東京・秋葉原にあるアートスペース 3331 Arts Chiyodaにて開催された「3331 EXPO」にて、フードブースに出店して、玉こんにゃくを販売してきました!

イベント概要はこちら

 

 

この取組みは、Ur-turn活動の1つ、として、Ur-turnメンバーが大活躍!

私にも出来ることで、山形盛り上げたい!という首都圏在住の若者が、「いま自分に出来る地元応援」それが、Ur-turn活動です。

 

本日は、鶴岡市出身のみゆと、庄内町出身のりさが参加。

以前も参加した事のある2人ですが、2人が店頭に立つと飛ぶように商品が売れるという神なスタッフ。

今回も、楽しく参加してくれたようでした。

 

 

 

デザインが出来るクリエイターのUr-turnとしては、こんな方法もあります。

グラフィックデザイナーで、イラストが得意な鶴岡出身のなおちゃんは、こんなオシャレな玉コンポスターをつくってくれました!

 

 

 

 

 

 

玉こんにゃくの評判はというと、やはり都会の人にも大好評!

3回以上リピートして購入して下さるお客様もいるほど!しょうゆが少し多かったみたいで、最後の方は、色が濃すぎてグロテスク…という事態に陥ってしまいましたが、味がしみてて美味しい!というお声を沢山頂きました!

 

 

玉こんにゃくと共に販売したのが、東北に若者の雇用をつくる(株)の『出羽三山銘菓 黒かすてら』

その名の通り、雇用をつくるのが目的の商品で、商品を購入する事で、山形の雇用・若者の雇用が促進されます。

 

 

 

こんな雰囲気で、定期的にUr-turnイベントを開催しています。

首都圏でur-turn活動する事に興味がある方は、こちらからUr-turnメンバー登録を行ってください!メンバーになると、山形が好きな気持ちを行動に移す活動的な友達が出来ますよ♪

 

 

 

 

記事をシェア

田中麻衣子

ライター情報

田中 麻衣子

1984年山辺町出身。新卒で山形での就職後上京。求人広告営業を経て、2012年ヤマガタ未来Lab.をOPEN。東京と山形行ったり来たり。あがすけ。山形...