• HOME
  • マイプロ部in鶴岡/マイプロ部in酒田 2016

鶴岡食文化女性リポーター企画「ばばごっつぉ調査大作戦」

in鶴岡
鶴岡食文化創造都市推進協議会 難波可奈子さん

鶴岡食文化創造都市推進協議会
難波可奈子さん

企画者のプロフィール

1984年神奈川県生まれ。2013年12月結婚を機に鶴岡市へ移住。鶴岡に来て一番驚いたことはやはり「食」!「季節の巡りに合わせ、その時の旬のものを手間暇惜しまず楽しむ文化」に日々感動しています。現在は、多彩な食文化を次代に継承するとともに、食関係産業の振興に取り組むことを目的に、産・学・官・民の連携のもと設立された「鶴岡食文化創造都市推進協議会」で事業推進員として「鶴岡の食の魅力発信」に従事しています。 http://www.creative-tsuruoka.jp/

鶴岡でこんなことやってます(やろうとしています)

ユネスコ食文化創造都市に国内で唯一認定されている鶴岡市。鶴岡の食文化には、「海あり山ありで多種多様な食材が育つ豊かな環境」「山岳信仰の中に根付く食文化」「昔から受け継ぎ守られてきた在来作物の豊富さ」など様々な特徴がありますが、根底にあるのはやはり、『各家庭で「郷土食・家庭の味」がしっかり継承されてきている』ということが大きいです。しかし、残念なことに時代の変化とともに、その根底が揺らいでいるのも事実。

鶴岡食文化創造都市推進協議会では、平成23年から「鶴岡食文化女性リポーター」という、一般ではなかなか経験できないような食に関する独自企画を体験した女性が、SNSで体験レポートを発信し、鶴岡の食文化の魅力を伝えることで、鶴岡市民に食の作り手(生産者、料理人)の思いを伝える事業を行ってきましたが、昨年度からさらに踏み込み、「なくなってしまいそうな食文化の掘り起し・継承」をテーマに活動し、昨年は第1弾として、30年前の漬物「あば漬け」を復活させました。

今年度、「鶴岡食文化女性リポーター」の事業の一環で、「なくなってしまいそうな食文化の掘り起し・継承」をテーマに、“ばばちゃんたちが作るお料理が、忘れ去られてしまう前に掘り起して、もう一度光を当てよう!”という事業「ばばごっつぉ調査大作戦」を行います。

ばばごっつぉ調査大作戦は、広域であるが故、各地に残る食文化も様々な鶴岡市各地のばばちゃんから「昔はこげして食ったなだぁ(昔はこうやって食べたんだ)」というお話を伺いながら素材探しをして、その中から特徴的なものを「○○復活プロジェクト(作って食べてみる会)」として取り上げることで、多くの市民に知ってもらおうという事業です。

マイプロ部に参加する人に手伝って欲しいこと

ばばごっつぉ調査大作戦の活動内容や、鶴岡の各地に伝わる郷土食・行事食の情報を集めるWEBページを、SNS(Facebookなど)で開設し、鶴岡市全域の一般の方からの情報を集めたいと考えています。
(単なるレシピ投稿サイトではなく、その料理の背景にあるものや地域性が垣間見れるようなもの。投稿に対して、「うちのほうではこうだ」と活発にコメントが飛び交うのが理想。情報収集・情報発信の両方を担う)
この市民参加型ページでは、将来的には「各地の郷土食について情報が勝手に集まってくる。この活動に賛同してくださる方(情報提供者・情報発信者)が増えている」「各地のばばごっつぉの情報が集まり、アーカイブ化できるようになる。(将来的に小冊子制作)」「市民が投稿サイトのことを知っている。SNS利用者が自分のばばちゃんや近所の方から「昔の食」について話を聞いて、積極的に投稿してくれるようになる。」ような状態を目指したいと考えています。

より多くの方から情報を収集するにはどのような方法が効果的か??この活動や「鶴岡の食文化」のことをもっと市内外の方に知って頂く為にはどのような方法が効果的か??など、SNSを活用したこの取り組みの広げ方や各地のばばちゃんとの人脈構築についても、一緒に考えて欲しいです!

このプロジェクトのイチオシポイント

食好きな鶴岡人と交流できる!女性リポーターは食に感心のある方ばかり!また、食をナリワイとしている方も多く活動しています。たくさんの方と交流できるチャンスです!

鶴岡の食文化に触れることができる!このプログラム終了後も、ご本人もリポーターとしての活動していただくことも、大歓迎です!是非直に「鶴岡の食文化の継承」を一緒になって盛り上げて頂ければ嬉しいです。

ご自身のスキルを発揮する場に!アイデア、情報発信が得意、イラストやデザインが得意、文章を書くのが好き、など。ご自身のスキルを活かして、活動の場を広げていただきたいなと思っています。

難波さんから鶴岡に関わりたい人へのメッセージ

鶴岡に来ると、驚くべき「食文化」がたくさんあります。それぞれの地域に根差しているため、同じ鶴岡といっても、その土地土地で本当に様々。移住者の私も、今でも驚きの連続です。「地域と食」に感心のある方は、その魅力に虜になってしまうはずです。そんな「地域と食」の魅力をどう発信するか。これがこのプロジェクトの最大の課題です。そこに皆様のお知恵・お力を貸していただければ嬉しいです。そしてそれが、皆様のUターンやIターンのきっかけの1つになれば、嬉しいですね。

新しい発想が加わることで、これまで、鶴岡の食に興味のなかった方々に響くような情報を発信できるようになれば嬉しいです。

マイプロ部2016「ばばごっつぉ調査大作戦」
マイプロ部2016「ばばごっつぉ調査大作戦」
マイプロ部2016「ばばごっつぉ調査大作戦」

あなたの「ヤマガタ未来ラボ」マイページを作成しよう

新規登録