photo

2/2から、無料通信アプリ「LINE」を使った子育て相談サービスが新庄市ではじまりました。

自治体がLINEを使って個別相談を行うことは全国で初めて。
新庄市が運営する「地域子育て支援センター」の保育士資格を持つスタッフが相談に応じてくれるとのことです。

今や10~30代のLINEの利用率は9割以上。
普段使っているツールで気軽に相談できるのはママたちにとってもありがたいですよね。

育児関連の情報もネットにはあふれていますが、ドンピシャな情報にあえるかっていうとそうでもないのが現状じゃないですか?
その地域ならではのお悩みも多いと思うので、こういった市区町村レベルで個別相談に応じてもらえると
より自分にマッチした解決方法が見つかりそうです。

 

なぜこのようなサービスを行おうと考えたのか?

担当者によれば、「核家族化が進み、周囲に相談できる人が少なくなっている中で、相談の垣根を低くしたかった」とのことだ。さらに、同市が実施した「新庄市まちづくり市民アンケート調査」(平成27年度)によれば、約7割の人が「子育ての相談・支援体制の充実が重要」と回答。一方で満足度については約2割にとどまっていて、対応が急務だった。
(マイナビウーマン http://news.mynavi.jp/news/2016/02/09/514/

ふむふむ。
でもこれって新庄市だけじゃなくどこの自治体も抱えている課題であって、特別な問題じゃないですよね。
むしろ国レベルでありふれた問題のような・・
そんな中、課題に真摯に向き合い、若い世代のニーズにちゃんと応えようとしてくれた
新庄市の姿勢って素敵だと思いませんか?

ユーザーにあったツールで実際に使ってもらえるサービスまで落とし込めるって
なかなかレベルの高い自治体かと思うのです。やるなぁ新庄と思わずにはいられないのです。

これから田舎で子育てを考えている方は、
こういった自治体が運営するサービスにも目を向けてみてはいかがでしょうか?
■新庄市地域子育て支援センターのLINE相談はこちら
最上地域みんなで子育て応援団サイト「MOCOnet」
http://moconet.info/

????

 

記事をシェア