• HOME
  • 働く
  • 【米沢】壊れた車を直す『一生モノの技術』を身につける
働く

働く

米沢市・アビコ自動車工業で未経験からスタートできる「板金塗装に強い自動車整備士見習い」を募集中

今回は、手に職をつけたいと考えている人に是非見て欲しい求人です。車をいじることが好きな人に、アットホームな雰囲気の職場で働きたい人におすすめです。

 

山形県の米沢市。山形新幹線の山形県の玄関口であり、上杉家の城下町としても知られています。

6647

ここ米沢市に、昭和33年創業の歴史ある会社があります。

 

創業57年・米沢の老舗・自動車板金修理塗装の会社「アビコ自動車工業 有限会社」

自動車の板金修理塗装とは、自動車の車体(ボデー)を修理し、塗装すること。例えば、何かにぶつかるなど事故で変形した車体を元どおりにするために修理し、塗装します。

アビコ自動車工業有限会社は、事故にあった車の板金塗装・修理からスタートしました。

アビコ自動車工業

車が世の中にやっと普及しはじめたという時代に、山形トヨタで整備士をしていた創業者の安孫子さんが独立して、自宅の車庫からスタートし、今年で創業57年になります。

現在米沢市に約30社ほどある板金塗装工場の中でも、早くから事業を始めていたそうです。

アビコ自動車工業有限会社

現在は、創業者の息子の安孫子正彦さんが社長となり、米沢市中田町で、奥さんの安孫子広子さん、従業員の皆川さんの3人で会社を営んでいます。

「創業者である父は、元々山形トヨタに勤めていたから、そこに持ち込まれた事故車の修理を外注先として請け負っていた、それがこの会社のはじまり。それから40年経った今でも山形トヨタさんとはお付き合いさせて頂いています。

山形トヨタと40年以上付き合いがある会社ってのは、山形県ではなかなかないんじゃないかな。じいちゃんの代からずっとお付き合いさせてもらって、ありがたいなぁ。」

安孫子社長

そう話すのは、社長の安孫子正彦さん。社長の安孫子さんは、高校卒業後、仙台の大きな板金工場で2年ほど修行してから家業のアビコ自動車工業に入りました。この会社で20歳から41年間働いています。

事故車の板金修理・塗装に強みを持っている同社。その強みの源は、その技術力。

「元々この会社は、山形トヨタの下請けとして事故車の板金塗装がメインだったんです。高級車を扱うディーラーさんは、仕上がりの水準がとても高く、チェックがすごく厳しいので、それに応えようと板金修理・塗装の技術を磨いてきました。そうしたら、今度はそれが”アビコはいい仕事をするらしい”と保険会社さんに伝わって、ありがたいことに『保険会社の指定修理工場になって欲しい』とお声がけ頂いて、最近では、保険会社さんからお仕事をいただくことも多くなってきました。」

アビコ自動車工業では、保険会社やディーラーから持ち込まれた、事故にあった自動車の板金修理塗装や自動車修理・整備が仕事のほとんどを占めています。

その他、個人のお客様から直接持ち込まれる自動車の修理・整備や車検なども行っています。

 

壊れた車を直して、お客様に喜んでもらう。

板金修理・塗装とは、具体的にはどうやるのでしょうか? 工場には、下の写真のような事故車が持ち込まれます。

事故車1

「車体の小さな「かすり傷」程度の修理の時は、傷ついた部分のへこみを直して、パテ(下地のくぼみ、割れ、穴等の欠陥を埋めて、塗装系の平らさを向上させるために用いられる肉盛り用の塗料)で埋めて、その上に塗料を塗って修理します。

事故車2

こうやって修理するには、実は「技術」が必要なんです。例えば、バンパーの一部を傷つけたっていう時に、板金修理・塗装の技術がなければ、バンパー全部交換となってしまう。それだと修理代金が高くなってしまいます。

だけど、我々が持っているような板金修理・塗装の技術で修理すれば、バンパーを全部交換しないで済むので、修理代が3〜4割安くあげることが出来ます。そうするとお客さんも嬉しいじゃないですか。板金塗装の技術がお客様に喜ばれるのは、そうゆうところです。」

事故車4

「大きく破損している場合は、車体を修理して塗装する他に、ずれてしまっているエンジンを元の位置に戻したり部品を交換したりと整備も行います。」

社長の安孫子さんが、板金修理塗装の作業風景を見せてくれながら、そう話してくれました。

「事故車の修理は教科書がない。だから、大変だけど、やりがいがあります。『壊れたものを直す』という喜びがある。 だって、素人から見たら「こんなん直るんですか?」っていう状態の壊れた車を直すでしょ。修理すれば、高速道路を100キロとかスピード出して走っても、ブレーキかけたらぴたっと止まるようになるわけですよ。それはなかなかできる仕事じゃないのよ。

「壊れたものを直す」のが楽しい

自動車の板金塗装は、医者でいうなら外科医だよ。お医者さんは苦しんでいる人を助ける。それと全く同じなのよ。我々は壊れた車を修理して、お客様に喜んでもらうのが仕事です。」

 

 

先輩が、しっかり教えます。

入社したら、従業員の皆川さんに教えてもらいながら仕事を覚えていくことになります。

皆川さんは、置賜地方出身の41歳。ちっちゃい頃から車が好きで、 何かしら車に関わる仕事に就きたかったそう。

笑顔が素敵な皆川さん

「高校の同級生は大学進学する人が多かったけど、車関係の仕事に就こうと思って、高校を卒業してディーラーに就職しました。総務の仕事をしてだったんだけど、総務は合わねなって思って2年くらいで辞めました。そのあと自分の家族に紹介されて、この会社に入って20年になります。

トヨタの車の修理が多いけど、その他にも、いろんなメーカーのいろんな車に乗れますよ(笑)。仕事をしていて楽しいのは、やっぱり、壊れたものが直ったときの満足感・充実感かな。壊れたものを直すのが楽しい。」

仕事をする皆川さん

「人としゃべるのは嫌いじゃない。得意でもないけど、お客さんに対して車の症状の説明はしたりします。でも、お客さんの対応は、社長や奥さんがあいだに入ってくれることも多いので、安心してください。」

板金塗装が得意な安孫子社長

「さっきも言ったけども、板金修理塗装の技術って言うのは喜ばれるのよ。その技術は、誰か先生となる人に教えでもらわねど身につけることが出来ない。んだがら、しっかり教えます。板金修理塗装の技術は習得すると、一生のものになります。手に職になります。優秀な先生はここにいますよ(笑) 」

と、社長の安孫子さんは話します。

 

自動車整備士の資格取得を会社が全面バックアップ

入社してすぐは、自動車内の掃除や洗車など、簡単な仕事からスタートします。2週間〜1ヶ月くらい経って仕事に慣れてきたら、バンパーはずしやオイル交換、タイヤ交換などの仕事を担当していきます。

何事も基本が大事。これらがきちんと出来るようになったら、凹んだ自動車の車体の修理の方法を教えてもらって、板金修理塗装の基本となる部分を1年ほどかけて覚えていきます。

最初は掃除やタイヤ交換から

20年働いている皆川さんも同じようにスタートしました。

「自分も、5年位前まで働いていた入社20年、30年とかの大ベテランの先輩たちに、仕事を教えてもらいました。それで、入社して3年目に自動車整備士3級の資格を取って、8年目に自動車整備士2級の資格を取ったんです。

半年くらいかけて、整備士の資格を取るための講習に、週に1回仕事の勤務時間内に山形市内まで通いました。講習代も、資格試験受験費用も会社が持ってくれました。 私も丁寧に教えますよ!」

自動車整備士の有資格者は慢性的に不足しているので、将来的な安定にもつながるのではないでしょうか。働きながらイチから技術を学び、資格取得をサポートしてもらえる環境です。

工具

 

頑張りがちゃんと評価される仕組み。

仕事の始まりは、朝礼から。

普通、「社長」が社員にあれをやってこれをやってと指示するのを想像しますが、アビコ自動車工業は逆。

「朝礼で1日の段取りを確認するんですが、工場長の皆川が、社長の私に段取りを指示します。それを私は、はいわかりました、って聞くんですよ(笑)現場の工場長は、私じゃなくて、皆川なんですよ。朝礼では、今日はこの車とこの車を仕上げます、と今日の自分の目標を発言します。」

朝礼で社長は皆川さんから段取りを支持される

会社では、1日あたりの売上目標金額(工賃のみ)が決まっていて、それを目標に仕事をしていきます。「目標」と聞くと、=ノルマ・厳しいと連想する人もいるかもしれませんが、アビコ自動車工業には、目標を達成するために頑張りたくなる仕組みがあります。

「1日あたりの売上目標金額が決まっています。月末になって、1ヶ月の売上金額を稼働日数で割って、1日あたりの売上金額が目標金額を上回っていたら、5,000円の奨励金が出ます。しかも、これが2カ月連続で達成したら1万円。3カ月連続で2万円。4カ月連続で4万円と、倍々になっていくんですよ!笑

これまで最高額の4万円まで支給された実績あります。基本給とは別にですから、大きいですよね。この仕組みがあるから、もっと段取り良くやっていこうと頑張れます。」

修理する皆川さん

「あと、家族や友達とかを会社に紹介して、うちの会社で修理したりすると、かかった費用の5%が紹介料としてキャッシュバックされます。本当に小さな会社ですけど、福利厚生とかお金に関しては一般的な企業と変わらないと思いますよ。昇給も年1回ありますしね。」

 

仕事とプライベートのバランス

技術を身につけるなら、ディーラーなど大きな会社に行っても技術を身につけられる気がしますが、社長も入れて3人の会社で働くのは、どのへんが良いところなのでしょうか?

笑顔の皆川さん

「そうだなぁ、いろんな人といろんな話をしなくて良いところかなぁ(笑)。人間関係が気楽ですね。 もちろん、何百人も社員いた方がいいっていう人もいれば、ちっちゃいところが良いっていう人もいるから、一概にどっちが正解ってことではないけど、自分は気楽な方が良いからね。人が少ないと、話が通りやすいとも感じます。

今日は仕事が片付いたからって16時前とかに帰るときもたまにあって(笑)それも、小さい会社ならではかなぁ。普段も17:30の定時でだいたい帰ってます。ただ、冬場は事故が多くなる時期なので、残業が多くなるけど。それでも19時半頃には帰ってます。

うちは、毎週月曜日と隔週日曜日が休みなんだけど、月曜日の休みは子供が帰ってくるまで1人の時間を取れるので、良いよ。」と、皆川さんは話します。

車をお客さんのところへ持っていった帰り

「社長も、面倒見てくれますね。車をお客さんのところへ届けに行って、一緒に帰ってくるときとか、結婚する前は、彼女どうだっていうたわいもない話をして、気にかけてくれるんすよ。かと言ってあんまり踏み込んでも来なくて、いい感じな距離感です。」

 

どんな人と一緒に働きたいですか?

安孫子さんも皆川さんも、「壊れたものを直すこと」に仕事のやりがいを感じているようです。そんなお2人に、どんな人と一緒に働きたいですか?と聞きました。

「考える人と一緒に働きたいですね。事故車は毎回パターンが違うので、教科書がありません。だから、ここをこうやるといいかな?こうすれば直るんじゃないかな?と自分で考えながら作業をやっていかなければなりません。だから、そうゆうのが嫌じゃない人、好きな人と一緒に働きたいですね。

原因はここか?と考えて、それが当たって直ると、気持ちがいいもんですよ」

会社の仲間

「一生ものの技術を身につけていきたい人、一緒に頑張っていきましょう!」

 

編集後記

自動車整備士は、慢性的に不足している状況ですし、山形県は車社会です。板金修理塗装の技術も、自動車整備士の技術・資格も一生モノの「手に職」になると実感しました。

アビコ自動車工業は、資格取得を全面的にサポートしたり、頑張ったら頑張っただけ評価される仕組みがあり、人を大切に育てている会社だと感じます。だから、この会社で20年、30年と働き続けている(た)人たち(皆川さんや引退された先輩方)がいるのかもしれません。

まっさらな未経験の人が入ったら、20年前の皆川さんのように、技術を教えてもらい、資格取得をサポートしてもらって、経験を重ねて現在の皆川さんのように活躍していけるのだろうなと想像が出来ました。

 

社長の安孫子さんは、こう言ってはなんですが、チャーミングです。取材したとき、「このレッカー車、ボロボロだったのば、自分で色塗ったんだぁ。青くて、こんな車の絵描いてあるレッカー車とか、他さないべ?」と嬉しそうに話してくれる姿が、少年のようで印象的でした。

レッカー車と社長

あなたも、こんなアットホームな職場で「板金塗装に強い自動車整備士」を目指していきませんか?

募集要項

募集職種 板金塗装に強い自動車整備士(未経験者歓迎)
業務内容 自動車の板金修理塗装・修理・整備

【具体的には】
簡単な仕事からスタートし、徐々に自動車の板金修理・塗装、整備を担当していただきます。
・洗車・室内掃除
・車の引き取り・納車
・バンパーはずし、オイル交換、タイヤ交換
・板金修理塗装の基本となる部分(パテ塗りからサンディングまで)

経験を積んできたら、先輩に教わって、業務の幅を広げていきます。
・事故車の修理
・事故車の板金塗装
・自動車の修理・整備
・車検
雇用形態 正社員
勤務時間 8:30〜17:30 (仕事が片付けば、15時頃に帰る場合もあり。繁忙期(冬場)は19時頃になることもあります)
給与 月16万円〜(整備士未経験) ※モデル年収 35万円/月(40歳・二級自動車整備士)
休日 毎週月曜日
隔週(第2.4)日曜日
GW
夏季休暇
冬季休暇
福利厚生 ・社会保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
・残業代支給
・通勤手当(上限10,000円)
・昇給年1回
・賞与年2回 (8月,12月, 2014年度実績 年間2ヶ月)
・退職金制度(勤続3年以上)
・自動車整備士の資格取得費用の全額サポート
・奨励金制度(月の作業工賃目標を達成すると、5,000円支給。2カ月連続達成で1万円。3カ月連続で2万円。4カ月連続で4万円!(最高額4万円)これまで最高額まで支給した実績あり)
・紹介制度(自分の知り合いの修理等を会社にご紹介頂いた場合、工賃の5%をキャッシュバックします)
勤務地 米沢市中田町1946-5

JR米沢駅から車で10分
対象となる方 ★整備士未経験者、歓迎します!
★車好き、車いじりが好きな方、大歓迎!

【必須となる経験・スキル】
・高卒以上
・普通自動車運転免許

【歓迎する経験・スキル】
・板金塗装の経験
・自動車整備士(3級・2級)の資格

【求める人物像】
・アットホームな雰囲気で仕事がしたい方
・指導を受けながら前向きに仕事に取り組んで頂ける方
・一生ものの技術を身につけていきたい方
入社予定日 随時
応募方法 下記、いずれかの方法でご応募下さい

1・電話(0238-37-5379)にて応募。(初回面接にて、履歴書・職務経歴書をお持ちいただきます)
【応募の際は、「ヤマガタ未来ラボの求人広告を見て」とお伝え下さい。】

2・このページの下記応募フォームに必要事項を入力の上、応募。
(初回面接にて、履歴書・職務経歴書をお持ちいただきます)
選考プロセス 電話またはWEB上にて応募→面接(1回~2回)→採用→入社

※入社日の相談に応じます。
お問い合わせ 【TEL】0238-37-5379 【E-mail】abkcar@io.ocn.ne.jp
HP なし

アビコ自動車工業 有限会社

米沢市にある、創業57年の自動車板金修理工場。事故にあった自動車の板金修理・塗装を得意としています。高い技術力で、高級車を扱うディーラーや大手損保会社などから選ばれています。

応募フォーム

タイトル
姓名
年齢
性別
メールアドレス
電話番号
出身地
在籍期間
会社名
雇用形態
職務経歴
自己PR
個人情報保護(必須)

あなたの「ヤマガタ未来ラボ」マイページを作成しよう

新規登録