつては『事務員の女の子』と言われることもあった女性たちは、雇用形態をパートから正社員とし、業務は単なるデータ処理に止まらず、所長に対して報告・提案するまでを担当しています。

女性が働くことに対して、家族の理解などを含めてさまざまな壁はありますが、まずは、『女性にそこまでさせなくても良いのではないか・・・』といった社内の雰囲気は一変

「女性だから、男性だから」という概念にとらわれず、やりがいある仕事でキャリアアップしていける土壌を築いています。

 

 

 

社員さんにインタビュー:庄内営業所 営業担当 白幡さん

CIMG1739のコピー

-入社までの経緯を教えてください。

高校まで鶴岡で過ごし、仙台市内の専門学校に進学。卒業後は、全国に展開する紳士服専門店に新卒正社員として就職しました。

地元の鶴岡店に配属された一年後、東京の銀座店に異動に。都内で、数店舗を経験した間に結婚しました。その後、岩手県の宮古に店長として赴任することになり、家族と一緒に引っ越しを。次の転勤先となった宮城県多賀城市で東日本大震災にあいました。自宅を引っ越したり、店舗の復旧開店を乗り越えた2年後に、新潟県への転勤を命じられました。

度重なる転居に、子どもたちの気持ちが追いついていかなかったんですね。このタイミングで落ち着こうと、Uターンして、転職することを決意しました。

 

-セントラルリースを選んだのはなぜですか?

家族と過ごす時間を充実させるため、週末に休日を取れる会社を探しました。

また、希望する働き方にあわせて、転勤の有無を選択できることもポイントでした。営業所に固定する勤務形態を選んで、2013年11月に入社しました。5年目になりますが、先輩たちの異動で、いつの間にか、営業所内では2番目の古株になりましたね。

★20120413 009のコピー

-休日の過ごし方に、変化はありますか?

子どもの所属するサッカーチームのコーチとして、練習に参加しています。町内会の役員になったり、地域の行事にも参加する機会が増えました。それに、夫婦の趣味である旅行に行く機会も持てるようになりました。

いずれも、この会社に勤めるまで、経験のなかったことですね。

仕事とプライベートの切り替えを意識してはいますが、地域の人との交流から仕事につながったケースもありました。

SONY DSC

▲家族で沖縄旅行。前職では考えられなかったことです

 

-未経験の業界への挑戦となりましたが?

私を含めて、営業職に就く3名ともが、他業種からの転職です。3ヶ月程、先輩について営業先を回りながら、現場での実務を学びました。

最初の1ヶ月は、顧客のニーズに応えるため、現場で施工についての技術と知識、また請負職人とのコミュニケーションの取り方を覚えました。

 

★P1030723のコピー

-社員間、営業所間での交流はありますか?

毎年2月の決算後、全社員が集まる進発式が行われます。今年は、秋保温泉で。

普段交流のない他の営業所の社員とも、交流が持て、刺激を受けています。転勤した元上司とも顔を合わせることで、会社としての一体感を持って仕事ができているように感じます。

営業所単位での表彰式もあるので、仕事に対するモチベーションが維持できます。

それから、2年に一度の社員旅行も、やる気アップにつながっていますね。

海外か、国内か、選んで参加できるんですよ。さらに国内は、1泊コースと、2泊コースが設定されています。

 

-今後のキャリアについてどのように考えていますか?

現在は、転勤のない働き方を選択していますが、今後、子どもたちの成長にあわせて、変化させていく可能性も検討しています。個人が希望するキャリアにあわせた制度作りがなされていることは、大きいと思います。

CIMG1744

 

-セントラルリースの魅力を教えてください。

UIターン者や、未経験者でも働きやすいと思います。仮設物を取り扱うので、必ず足場のニーズはあって、営業ターゲットから模索する必要はないんです。異業界からの転職であっても、営業や販売職を経験したことのある人にとっては、やりがいのある面白い業界なんじゃないでしょうか。

 

 

担当コンサルタントのメッセージ

年間休日数を、山形の建設業界では先進的に「105」まで持ってきた代表の鈴木さん。

「当面目指してるのは125、まだまだですね~」と本当に残念そうにため息をついていらっしゃいました。

代表の鈴木さんは、ガンガン働きたい人もガンガン働けない人も現時点での働き方を「選択できる会社」を本気で目指していらっしゃいます。

少子高齢化の進展とともに働くひとの価値観が多様化し、仕事そのもの以外にも成し遂げたいことがある!という方が若い人材を中心に増えている昨今、業界的に「働き方の多様化への対応」が立ち遅れている感が否めない建設業界。

その流れに一石を投じる企業が、いよいよ山形県にも現れたようです。

 

※この記事は、平成29年度「東北地域中小企業・小規模事業者人材確保・定着支援等事業」として作成しました。

募集要項

募集職種 1・総務(人事・教育企画)、2・経理・財務マネジメント、3・安全管理者 *年間休日125日を目指して働き方改革を進めています
業務内容 1・人材の採用から教育まで企画実践していただきます

2・経理・財務の知識をベースに、予実管理とアクションプラン進捗管理などを担っていただきます

3・現場を巡回し、法規則に則った作業や施工の指導を行なっていただきます
雇用形態 正社員(3については建設業界OBも想定しており、応相談)
勤務時間 8:30〜17:30 実働8時間、休憩1時間
給与 1・2 年収400万円〜500万円程度

3・年収400万円〜600万円程度
休日 原則土日(ただし土曜日は季節変動もあり会社カレンダーを作成しています)
祝日
GW
お盆
年末年始
年間休日105日
残業手当
住宅手当
家族手当
役付手当
通勤手当(上限31,600円/月まで)
福利厚生 制服無償貸与あり
社員旅行(2年後 海外or国内の選択制、前回はベトナムと北海道でした!)
勤務地 1〜3とも山形県南陽市の営業所勤務を想定しています。
対象となる方 必須要件
1・人事・総務部門の経験者で特に採用に強みを持っている方。社員教育や人材育成の経験がありマネジメント力のある方

2・財務・経理の業務経験者でマネジメント力のある方。※あれば尚可→建設業界経験

3・建設業法令の知識のある方。 ※あれば尚可→建設業界経験
入社予定日 できるだけ早期に。ご相談下さい。
応募方法 ※こちらの求人情報は、転職エージェントの株式会社キャリアクリエイトが保有しています。
ご応募にあたっては、株式会社キャリアクリエイトの転職支援サービス(無料)へのご登録が必要です。

※すでにキャリアクリエイトの転職支援サービスに登録済の方は、担当のコンサルタントに直接お問い合わせください。
選考プロセス (ご登録から応募までの流れ)
こちらの転職支援サービスお申し込みページからの転職支援サービス(無料)へのご登録、または下の応募フォームより転職支援サービス(無料)へのご登録をお願いします。

ご登録後、キャリアクリエイトのコンサルタントからご登録連絡先へ今後の流れと求人情報の詳細についてご案内します。

正式なご応募は、求人情報詳細をご確認の上、コンサルタントにご依頼ください。
その後のご応募手続き、選考上のサポートについても対応いたします。
お問い合わせ (求人情報提供)株式会社キャリアクリエイト 023-641-8807
HP http://www.central-lease.jp/

株式会社セントラルリース

セントラルリースは、山形・宮城・新潟の3県で仮設足場のリースを行なっている企業です。

応募フォーム

タイトル
姓名 (必須)
年齢(必須)
性別(必須)
メールアドレス (必須)
電話番号(必須)
現在の状況(必須)
経歴概要(必須)
転職することを決めていますか?(必須)
履歴書・職務経歴書の有無(必須)
メッセージ(必須)
このサイトをどこでお知りになりましたか?
個人情報保護(必須)
チェックを入れてください(必須)

あなたの「ヤマガタ未来ラボ」マイページを作成しよう

新規登録