「山形で何かしたい」人が、仲間たちと共に、山形の今・チャレンジを知り、自分のやりたいこと・できること・やるべきことを確認・自覚するための研究活動(ゼミナール)を行う社会人のためのオンライン学校『自分の未来をつくるゼミ』が開講しました。

お陰様で多くの方にお問い合わせ頂き、定員ちょうどの8人での第1期スタートです!

 

このゼミを始めたきっかけ・理由

ゼミ主催者である「ヤマガタ未来ラボ編集部」と「鶴岡ナリワイプロジェクト」は、ここ7年、『県外在住の人が、それぞれが望む山形との関わり方を見つけ、その延長線上にUIターンも見据えることができる』ようなイベントやプログラムを、都内で&山形県内で、時には独自に、時には行政とパートナーシップを組んで、行って来ました。

やってみて気づいたのは、「自分も何かやってみたい!」「県外在住のまま山形と関わること(出来れば仕事として)を進めたい」と考えていても、その後、日常生活に追われて動き出せなかったり、途中で立ち止まってしまいがちということです。

そこで、私たちは、一緒に企画を練り上げたりキャリアプランを考えたり伴走してくれる人・応援してくれる人がいれば、「考える」から「アクションを起こす」へと一歩踏み出すことに繋がるのではないかと考え、新たな仕組み『自分の未来をつくるゼミ」をスタートしました。

そして、ゼミを運営するヤマガタ未来ラボの田中と鶴岡ナリワイプロジェクト井東さん2人に共通する想いは、『自分が納得する人生』を生きる人を増やすためにこのゼミをやる、ということ。

 

 

自分の未来ゼミスタート!

5月13日(水)20:00 記念すべき第1回の全員ミーティングを実施!

 

参加者は、山形県内・東京・和歌山・栃木など、全国から。

オンラインだと広がりますね。

一部の参加者さんから、第1回の感想(&これからの決意?)を頂きました!

第1回のゼミに参加し、自分と同じように山形が大好きなメンバーが集まり、これからの山形と自分の未来をつくる話ができるのはとても心強く、これからの活動にわくわくしました。 仲間がいなく、自分1人のままでは考え続けるだけで実行に移さないままになっていたものも、今回出会ったメンバーの皆さんと各々の好きなこと、得意なことを掛け合わせて山形のためになるカタチとして残していきたいなと思いました。半年間、楽しみながら活動していきたいです!

自分の未来をつくるゼミがいよいよスタートしました。これから半年間共に頑張っていくメンバー全員が、はじめて顔を合わせ、新たな一歩を踏み出す瞬間になったと感じています。 キックオフが終わった後、まだまだお互いのことを深く知れたわけではないけれど、もっと頑張っていこうと前向きになれている自分がいました。 それは、同じふるさとをもつことからの安心感、地元で何かをしてみたいという熱い思いを全力で共有できる環境があるからだと思います。 この二つの強みがこのチームにあるからこそ、私は自分らしくいられるし、未来へ向けての一歩を踏み出せる。 これからがとても楽しみです!

自分はどう生きていきたいのか?を考えている中で、その方向性を具体化したいと思い、ゼミに参加しました。参加してみて、それぞれが想いを何か形にしたいと思っていることがわかり、話を聞いたり話したりしてワクワクしました。個々では漠然としていることも想いや情報、行動などを共有していくことで、どんどん具体的になっていきそうだと感じました。これからの活動では、全員で主体的に考えたり、話し合ったりすることが重要だと思うので、より当事者意識を強く持って活動していきたいです!

 

 

自分の未来をつくるゼミ 2ヶ月集中コース

自分の未来をつくるゼミ第1期は、主に県外在住の山形に関心を持っている方向けと思って開始しましたが、思いの外、山形県内在住の方からのお問い合わせも多かったので、山形県内の社会人の肩も参加しやすい『自分の未来をつくるゼミ 2ヶ月集中コース』を実施することにしました!

6月5日、6日にオープンキャンパスを行いますので、ご興味ある方はご参加ください。

自分の未来をつくるゼミ[2ヶ月集中コース]オープンキャンパスの詳細はこちら

詳細は、こちらから。

記事をシェア

田中麻衣子

この記事を書いた人

田中 麻衣子

1984年山辺町出身。新卒で山形での就職後上京。求人広告営業を経て、2012年ヤマガタ未来Lab.をOPEN。東京と山形行ったり来たり。あがすけ。