run4

いつでも気軽にできる運動のひとつが「ランニング」。

初期投資も少なく、場所を選ばないのも魅力的なアクティビティです。

日常のストレス発散のため、健康維持のために、ランニングをはじめてみたいという人やも多いのではないでしょうか?

車社会の地域ですが、シューズを車に積んでおけば、いつでも、どこへでも走り出せます。

たまには車を止めて、自由気ままに、自然の中へ駆け出してみてはいかがでしょう。

run

庄内のランニングコースって定番の場所しか思い浮かばない…と悩んで人も大丈夫!

ランニングのモデルコースを、庄内の自然に触れる癒しのランニングコースを紹介しているブログ「Shonai Healing Run」を運営する庄内在住の女子ランナー〈 Aya 〉が体験を交えてご紹介します。

 

ちょっとマイナーなコースかもしれませんがロケーションは最高です。

いつもと違う庄内の良さに出会えるかもしれません。

 

 

 

波の音に耳を傾け、潮風を感じながらリフレッシュRUN!【遊佐町篇】①白木海岸コース

※ご紹介するコースはあくまでモデルコースですので、ご自分の体調、レベル、気分に合わせて短くしても長くしてもコースを変えてもOKです。

1、白木海岸コース(~旧青山本邸)〈走行距離:約 7 km/レベル:☆★★ 〉

run2

日本海に面し、県の最北部に位置する遊佐町

この地域で1つ目に選んだコースが「白木海岸」です。

 

旧青山本邸の手前に現れる「白木」の看板が入り口。

通りは少し狭いですが車を置けます。

目の前に広がる海岸は開放感が抜群で、

国道から一本入ったところにあるとは思えない景色。

この日は釣り人やピクニックに来ている方もいました。

 

 

右手に見える風車を目指してスタート!

 

車も人も少ないし(取材は5月です)

砂地はアスファルトと違って膝には優しいかも?

でこぼこしてるところが多いので、捻挫にはくれぐれもご注意を!笑

どんどん大きく見えてくる風車が迫力満点。

風車3機目で約2.5キロでした。

run3

 

 

ここから折り返して、

避難用の看板を目印に松林へ。

run5

run6

林を抜け、住宅街を過ぎていくと

旧青山本邸に到着。

run7

旧青山本邸とは、遊佐町青塚の貧しい漁家に生まれた青山留吉が、北海道の漁業で功を成し、その財で故郷に建てた邸宅”だそうで国の重要文化財にしていされています。(詳しくはこちら

会館は9:30~16:30(入館は16時まで)

お時間ある方、休憩したい方はお立ち寄りを。

run8

松林を抜けて再び海岸へ。

目の前に広がる日本海には白波が立って、

潮風がさわやか~!

(サングラスを忘れて、顔が険しい…)

波の音も心地よく流れていきます。

run9

走れそうなコースは2線あって、海寄りのほうが走りやすかったです。

ron10

足下は砂地なので汚れても良い、もしくは洗えるシューズがベター。

日陰が少ないので帽子があると良いと思います。(日焼け止めも忘れずに)

近くには自販機がないので、飲み物はご持参くださいね。

夕日が見れそうな日に再チャレンジしてみたいな〜!

 

 

 

 

庄内の自然に触れる、癒しのランニングコース紹介しています。

女子ランナー〈 Aya 〉が運営しているブログ「Shonai Healing Run」では、このほかにも様々な「庄内の自然に癒されるランニングコース」をご紹介しています。

ランニングは初めて!という方向けに、アイテム選びのポイントもお伝えしておりますので、ぜひブログを覗いてみてくださいね。

Shonai Healing Run

Instagramでランスラグラムもやってます。

shonairun

 

デザインのお仕事もお気軽にお問い合わせください!

庄内さんぽ

Profile

庄内在住の女子ランナー〈 Aya 〉さん

東北芸術工科大学を卒業後、地元の広告代理店に勤務し紙媒体の制作や地方誌の発行に携わる。2018年よりカメラマンとタッグを組み「庄内さんぽ」にて活動中。

記事をシェア