lineup_037

 

山形エクセレントデザイン奨励賞を受賞する箱屋!?

富士紙器は、およそ50年前、現在の場所につくられた。当時、周りには何もなかった。昔は、ダンボールなどなく、木箱で物を運んでいて、その木箱を作っていたのである。その後、ダンボール登場により、ダンボール箱を業務に加え、現在は、ダンボールや板紙(厚紙や薄紙)の箱や梱包材を主につくっている。

しかし、ただの箱屋ではない。起死回生の一手にダンボール製こども椅子の猫田君を制作。猫とおじいさんのストーリーで子どもたちに大人気!人気の為さらバリエーションを増やし、全4種類を制作販売している。それだけではない。テントリサイクル生地を使った、ダンボールバッグまで制作した。

そんなアイディアマンの親方は、富士紙器専務取締役、瀬川宗穂(せがわ むねお)。親方から、仕事の楽しみ方を学び、仕事の醍醐味やこだわりを聞くことが出来る。

 

2014-08-28_10-31-09_935

 

箱つくるもののふ仕事の流儀

親方である瀬川宗穂は、山形大学工学部出身。その後、学校の近くの会社に勤め始める。30歳になったら辞めようと思っていたので、30歳になり会社を辞める。ちなみに「50歳になったら会社を誰かに任せ、猫田君を売り歩きながら全国を放浪したい!」という夢がある。

会社を辞めた宗穂が、家業の箱屋に戻り、そこで見たものは「合理的でない、無理のある職場環境」だった。そこで、宗穂は、新たな道具やしくみを考案。作業がとても楽になり、従業員に笑顔が戻った。

戻った当時の箱屋の状況は、借金があって機械がない。そこで手作業の仕事を取り、借金を返済する。そんな折にリーマンショックがあり、どこの業者も大型の機械の導入を渋っている時に、「どこも買わないならウチが買おう!」と、大型の機械を導入。一気に売り上げを伸ばす。

他人とは違う道を歩み続ける宗穂は、チャレンジャーという言葉が似合う。親方宗穂から、仕事に対する心構えや、ピンチや逆境に負けないノウハウを学ぼう。

 

2014-08-28_11-52-24_177

 

猫田君を超えるヒットを生み出せ!

瀬川宗穂にとって、仕事とは?「お客さんを喜ばせる事」である。

「お客さんがが喜ぶと自分も嬉しい。「何がやりたいかわからない。」という言葉を聞くことがあるが、何もやってないとわからない。とりあえずやってみる。若いのであればチャレンジしてみる。失敗は大丈夫。そうすると自然と何がやりたいかわかってくるものじゃないかな。」と宗穂は言う。

宗穂はチャレンジ精神の塊。富士紙器は2013年、仙台で「necota」という、猫田君を販売するチャレンジショップにも挑戦する。そして、「aGarey]という山形の芸術大学と企業が連携したプロジェクトにも果敢に参加し、2014年1月にはパリの「メゾンエオブジェ」と言うパリの展示会にダンボールバッグ、dan-bowl、megafoneを展示し、好評を得た。新聞、雑誌、業界紙など、メディアに取り上げられる事も、しばしば。

富士紙器で、宗穂と製品開発が体験できるチャンスがここにはある。デザインを考え、プロトタイプを制作する。絵が苦手な人も大丈夫。富士紙器の優秀なデザイナーに相談しよう。ひょっとすると、あなたの考えた製品が、大ヒットするかもしれない!あなたは何をつくるのでしょうか?

 

kony

パリでの「メゾンエオブジェ」という展覧会での様子

 


スケジュール

10:00 漆山駅集合
10:15 オリエンテーション
1)自己紹介 2)仕事の説明 3)体験の流れの説明・注意事項
 11:00 仕事体験①
1)段ボールのバリ取り 2)質問あれば随時
 12:00 ランチミーティング(食事をしながら)
1)親方の想いを聞き、参加者の想いを話す
 13:00 仕事体験②
1)製品開発体験 2)質問あれば随時
 17:00 体験のまとめ
1)仕事の講評 2)体験の感想 3)働いている姿で記念写真
17:15 漆山駅解散、体験終了!

 

この体験でできること

(1)商品開発してみよう

富士紙器で、商品開発してみよう!オリジナルの段ボール商品を開発します。デザインから、プロトタイプ制作まで体験します。アイデアが浮かばなかったら親方以外の従業員さんに聞いてみるのも吉。合言葉は、「猫田君を超えるヒットを生み出せ!」あなたの作った商品が世の中に出回るかもしれません!実際に製品になった場合、開発者として、商品をひとつもらえちゃいます。(商品化を約束するものではない事を、予めご了承ください。)

(2)大ヒット商品ダンボール椅子「猫田君」がお土産に!th

親方に弟子入りしたという証拠・思い出に、ダンボール椅子「猫田君」がもらえちゃいます。椅子としての使用の他、踏み台や、インテリア、頭にかぶる事もできる優れものです!友達に「実は、箱やに弟子入りしたことがあってさー」と、自慢しちゃいましょう!

(3)チャレンジ精神について学ぶ

宗穂さんは、箱屋なのに、こども椅子を作っちゃったり、パリの展示会やデザインフェスタという東京のアートイベントに出展したり、仲間とクラフトのマーケットを作って毎月開催したり、、、挙げ出せばきりがないほどのチャレンジをされています。アイデアマンに憧れる方は、一度、親方の弟子になりましょう。

◆こんな方にオススメ!◆
・商品開発をやってみたい方
・仕事で悩んでいる方
・アイデアマンになりたい方

 

体験した方の感想
お話を聞いたり、商品開発に時間をかけてマーケティングに悩む事は楽しかったです。今後の勉強になりました。他にも、親方ご夫妻とお話しする機会が出来(お昼御飯時ご夫妻に実家秋田と山形の比較の話しをしたり芸工大生の話をしたり、商品開発時に奥様からのアドバイスがあったり)、現場で働いている方の雰囲気や人柄を知る事が出来たのは大きかったです。なんか、商品を見ただけでは知ることのできない、バックヤードで頑張っている人の事を知ると好感が持てるんですよね。(29歳女性Y・Kさん)

 

体験にあたっての注意事項・応募条件など

(1)応募条件について

・18歳以上の方

 弟子入り内容 箱をつくるのではない、夢をつくるのだ!アイディアマン宗穂との商品開発
 期間 1日間(山形県山形市)
ご予約日は3週間以上先の日程でお願いします。
(日程は受入先と相談の上、決定いたします。)
※体験日は申込み時に第1希望から第3希望まで自由にご指定下さい。
※開始時間・終了時間は調整可能です。お気軽にご相談下さい。
参加費 モニター価格 6,480円 (定価12,960円)
(税込、昼食代、お土産代を含む)
※モニター価格の為、アンケートに、ご記入いただきます。
弟子入り先 有限会社富士紙器

弟子入りホリデー_申し込みフローチャート

 お申込み・お問い合わせ(お気軽にご相談下さい。)

体験する仕事
日程
参加人数
姓名
ふりがな
年齢
出身地
電話番号
メールアドレス
職業
業種
職種
質問・不明点
この体験に期待すること・求めること・経験したいこと
受入先に聞きたい事

 

プログラム代金について:
●プログラム内容によって、食事の有無が異なります。詳細を確認してください。
●受入先までの交通費は含まれておりません。

●お申込みのキャンセルについて:
●プログラム参加前日までのキャンセルで代金の50%、それ以降のキャンセルでは100%を、キャンセル料として頂いております。ご了承ください。