16406552_810177735802742_5693083212375303995_n

【9月】大聖坊山伏修行 平成29年:
山形県庄内地方に、今も生きる山伏修行。

現世、あの世、来世を象徴する三山をめぐり、
「死と再生」を体験。
神仏習合を目する星野文紘が先達する。

______________
参加申込みに当たり、
FBイベント上での参加表明に加え
申込みフォームリンク先から
必要事項を入力のこと。
https://goo.gl/forms/f5kLuziaKM0rFV8u2
______________

一、参加資格者:月山等の山がけに耐えられる人
       (性別、年令は問わない)
一、期日 9/16土~18月祝(2泊3日)
  1日目13:00集合~3日目14:00~随時解散
  他全5日程:
  7/8土-9日(出羽三山夏山参拝とプチ山伏修行)
  7/15土-17月祝、8/4金-6日、
  8/18金-20日、9/16土-18月祝

一、申込締切 催行日初日3日前
一、定員 30名
一、参加費 32,000円
 ※要事前振込み:振込先案内別途。
  行中の食費・宿泊費・保険料・消費税など込み。
  大聖坊までの交通費は各自負担。
一、行場 大聖坊・羽黒山・月山・湯殿山
一、先達 羽黒山伏 星野文紘( 山伏名 尚文 )
一、主催 大聖坊

______________
一、申込先:
1 専用フォームから申込むこと。
https://goo.gl/forms/f5kLuziaKM0rFV8u2
□申込時必要事項
 [1]参加日程、[2]名前、[3]よみがな、[4]性別、
 [5]住所、[6]生年月日、[7]連絡先(携帯+緊急連絡先)、
 [8]アレルギー,既往症、ほか

2 Facebookユーザーは、
   大聖坊:山形県出羽三山の宿坊FBイベントに「参加」表明のこと。
 (なお、 FBイベント「参加」表明は非公開設定してあり
  他の人には見えないようにしてあります。)

3 参加料を事前振込のこと。
  ※振込先はフォーム入力者に別途案内します。

一、必携品
 下記の持ち物を必ず持参すること。
 修行中は、山伏装束(白の装束)で行動。
 杖と装束は貸与。夜間は宿坊泊。
1:雨具
  ”上下”別の雨カッパ。登山用雨合羽が適。
  傘・ポンチョは不適
2:リュック
  月山登拝時使用。両手が使える様
3:防寒用衣類
  長袖Tシャツ、ベスト、フリース等、
  白ベースが良。他色でも差し支えなし
4:地下足袋、登山靴、またはスニーカー
  山登り等で、普段履き慣れたもの。汚れて良いもの。
5:靴下 数枚
  長め、ひざ下までの物が適。
6:ペットボトル または水筒
 (500MLペット2本)
7:タオル、バスタオル数枚
 (滝行・温泉入浴時に使用)
8:女性は白いTシャツを3,4枚
 (滝行時)
9:日焼け止め、虫除け
 (蚊・虻対策:必要な方)
※滝行は男性は褌(提供)。
 女性は白装束、Tシャツ着こみで行う。

一、行中に持ち込み禁止
 嗜好品、カメラ、録音機器、ラジオ、
 携帯電話その他これに類するもの。
______________
❏御札
おみやげとして、お守り、御札を月山山頂で求めらます。
また、宿坊で自身に御祈祷札をさずけます。
所縁の方への御札も申し受けます。
※宿坊は山から御札の発行を認められております。
______________
❏アクセス
 羽黒までのアクセス(羽黒町観光協会)
http://hagurokanko.jp/access.html
以下、JR鶴岡駅→大聖坊のアクセス。
・バス:
  JR鶴岡駅前バスターミナル 庄内交通バス乗り場より
  「羽黒山頂」行き
  停留所「桜小路」下車:所要時間約40 分
 バスで来た道を2、3分徒歩で戻った左手が大聖坊
  http://www.shonaikotsu.jp/local_bus/time_table/t10_haguro.html
・タクシー:
所要時間約30 分、料金約4,500 円
・車でくる者は宿坊裏の駐車場に。
駐車場案内: http://goo.gl/dsbtB

______________
❏前後泊
 大聖坊へは前日入り・3日目の宿泊も可能です。
 1泊2食:8,000円
 申込みは大聖坊まで直接連絡ください。0235-62-2031

______________
❏キャンセル料
修行1週間前からのキャンセルについては、
キャンセル料が発生します。
1週間前以降:30%
3日前:   50%
2日前~当日:100%
キャンセル返金については、
キャンセル料、振込手数料を引いた金額を、
振り込み戻します。あらかじめ了承ください。

______________
❏よくある問合せへ。
よくある問い合わせに対する答えを以下記します。
まず、修行であることが大前提ということ。
世俗を離れ、今その場に身をおけるように。
意味ある場となるよう、各位も勤められますよう。
詳細は以下。(大聖坊のウェブサイトへ。)
https://goo.gl/QGpQ1Y
______________

❏問い合わせ
大聖坊山伏修行担当  加藤丈晴・福井今日子
電話: 090-2981-7251:
メール: daishobo.yamabushi@gmail.com