家族の看病や近くにいたいと思うようになったり、結婚や子育て、転勤・転職をきっかけに、山形県内へのUターンを検討している方。

特にきっかけはないけれど、ずっと都会に住み続けるつもりもない、いつかは山形にUターンIターンしたいと考えている方。

「山形の両親、実家の墓・田畑が気になり始めた」

「好きになった人に、一緒に山形で暮らさないかと言われてどうしようか悩んでいる」

現在、首都圏で暮らしているけれど、「山形県」もしくは「地方」のことが頭をよぎって1人モヤモヤを考えている方というのは、このような想いを持っているのではないかでしょうか?

お盆に帰省した時に、両親の背中が小さくなっていることに気がついて、もう両親は若くないんだな、と感じて、「これからの自分の生き方・働き方」について考えても、東京の会社の同僚や先輩はなかなか相談出来ないし、山形出身・在住の友達に相談しても理解されなかったりして、「やっぱり山形に帰るっていうのは、厳しいんじゃないかな?」と諦めたりしたり、モヤモヤしている方も多いのではないでしょうか。

山形県UIターン転職セミナー&ワークショップ

日々、UIターンのサポートなどを行なっている中で、モヤモヤを解決方法として適切だと感じる方法があります。

それは、「一次情報を得る」ということです。

 

一次情報とは、自分の目で直接見て、聞いて、肌で感じる、など、自らが仕入れた情報のこと。

「机上の空論」は役に立たないと言われるように、何か大切な意思決定をする時には、現場の情報が大切だ、と良く言いますよね。それと同じで、人から伝え聞いた(WEB/本/TVなど)二次情報とは違って、自分で直接仕入れた情報というのは、何かを判断するためにはとても信頼出来る情報になるのです。

都会から山形県へのUIターンは、多くの人にとっては一生に一度の大きな意思決定です。

どんな形でも良いので一次情報を獲得することをオススメしますが、一次情報を得るのに一番良い方法は、山形県に行って、現場の空気を感じながら話を聞いたり、体験したりすることです。

しかし、実際に山形に行くって交通費はかかるし、転職先を体験するっていうのもなかなか出来ることではないですよね。

ですので、山形県に本社を置く多くの地元企業と日々向き合っており、山形県内で働きたい人の転職サポートを行なっている私たちが、「山形で転職すること」についての情報をお伝えします。

6957_thum

 

「雇用情勢ってどうなの?」

「山形にはどんな仕事がある?」

「自分のこれまでの経験が活かせそう?」

「山形で働いたことないから、どんな感じなのか全然イメージわかない」

「魅力的な仕事ってあるの?」

など、沢山の「UIターンの疑問や不安」をプロにぶつけてみませんか?

 

きっと、1人で考え続けているよりも、視界が開けると思います。

自分自身の考えを深めるワークも行いますので、これからの自分の人生について、考えてみませんか?

 

 

山形県に、「あなた」の(やりたい)仕事はあるのか?

「山形には仕事がない」と誰しもが言います。

でも、求人倍率はバブル期を超え、山形県の企業は人材を採用したいと躍起になっている企業が多いんですよ。(2017年9月29日現在)

しかし、「選ばなければ仕事はあるだろうけど、でも自分のやりたい仕事はない」と、よく言います。

確かに、都会と比べたら仕事の数も種類も少ないので、仕事が沢山あっても「あなたのやりたい仕事」があるとは限らないでしょう。

では、あなたのやりたい仕事ってなんですか?

その「やりたい」の内容によっては、山形県にもあるよ!ってなるし、残念ながら山形県にはない、という結果にもなります。

「山形県UIターン転職セミナー」では、これまで100人以上の山形へのUIターン転職をサポートしてきて、日々山形県内の企業さんと話をしている私たちが、山形県の仕事・会社にはどんな特徴があるのか。どんな人がUターンには向いていて、どんな人には向いていないのか。などについてはお伝えします。

そして、あなたのご経験や今後のやりたいこと等をお伺いして、山形での働き方について上手くいくための考え方や行動の起こし方、「やりたい仕事が山形にあるのか」をお伝えすることが出来ると思います。

 

 

これまでに参加した方の声

・自身のUターン転職の課題が可視化できた。自己分析と求人情報のチェックを早速始めたいと思います。東京に残るか、それともUターンするかその方針を定めたいです(30代女性)

・自分の考えは少しまとまった気がする。早く帰りたいと思う(30代男性)

・自分以外にも悩んでいる人の考えを聞けてよかった。早め早めに行動することは大切だと思った(20代女性)

・自分の悩んでいることを書き出すことで、頭の中が整理できたと思う。自分だけが悩んでいるわけではないと知れたことも収穫です。自分の足を使ってどんどん活動していきたいと思います(20代女性)

・自身が次にやるべきことを把握できた。山形のおおまかな就職情報を得られて参考になった(30代男性)

・自分の考えや現状を見える化していくことの必要性を感じた。他の人の話しを聞いていく中で、自分の考えを見直す機会になった。自分自身について再度整理してみて、いつ山形に帰るか、今の会社で働き続けるのかということを考えていきたい(30代男性)

・大変役に立ちました。Uターンに対する考えが変わった感じがします。一緒に参加された方の意見も聞けたことも大きな収穫でした。(30代女性)

講師:株式会社キャリアクリエイト 人材コンサルタント佐藤広一

1965年生まれ。大学卒業後、山形県内の銀行に入行し、18年間で営業店での営業、本社人事や経営企画などを経験。銀行員時代に扱っていた「お金」と同様、人が心から大切にしている「人材」のキャリア支援に携わることを目指し、キャリアクリエイトに入社。銀行業界で18年、人材紹介業界で9年、企業と人をあらゆる情報角度からウオッチし、見立てる。そして判断し行動するプロとして培った、「目利き能力」を最大限に駆使して皆さんの課題解決のために提供できることが強み。

41f58990c803f2e4ce07d5f311395c2d

 

メッセージ

「「帰ろうかな、どうしようかな」モヤモヤしたまま時間だけが過ぎて、気づいたら帰りたくても帰れなくなってし まうという方も大勢います。ここですぐ決める必要はないけれど、悩んだままいつのまにか“時間切れ”になる のはきっと寂しいでしょう。悩んでいるあなたが、次の一歩を踏み出す機会に、きっとなると思います。

 

帰るために動き出すのも良し、帰らずに頑張ることを決めるのも良し、です。お会いできるのを楽しみにしています。」

 

 

 

 

株式会社キャリアクリエイト UIターンコンシェルジュ田中麻衣子

1984年生まれ。”実は知らないことが多い「山形のいま・人」が知れる”&”「これからの山形との関わり方」を考えるきっかけが得られる”WEBメディア「ヤマガタ未来Lab.(ラボ)」を運営し、首都圏でのUターン・転職相談や、山形県にゆかりや想いがある人が集まるコミュニティでの企画など、県外と山形県内をつなぐハブとなる活動を日々行っています。山形と関わる人が「一歩踏み出す」ためのきっかけを数多くつくり、「あなたらしく山形県と関わってアクションを起こす」ためのサポートを行っています。

株式会社キャリアクリエイト UIターンコンシェルジュ田中麻衣子

 

 

 

山形県UIターン転職セミナー概要

【日時】:2017年10月21日(土) 13:00~16:00

【会場】ビジョンセンター東京 705号室
(東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビル)

・JR東京駅 八重洲南口 徒歩2分(地下街4番出口 徒歩1分)
・東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口徒歩3分(京橋エドグラン 8番出口 徒歩2分)

■アクセス:https://www.visioncenter.jp/tokyo/access/

 

【Uターン転職セミナー内容】
セミナー&ワークショップ内容
1・UIターンをめぐる人の動き
──山形県への転出入人口/UIターンのタイミング
2・山形で働く環境の理解を深めるセミナー
──山形県の産業構造/給与水準/会社の特徴/求人一例紹介/Uターン転職事例/転職先を見つける手段
3・考えを深めるワークショップ
4・個別相談タイム

【持ち物】:筆記用具(楽な服装でご参加ください)

【お申込み】:セミナー&ワークショップへ参加ご希望の方は、下記の申込フォームよりお申し込みください。
※山形県へのUIターンの意思が固まっており、個別の面談を希望される方は「面談会に申し込む」ボタンよりお申し込みください。