2年に一度の芸術の祝祭!今年で開催2回目を迎える山形ビエンナーレ2016が9月3日から始まります!

山形の街の中でアートを巡りながら、新しい山形と出会う芸術祭に参加してみませんか?

山形ビエンナーレのオススメや見どころを一部ご紹介します。

ビエンナーレ2016

 

 

みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレとは?

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」は、東北芸術工科大学が主催し、山形市中心市街地で2年に1回開催する、現代芸術の祝祭です。2回目となる2016年秋は、国の重要文化財「文翔館」をはじめとする歴史的建造物を主な会場とし、9月3日から23日間にわたり、45組のアーティストがアート・音楽・文学・ファッション・料理など多彩なプログラムを展開します。開催テーマは「山は語る」。荒井良二芸術監督のもと、みちの(お)く山形の過去・現在そして未来の姿を、この新しい祭の創造に参加する人々とともに考え、物語っていきます。

引用:https://biennale.tuad.ac.jp/100/36.html

 

アートや芸術に詳しくなくても、気軽に楽しめるのが「山形ビエンナーレ」の魅力のひとつ!

 

“市プロジェクト”に注目

ビエンナーレ2

山形ビエンナーレの開催エリアになる山形市中心街は、「七日町」「十日町」など、以前は定期的に「市(いち)」がひらかれていた場所。その〈市の街〉で、文化資源を意欲的に「消費」し再活性化していくことを目指して、手仕事や農作業、アートや服や本など、さまざまなジャンルの「市」を開く「市プロジェクト」は見どころのひとつ。

 

山形の伝承野菜やブランド品種の販売も行う「ふうどの市」では、旬の伝統野菜や果物を購入できたり、料理を食べることができたり、夜には農家の人との交流イベントが開催されます。

ビエンナーレ4

(「ふうどの市」で食べられる芋煮)

また、ファッションデザイナーの飛田正浩さんによる「spoken words project」が山形の企業と展開するオリジナルウェア「山形衣市 iiti」など、山形の人の暮らしに密着したものを実際に手にとって楽しむことができます。

ビエンナーレ3

(オリジナルウェア「山形衣市 iiti」)

 

“ツアー”に参加してみよう

ツアー① よりみちのおく散歩

ビエンナーレ6

じっくりと楽しみたい人、おすすめポイントを巡りたいという人にオススメ。山形ビエンナーレの全展示のプログラムを手がける、宮本武典さんの解説とともに、展示会場をめぐる街歩き。アートだけでなく山形市七日町の魅力的な人・もの・場所に「よりみち」しながらガイドツアーを楽しむことができます。

会期中の火曜日と木曜日の13:00~15:30 / 参加無料・予約不要

 

ツアー② ビエンナーレぐるぐる

ビエンナーレ8

小学生または中学生のお子様がいる方に、ぜひチェックして欲しいのがこちら。子供向けのワークショップや鑑賞ツアーを実施している、東北芸術工科大学創造性開発研究センターによる鑑賞ツアー。子どもたちと気づきや発見を一緒に見つけて、子どもの視点から見たビエンナーレを体験できます。参加特典として、オリジナルグッズがもらえます。

開催日9月18日(日)(13:00~15:30/参加無料・要申込)

 

ツアー③ 平澤まりこと旅する|YAMAGATA TRAVEL BUREAU 2016| タケダワイナリーを訪れるツアー

184A3073

「蔵王スターワイン」をはじめ、おいしいワインを作っているタケダワイナリーさんを訪問するツアー。ブドウ畑や工場を見学したり、ワインボトルのラベルを作ったり、ワインと山形の食材を使用した食事を楽しんだりと、盛りだくさんの内容のツアー。

開催日 9月17日(土)(9:10~16:10/参加費11,000円・要申込)

 

ここでは3つのツアーを紹介しましたが、この他にも3つのツアーが用意されています。日程や参加申し込みの方法など、詳しい情報はURLをチェック!ツアーの詳細→https://biennale.tuad.ac.jp/tour

 

行ったことのない人も是非ビエンナーレへ!

このほかにも、季節の美味しい食材をいただける食堂「nitaki」や、羊羹や甘酒を楽しめる和菓子屋「森羅万象茶屋」など、ユニークな食スポットで山形の食を満喫できるスポットがあります。

ビエンナーレ10

(食堂「nitaki」)

また、地域に根ざした活動や製品を紹介するコンセプトショップ「山の形ストア」では、インテリアや雑貨やジュエリーなどを販売。お気に入りの一品を選ぶのもいいですね。

ビエンナーレ11

(「山の形ストア」)

アート・人・もの・食に触れながら、山形の新しい魅力を発見・再発見するきっかけになるかもしれません。家族やお友達と一緒に、またお子さんと一緒に是非足を運んでみてください!

 

_________________________________________

みちのおく芸術祭・山形ビエンナーレ公式HP https://biennale.tuad.ac.jp/

※ 記事中の写真は公式ページ内(https://biennale.tuad.ac.jp/)より引用。

記事をシェア