山形が全国に誇る秋の風物詩といえば「芋煮会」。

直径6mの大鍋で約3万食の芋煮を、特別仕様のショベルカーで作っている様子は、まさに日本一のスケール!

材料は、里芋3t、牛肉1,2t、こんにゃく3,500枚、ねぎ3,500本、味付け醤油700L、山形の水6t、隠し味に日本酒50升、砂糖200kg。

これを6tのナラ材でグラグラ…と煮炊きします。

content_fa51305206155908556928af52839da28f97e839
※使用されているバックフォー(重機)は、クボタ、ヤンマーより毎年、新車を協賛頂き、生産されてから一度も作業をしていない新車が活躍!

各可動部分の潤滑油(グリース等)は全て洗い落とし、かわりにマーガリンやバターを利用しています。バケット部はオールステンレス製の芋煮専用バケットを装備し、熟練の運転手さんが絶妙に操作します♪

山形県人なら、TVでも毎年目にする恒例行事となった「日本一の芋煮会フェスティバル」。

職場で整理券が回ってくる、という方も多いかもしれませんね。

それほど身近にある日本一の芋煮会フェスティバルですが…

 

来年で第30回という節目の開催を迎える日本一の芋煮会は、今、あなたの力を必要としています!

2015年、日本一の芋煮会の大鍋で使用されている大鍋「鍋太郎(2代目)」の内部に小さなヒビが見つかり、三代目鍋太郎を製作することが決まりました。

現在、「三代目鍋太郎」の製作費用を、ガバメントクラウドファンディングで募集しています!(こちら

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、「自分の作って歌った曲をCDにしたい」「災害被害にあった図書館を復旧したい」など、様々な理由でお金を必要としている人に対し、 共感した人が一口1,000円程度からインターネットを通じて出資し支援をする、こうしたインターネット上で多数の人から資金を募る仕組みを言います。
過去にクラウドファンディングが実行されたプロジェクトは幅広く、築地を舞台にした映画作成、地域活性のために高校生による商品開発、最新のIoTを使ったウェアラブル製作等から、自身の自伝本の作成など、数多くのプロジェクトが存在します。また、途上国支援や被災地支援なども多く実行されています。プロジェクトを立ち上げる実行者自身も個人、団体、企業、自治体など様々です。(出典:https://readyfor.jp/crowdfunding

今回のプロジェクトは、山形市の佐藤市長が起案者です!

content_c05c6e3bb62ec310e7678a6b2c51a913a5759868

芋煮会が好きなあなた。

山形県を応援したいと思っているあなた!

全国の芋煮が好きなみなさん!

三代目鍋太郎の製作費用の寄付をよろしくお願いします!

 

詳細は、こちら↓のページをご確認下さい。

皆でおっきな鍋つぐっぺ!未来に繋ぐ「三代目鍋太郎」製作大作戦

https://readyfor.jp/projects/yamagataimoni

 

「日本一の芋煮特別委員会」平成30年度 会長予定者・庄司信彦さんのコメント

プロジェクトページ「新着情報記事より抜粋」

https://readyfor.jp/projects/yamagataimoni/announcements/67477

庄司

「三代目鍋太郎」制作プロジェクトを立ち上げるということは、これからも「日本一の芋煮会」を、責任を持ってしっかりと実施していく、という実行委員会の宣言でもあります。

三代目を作ろうとする想いは、言い換えれば向こう20年先、30年先の未来に対する実行員会の決意と覚悟でもあります。

三代目の大鍋で、30回目の節目を大いに盛り上げたい。そして、その先の未来においてこの鍋のもとに多くの話題が生まれ、多くの人々が集うことが日本一の芋煮会フェスティバルの純粋な願いです。

「続いていることが当然」ではなく、「続けていくこと」が大切で、「何か一個でも間違ったことがあれば、簡単に終わってしまう」というプレッシャーの中で、実行委員会の皆さんは、それぞれのプロフェッショナリティを活かして、お互いに最大限の力を出し合って、この大きなイベントを成し遂げています。

 

 

本プロジェクトに対する寄附金は、個人様による寄附の場合「ふるさと納税」の対象となります。

「三代目鍋太郎」の制作には、約4,400万円かかる見込みです。
その費用の一部に充てるよう、今回、ガバメントクラウドファンディングでの寄付金を2,700万円の目標にしています。

※頂いた寄附金からクラウドファンディングに要した事務経費を差し引いた金額を「三代目鍋太郎」を制作する「日本一の芋煮会フェスティバル協議会」へお渡しします。

「確定申告」又は「ワンストップ特例申請」を行うことで、寄附額のうち2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除されます。例えば30,000円の寄附をした場合、合計28,000円の税金が還付・控除されます。

 

みんなで食べる芋煮は本当に美味しい!!!

みんなで食べる芋煮は本当に美味しい!!!

 

三代目鍋太郎の製作費用の寄付をよろしくお願いします!

(↓クラウドファンディングサイト)

皆でおっきな鍋つぐっぺ!未来に繋ぐ「三代目鍋太郎」製作大作戦

記事をシェア