※この記事は、山形県に関わるイベントを紹介しているページです。
イベントに関するお問い合わせは、リンク先の各主催者へお問い合わせください。

第1回テーマ  自分らしさって何だろう

 「自分らしさって何だろう。」誰もが一度は考えたことがあるテーマだと思います。
 自分らしさを阻んでいるものは何ですか?
 自身の自己肯定感を上げ、より充実した人生になるよう「対話」をしながら考えていきましょう。

 ※自己肯定感・・・自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉

🔴内容:講師役の話(対話のルールなど)を聴いてから、参加者で対話をします。

🔴対話形式:ワールドカフェ形式
      ※4人×5テーブル

🔴参加対象者:テーマと対話に関心があり、下記にある対話のルールを守れる方

 終了後、当イベントに参加していただいてのアンケートのご協力をお願いします。
 今後の活動に生かしていきたいと思います。

 活動の記録として、イベントの様子を写真(及び動画)にて撮影し、Facebook等SNSに掲載します。
 顔出しNGの方は当日その旨お伝えください。

――――――――――――――――――――――
🔷この活動の趣旨

 この活動は2019年8月19日に行われた鶴岡市主催の『「働くって何だろう?」しゃべればヒントが見えてくる』というセミナーを発起人3名が受講した事から始まりました。

https://www.facebook.com/events/896083264088465/

 「対話」によりポジティブな場を作ることで、新しい個人・仕組み・仕事・組織・社会を作ることに繋げていけるのではないかという「対話」の力を信じている者たちが起ち上げました。

 地域活性化・地方創生に関する本を読むと「対話」がキーワードになっていることがあります。
 また、文科省でも新しい学習指導要領として「主体的・対話的で深い学び」を取り入れようとしています。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201903/2.html

 社会にとって「対話」の重要性が強調されてきているように思えます。

 学ぶ事・働くこと・生きることの意味・目的・価値を改めて見つめ直す手段として「対話」していきませんか?

🔴参加対象者:年齢・性別・国籍等あらゆる条件は問いません。
      下記「対話のルール」を守っていただける方でしたら、どなたでも歓迎です。

🔴対話のルール:重要!!!
 その1 「議論」はしない
 その2 相手の意見を否定も断定もしない
 その3 年齢・性別・その他様々な社会的立場に関わらず、参加者はみな対等
 その4 個人及びグループ内の沈黙を歓迎する

🔴こんな方に来てほしい。
 ●UIJターンしてきたが、地域・職場・その他コミュニティにおいて話しが合う人がいなくて悶々としている方。
 ●異年齢・異業種の人としゃべりたい方
 ●職場や学校でコミュニケーションで悩んでいる方
 ●子育て中のパパ・ママ
 ●「対話」が気になった方
 ●ファシリテーターや講師を学びたい方
 ●「もう一歩踏み出したい!」と思っている方
 ●何か新しいことをやろうと思っている方

🔴主催者紹介

 佐藤 高彦

 1982年5月生まれ
 高校卒業と同時に喜々として鶴岡を飛び出したが、心境の変化を経て2016年3月に関東からUターン。
 庄内に地域貢献したい思いから、今後も様々な活動をしていきたいと思っています。
 その一環として、この「対話」の活動を通じ多様な方と交流していき、新たなコミュニティを作り、これからの時代に沿った新しい価値を作ることを大きな目標として掲げて活動していきます。

 ●個人参加型フットサル『個サル@庄内』主催者
  https://www.facebook.com/groups/142457189745943/

 ●2020年ラン伴庄内 実行委員長
  https://www.facebook.com/dfc.runtomo/

 ●映画『蹴る』上映実行委員・・・2020年GW明け頃に鶴岡で上映予定です
  https://www.facebook.com/kerupictures/

_______________________________________________

 星野 聖

 2018年4月に18年生活した東京からUターンで地元鶴岡の羽黒町へ。
 東京では主に会社員生活を通し、その中でも人を動かしていく組織づくりの面白さや大変さを学びました。
 Uターン後は、実家の宿坊での山伏修行に携わりながら、多くの方の多様な生き方を見て、ここ庄内でも何か出来る事をと考え、「対話の場」を開催することでその人が自分らしく生活できるようにとの願いからこの会を発足させて頂きました。
 多くの方と交流を持ち、多様な考え方を知る中で自分自身の学びの場としても活動していければと思っております。

 FBアカウント=https://www.facebook.com/takashi.hoshino.9404

_______________________________________________

 伊藤 野々美

 鶴岡市出身、2児の母。
 4世代同居のお嫁さん。
 高校卒業後、県外で専門学生、接客業を経験し、地元に戻り結婚、出産。
 5年間専業主婦で子育てを満喫。社会復帰し、現在は仕事と子育てに奮闘中。
 仕事と家庭・子育て、こなせなくはないけど、時間に追われモヤモヤ。「対話」に出会い、自分にとってなにが大切か考えるきっかけをもらう。
 庄内にコミュニケーションを学ぶ場を増やしたい、心の孤独な人を一人でもなくすべく活動を開始。

 2020年よりマザーズコーチングスクール
 マザーズティーチャーとしても活動を開始。
 https://motherscoachingschool.com/

_______________________________________________

この活動は決して単発のイベントにすることなく、継続して行っていきます。
自身の「思い」を「対話」という手段で表現し合いましょう!

イベント概要

日程:2020年1月18日(土)
時間:14:00~17:00
会場:まちづくりスタジオ鶴岡 Dada 3階研修室  鶴岡市本町1-7-45
参加費:大人1000円、学生500円、中学生以下無料
募集人数・定員:20人
申込方法:facebookを利用している方は当イベントページにて『参加予定』をクリックした上で、下記申し込みフォームよりお申込みください。

 https://forms.gle/fQMv8rqq75f5NJ9U7

facebookを利用していない方は、そのまま上記申し込みフォームより申し込みをお願いします。
問合せメールアドレス:ts_foot11@yahoo.co.jp

主催:「庄内で対話を」実行委員会
URL:https://www.facebook.com/events/1047264832304548/