自然が溢れた山形で生まれた日本食

連日暑い日が続きますね。山形はここ最近、30度越えの真夏日が続いております。今回はUターンする方よりも、Iターンして来た方に知って欲しい夏の代名詞になっている一品の紹介です。


山形のだし

山形のだし山形県外の方ですと「”だし”って何の出汁の事?昆布?かつおぶし?」
の様な反応をする人が殆どな気がします。私も隣県出身ですが山形のだしの話をした時、会話のキャッチボールが繋がっていませんでした。


”山形のだし”とは薬味の香りが引き立つ野菜を使った郷土料理です。水分が豊富なキュウリを主に使用する為、体温を下げる効果があると言われており、夏になると各ご家庭で作られたり、飲食店では夏限定商品としてお蕎麦にかけられてでたりします。食べ方は、白いご飯にかけたりお豆腐にかけたり…そうめんにも合いそうですね。

「今日は暑くて食欲ないわー。」「豆腐そんなに好きじゃないんだよねー。」という方にお勧めです。こちらのだしは、山形県外でも材料が揃えば作る事が出来ますので、作り方をweb検索してチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

●山形には他にも美味しい食材や郷土料理が多々あります。検索してみてけろ~。●
おいしい山形ホームページ

記事をシェア

小木田裕子

ライター情報

小木田 裕子