%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%ac%e3%82%bf

今回のスジェールバーのテーマ

今月のテーマは、米沢市民のソウルフード・義経焼き!

義経焼きは、羊肉を薄くスライスし、野菜と一緒に、豪快に焼いて食べる美味しい焼肉です。

米沢ではみんな食べるのに、米沢市民以外にはほとんど知名度ゼロなふしぎなろーかるフーズ(発祥の地、なみかた羊肉店さんのコメント)

米沢にゆかりのある皆さん、一緒に義経焼き食べましょう〜!

持ち込みも大歓迎です〜!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◯SUGER BAR(スジェール バー)とは?

ひと月に一度、毎月第3火曜日に田園調布駅から徒歩2分のカフェ「SUGER COFEE」に現れる、【首都圏在住の山形と関わって何かしたい人たちの「部室」】です。

「誰かの山形と関わるアクションを、みんなで支えていく」をコンセプトに、飲んで交流しながら「山形と関わるアクション」を実現・応援する「未来志向型の山形県人会」です。

これまで、山形県内の空き家をなんとかして欲しいという県内在住の方の声をこの場で共有し、山形へのUターンして独立を検討している参加者の方が、現場を視察に行った、とか、【自分にプラスになる、山形と関わるアクション】のきっかけやそのための情報交換が生まれています。

「県外にいるんだけど、山形と関わりたい」という方、その想いを、仲間と共有し、あなたも、山形に対する想いをカタチにしていきませんか?

「考えてるモヤモヤを前進させたい」という方は、スジェールバーでまずはいろいろ情報交換していきましょう!

みなさんのご参加、ゆるりと部室で待ってます~!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【これまでに、こんな方が参加しました!(述べ約300人)】

・山形好きな学生

・庄内出身神奈川で働いている会社員

・山形ネタに起業準備中会社員

・Uターンして独立視野の会社員

・東京の仕事を山形にニアショア開発でもってきたい会社員

・自分は東京生まれ、奥さんが山形出身の社長

・菅井さんの幼馴染み、親戚笑

・実家の空き家・田んぼが気になっている人たち

・県人会には年齢層が高くてちょっといけない人

・来年には庄内にUターンするぜって人

・来月山形にUターンするって決まっている人

・Uターンするつもりはこれっぽっちもないけど山形すきな人

・九州出身なんだけど、芋がすきで芋煮のフレーズに惹かれてきた人

・出身は山形じゃないけど、昔山形に住んでたことがある人

【こんな人にオススメ◎】

・なんか山形と関わっていたい人

・東京で、山形に対して何かアクションを起こしたいけど案がない(汗)人

・山形と関わるやりたいことがあって、その協力者が欲しい人

・上京○年目。もっと山形出身の知り合いを増やしたい人

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【会場について】

SUGER COFEE

マスターの菅井敏之さん(朝日町出身)は、元メガバンクの支店長で、カフェを営むかたわらアパート経営も手掛ける「資産活用のプロ」。著書『お金が貯まるのはどっち』(http://www.amazon.co.jp/dp/4776208229)はなんと40万部のベストセラー!(これは山形県出身者では藤沢周平、井上ひさしに次ぐ大記録だとか…!)

「ここを、山形にゆかりのある人の”居場所”にしたい」という菅井さんの声がきっかけで「SUGER BAR(スジェール バー)」はスタートしました。

 

イベント概要

スジェールバーvol.18 米沢市民のソウルフード義経焼で忘年会!

【日時】2016年12月20日(火)18:30〜22:00頃(途中参加、途中退出OK)

【参加費】

・学生/24歳以下の社会人 1,500円

・社会人(25~39歳以下) 2,000円

・社会人(40歳以上)3,000円

【会場】

SUGER COFEE

東京都大田区田園調布2丁目51-7(東急田園都市線 田園調布駅 徒歩2分)

http://www.sugercoffee.jp/

https://www.facebook.com/SugerCoffee

【参加申込】

どちらかの方法で申込下さい。

①Facebookイベントページで「参加する」ボタンを押す

②以下リンク先より申込する(1分で終わります)

http://bit.ly/1KcO72z

主催:SUGER COFEE

共催:ヤマガタ未来ネット、ヤマガタ未来ラボ

※ヤマガタ未来ネット・・『県外で、未来志向で山形のことを考え、”山形と関わって何かしたい”という思いを行動を起こすためのコミュニティ』。県外在住の山形にゆかりのある・想いがある仲間たちと、一緒に語り合いながら継続的に山形のことを考え、向き合う”部室”です。