• HOME
  • 働く
  • 【募集終了】世界を狙うサービスをつくる山形在住WEBエンジニア
働く

働く

(株)ベーシックの山形ラボでWEBサービスを開発するエンジニアを募集

この求人は募集を終了しました。

 

桜の季節にはライトアップされてとても綺麗な霞城公園。実はこの近くに、世界相手にするWEBサービスを作るエンジニアを募集する企業があります。

山形に住んで、「大切なものを大切にする」働き方をしつつも、世界を相手に技術を磨き続けたいというエンジニアの方は、挑戦し続けることが出来る環境です。

6255

(株)ベーシックは、東京都千代田区に本社置く「WEBマーケティング力(りょく)」を強みに「世の中の問題を解決する事業」を創造し展開している、ベンチャースピリッツ溢れる設立10年目の企業。(写真は東京オフィス)

社内風景

スマホアプリ開発や、スマホゲーム制作者に収益化を図れる仕組みの提供を行うアプリマーケティング事業、フランチャイズマッチングサイトを運営するフランチャイズ事業、比較メディアを運営するWEBプロモーション事業、日本食を輸出産業にするべく海外(シンガポール)で讃岐うどん店の経営も行うJapan Food Culture など事業内容は多岐に渡りますが、その中でもWEBマーケティング事業のWEBマーケティングを手軽に学べるWEBサイト「Ferret」は、25万人の会員を獲得しているなど、「WEBマーケティング力」を柱にした事業展開を行っています。

ferret

企業WEBサイトが、非常に充実していますので、ここで私たちがあれこれ説明するよりも、是非WEBサイトをご確認ください。是非、注目してほしいのは、経営陣はじめスタッフの皆さんも登場する動画。どんな人達が、どんな想いで事業に取り組んでいるのか、詳しくご覧いただけます。(株式会社ベーシックWEBサイトはこちら

「ベーシックでは世の中の問題解決を、事業を通じて行ってきました。もしベーシックに興味をもっていただけたなら、質問させてください。「あなたは問題解決する人ですか?」僕らはそんな人と一緒に働けることを楽しみにしています。(代表取締役 秋山勝)」

akiyamasyatyou

ベーシックでは、多数の自社Webサービスや、スマホアプリ、そういった多彩なサービスを展開しています。今後さらなる事業スピードを加速させるために、Webサービスの核となるWebエンジニアを募集します。

勤務地は、山形市。

実はこの会社の開発部門の一部は、山形にあるんです。

 

目次 (この求人記事を読むのにかかる時間:8分)

  • 僕がきっかけで出来た山形オフィス
  • WEB系の仕事がしたかったエンジニアがもう1人入社
  • 家族のことを大事に出来るのが、仕事をする上での精神安定材
  • 「山形ラボ」の仕事のスタイル
  • 「山形」にこだわらない
  • こんな人と一緒に働きたい
  • 編集後記

 

 

僕がきっかけで出来た山形オフィス

渡辺さん(37)は、スマホアプリ開発や、スマホゲーム制作者に収益化を図れる仕組み(アドネットワーク)の提供を行うアプリマーケティング事業部で、アドネットワークのWEBシステムの開発を行う責任者。アプリチームにはエンジニアが10人くらい東京に在籍していますが、チームの中では1人だけ自分は山形市のオフィスで働いています。

「山形にオフィスを作る事になったのは、実は僕がきっかけなんです」

IMG_5138
どういったきっかけで山形オフィスは出来たんですか?

「僕は山形市出身で、元々、バンドマンを夢見て東京に出てきました。ですが、27歳の時に、結婚を機にバンドは諦めてプログラマーに転向。がっつりプログラミングは未経験でしたが、趣味程度でWEBサイト制作をやっていたので、なんとかなると思い、今から10年前にエンジニアとしての道を歩き始めました。

客先常駐で、モバイルサイトの開発やエンドユーザーが使う大規模WEBシステムなどを3年間行っていましたが、受託ではなく自分でサービスを開発するベンチャーのような会社で働きたい、と考えていた時にベーシックを知りました。おもしろいサイトを見つけて、それを運営している会社がベーシックだった。自社サービスをやっているし、おもしろそうな会社だと思って、応募し、入社しました。

前職時代に子供が1人、ベーシック入社後にもう1人生まれていたんですが、子供が歩くようになって、マンションでドンドン飛び跳ねたりしてて、下の階に気を使って子供たちを怒らないといけない生活に妻がすごくストレスを感じてて、参っていたんですよ。これは危険だぞ。と感じていて。

そこで悩んだ挙句、仕事を辞めることを前提に、「山形に帰ります!」という宣言を部長にしました。部長と相談して、「会社を辞めないまま、山形でエンジニアの仕事を継続できるということは難しいだろうけど、一応社長に相談して見ようか」ということになり、とりあず社長と面談したんです。

思い切って、「山形帰ります。だけど、この仕事は続けたいんです。山形で続けさせてもらえませんか?!」と直談判。

社長は1分間沈黙し、悩んだ上、「いいよ!」と即決してくれました。」

悩んだのは1分だけなんですね…!!

「本当に、会社の理解があるから出来た事だなぁと実感しています。会社を辞めないで山形で働くことが出来るようになり、2010年から山形勤務がスタートしました。他に誰か社員が山形にいるわけではないので、在宅勤務からスタートです。

当時は、月2回ほど東京に出張に行きつつ、仕事の連絡はスカイプ・メール・電話を駆使して連絡を取る生活を続けていましたが、チームとして機能していましたよ。当時は、WEBマーケティングツールの開発をほぼ1人でやっていましたね。」

 

WEB系の仕事がしたかったエンジニアがもう1人入社

渡辺さんが山形勤務を始めてから約1年経ったころ、これからサービスを大きくために、山形でエンジニアを採用したいと考えるようになったそう。色んな方法でエンジニアを探していた中で、山形にUターンしてきていた前職で一緒に働いていた同僚に声をかけ再び一緒に働く事になった。それが、柿崎さん(33)。

柿崎さんは現在、WEBマーケティング事業のWEBマーケティングを手軽に学べるWEBサイト「Ferret」の開発を担当している。(開発言語は、Ruby on Rails!)

IMG_5094

「新卒でエンジニアとして入社した会社での開発チームに渡辺さんがいて、仕事の話をしている時にお互い山形出身という事が発覚。”将来帰るんですか?”なんて話をしていました。渡辺さんの方は帰るつもりなかったみたいだけど、僕は、じいちゃんばあちゃんがいるから山形帰らないと。なんとなく帰るかも、という想いはぼんやりありましたね。まさかもう一度、しかも山形で一緒に働くことになるとも思いませんでしたね(笑)」

柿崎さんが、Uターンしたのはいつですか?

「僕は上山市出身で、29歳の時にUターンしました。当時、新卒で入社した会社で5年くらいたって、毎日終電まで働いていました。忙しくなってきていたこともあって、終電でも帰れない時もありましたね。そんな生活を続けてて、”終電まで働くのを、俺このままずっと続けるのか…それは嫌だ…”と思ってて。

且つ、その頃、子供が生まれてばっかりだったんですよ。初めての子どもで奥さんもうまく行かない事もあるしストレスかかってるので、早く帰ってきてほしいって思っているし、僕も早く帰りたいんだけど、 チームリーダー的なポジションだったので、なかなか早く帰れないし、早く帰れても”部下たちは働いているのに自分だけ帰るのも気まずい”という罪悪感を感じるという日々。

そんな生活を続けて行く中で妻の状況が限界に来ていて、もうこれはダメだと思って、「山形に帰ります」といって、仕事もあてがないまま山形に帰りました。

山形にUターンしてからは、しばらく主夫をしたあとに、地元のまちづくりセンターの嘱託職員に転職。1年半くらい働いていましたが、本当はWEB系の開発の仕事がしたいと思っていました。でも、山形ではシステム開発というと、業務系システムなどがメインで、なかなかWEB系の開発の仕事がない。「WEB系のシステム開発がやりたいけど、仕事は、全然ないよな、、、」と半ばあきらめていたときに、渡辺さんから電話かかってきてベーシックで働かないかと誘われて、2つ返事で、やります!と入社を決めました。それが2011年です。」

 

家族のことを大事に出来るのが、仕事をする上での精神安定材

山形で働く社員が 2人になったタイミングで、山形のサテライトオフィス「山形ラボ」が出来て、2人渡辺さん、柿崎さん2人で同じ場所で働いている。

山形で働くようになって良かったことは?と聞くと、お2人とも「家族のこと」だった。

柿崎さんには3人のお子さんがいらっしゃる。

「両親と同居ではありませんが、実家が近いので、何かあったら助けてもらえるという安心感がありますよね。子育てを周りに手伝ってもらえる環境があるというのは、自分が仕事をする上での精神安定になるし。

両親たちは、実際にはそこまで子育てに協力的ではないんですけど、子供が入院したとか本当に困った緊急事態の時には、すぐ来てくれるとかの状況になっているだけで、なんとかなるという精神的な安心感があるだけで、全然違いますよね。東京で働いていた頃にはなかったものです。

土日に何しているかっていうとイオンに行くくらいですけど、そもそも、子供3人もいると、娯楽を楽しむところじゃないので、東京でも山形での過ごし方はきっとあまり変わないんじゃないかな。」

IMG_5053

「うちの会社は、家族に対して優しい点があるんですよ。」と語るのは渡辺さん。

「実は、うちの子供が、幼稚園の時に1ヶ月入院することになった時があって、僕が入院中ずっと付き添いしてたんです。普通の会社ならお休みをもらって付き添うというところだと思うんですが、僕は仕事をしながら、朝から晩まで入院している子供に付き添っていました。会社が、病院で子供に付き添いながら仕事をするのも通常業務として見なしてくれたんですよ。スカイプで行う毎朝の朝会にも普通に参加してましたし、朝会の途中で病院の先生が検診で回ってきたときは、「検診来たので抜けます」ってやっていました。

僕だけじゃなくて弊社のCTOのお子さんが入院したときに、自宅で子供を見ながら働くということをやっていましたね。その辺は寛容な会社です。」

 

山形でも東京と変わらない仕事内容で、家族との時間も大切に出来て…と来て、次に気になるのは、お給料のこと。やっぱりお給料は安くなってしまうものですか?

「実は、山形勤務でも東京時代の給料と変わらないです(!!!!! ※編集部の驚き)。ですが、山形ラボにはエンジニア2人しかおらず、マネジメント業務を行うことがほぼないので、その分、上がりにくくはなりましたね。しかし、長期的に考えて、拠点が大きくなっていけば、話は変わってくるかもしれませんね」

 

「山形ラボ」の仕事のスタイル

「山形ラボ」は、ごく普通の山形駅前のマンションの一室。周辺は普通の住居。

DSC_0007

「キッチンとかシャワーとかある普通のワンルームマンションが現在の山形オフィスです。6畳一間で、そして殺風景ですね(笑) これから新しく1人メンバーが入る予定で、窮屈になってきたので、そろそろ引っ越ししてもいいな~と考えてます」

ちなみに、泊まらないようにしているそうです。

DSC_0010

一番気になるのがコミュニケーションスタイル。東京で働いているチームとはどのようにコミュニケーションを取っているのでしょうか?

「毎朝、9時半なると、東京のオフィスとスカイプでつないで朝会をします。動画で”おはようございます~”ってやってます。2人で机を並べていますが、別の部署なので、同じ仕事をやってることはありません。仕様とかは全然違うので話しあうことはありませんが、技術的な話を相談したりはしますね。

東京のチームと、離れた場所で開発を行っているので、コミュニケーションはどうしても限られてはきます。だけど、月に1回は全体会議で東京にいってみんなで会うし、月1回、顔を見ての面談もするので、特に不便は感じないです。いつも、スカイプやメールをフルに使ってコミュニケーションを取ってますね。

まぁ、エンジニアは、集中してコードを書く時間が必要なので、用事がなければ必要以上にコミュニケーション取らないし、逆に離れている分その間は集中できますね。エンジニアって、話しかけられても無視するくらいの気概の人がいてもおかしくないんですからね。その辺は、ある意味メリットでしょうか。

だから、コミュニケーションに関しては、東京にいても、山形にいても、変わらないような気がしています。」

 

「山形」にこだわらない

山形で、WEBサービスの開発が出来る環境はなかなかないので、とても貴重だと編集部は感じています。そんな環境で開発しているご本人は、どんなマインドで働いているのか気になり質問しました。

渡辺さん、山形で働くことに関してどう考えていますか?

「なんというか、”山形山形”っていう概念がないんですよね。住んでいて、働いているのは確かに山形県だけど、ベーシックはマーケットを首都圏・東京ではなく、世界をマーケットに見ている。アプリやアドネットワークもそうだし、シンガポールに日本食を展開したりもしている。海外に向けてサービスを作れているという実感あるので、「山形」っていう場所にくくられている感覚はあまりないです。

「山形」という場所で括るのではなくて、いちエンジニアとしてどうコミットメントしていくかという スタイルがあれば、場所には囚われないじゃないですか。場所に囚われるのはもったいない。」

IMG_5118

「一時期、ワークライフバランスが流行ったけれども、逆にどうなの?と言われて、いまそれが揺り戻しが来ている感じがありますよね。グーグルとかヤフーのエンジニアの働き方を一時期在宅ワークに切り替えたけど、やっぱり在宅ってダメだよねってなって、みんなで集まって小さいチームで一緒に開発したりする方いい結果が出るからいいよね、ってなっていたりする。そうゆう意識の変化って数年単位で起こってくると思っていて。それって、どちらが良い悪いではないと思うんですよ。小さい単位でやっていくのはすごい正しいんですが、そのチームを、場所で括ってしまうっていうのは、すごいナンセンスではないかなと思うんです。

でも、僕の趣味は畑ですけどね。家2軒分たつくらいの大きい畑で農業しています。最近買った一番大きい買い物は、耕運機です(笑) その辺は、山形ならではですね(笑)」

 

 こんな人と一緒に働きたい

仕事では「世界」を意識しながらも、趣味は畑っていうのが、ギャップありますね!(笑)でも、素敵な働き方ですね。これから、どんな人と一緒に働いていきたいですか?

「自分でサービス作りたい!という気持ちがある人が良いですね。

少ない人数でやっているので、言われたことをこなすだけのエンジニアじゃ、うちでやっていくのは厳しい。東京のメンバーとコミュニケーションとりつつやっていける新しい技術を自分で取り入れる好奇心旺盛で貪欲な人と一緒に働きたいですね!

プログラミング経験さえあれば、WEB系の開発経験がなくても大丈夫です。カーナビの開発していたけどWEBサービス作りたいといって入社したエンジニアがうちにはいますし、まずは挑戦して欲しいですね。

現在、首都圏にいらっしゃる方であれば、ベーシックの東京オフィスで半年なり1年なり働いて、その後、山形ラボで働くというスタイルもアリです。

東京を起点に、山形にもエンジニアを抱えられる拠点づくりをしていきたいんです。山形ラボも大きくしていきたい。

山形から共に世界を狙っていく仲間に出会えること、とても楽しみにしています!」

IMG_5349   ,

編集後記

山形の中に住んでいるから、山形の中、東北の中だけで事業活動をしないといけない、なんていう縛りはない。そう選択しているのは私たち、自分自身。

だけど、「むしろもっと広い世界を見るべき」と、頭ではわかっていても、やったことがないことには、人間戸惑ってしまうもの。

それでも、変化する怖さより、山形にいながらも世界をマーケットに活躍する、世界を相手に挑戦する、ことにワクワクしてしまったら、そこはもう飛び込むしかないのではないでしょうか。

だって、こんな環境、山形には、いや東北にも、なかなかない。ものすごく貴重です。

自分でWEBサービスを作りたい!という強い思いと、必要なものは自ら取りに行く貪欲さがあれば、活躍できるフィールドはあります。

仕事もプライベートも充実させたいという、プログラミング経験のあるエンジニアの皆さん、是非挑戦して欲しいです。

募集要項

募集職種 Webエンジニア(17ジャンル50サイトに及ぶ自社サービスを開発)
業務内容 複数のWebサービス(17ジャンル50サイト)の開発・運用に関わっていただきます。
中でも、代表的なサービスをピックアップしました。

■GAME FEAT(http://www.gamefeat.net/)
スマートフォンの無料ゲームアプリのマネタイズを支援することを目的とした、高収益な広告サービスです。
大量のトラフィックをさばくインフラ構築/ユーザ行動データの解析/アプリに実装するSDKの開発が主な開発になります。

■Ferret(https://ferret-plus.com/)

Web担当者のための情報ポータルサイト。Web担当者の「ホームページ運営」の悩みを解決するサービスです。
Ruby on Railsを用いて、素早く開発しサービス展開できるようにしています。


■phocase(http://phocase.jp/)

スマートフォン向けデザインケース専門オンラインストア。
CakePHP + EC-CUBEを使い、オリジナルのECサイトを構築しています。
雇用形態 正社員(試用期間3ヶ月 ※スキル・経験に応じて変更あり (給与は本採用時と同額))
勤務時間 9:30~18:30 (実働8時間)
給与 350万円~ ※給与は実績、スキルにより応相談 【年収例】WEBエンジニア(31歳) 500万円(入社3年目) ※経験・能力などを考慮の上、給与額を決定します。 ※年俸額には月50時間のみなし残業手当を含んでいます。
休日 ・完全週休2日【土日】
・祝日
・夏期休暇(3日)
・年末年始休暇
・慶弔休暇
・結婚休暇
・妻の出産休暇
福利厚生 ・昇給年1回(12月)※業績に応じて
・賞与年2回(1月・7月)
・社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
・NO残業 or 午後出社デー(月2回、NO残業補助金あり)
・書籍購入支援
・四半期MVP
・年間達成賞
勤務地 山形ラボ(山形県山形市城南町)
JR山形駅徒歩3分

※面談に進まれた方に、詳細な住所をお伝えします。
対象となる方 【必須となる経験・スキル】
・なんらかのプログラミング経験

【歓迎する経験・スキル】
・WEBサービスの開発経験

【求める人物像】
・コードを書くのが大好きな人
・役職や役割にとらわれずに、問題解決に取り組める人(リーダーシップを持った人)
・プロとして自己研鑚できる人
入社予定日 随時
応募方法 下記、いずれかの方法でご応募下さい

1・このページに応募フォームより必要事項を入力の上、送信下さい。

2・電話連絡の上、郵送で履歴書(写真貼)・職務経歴書を郵送下さい。
【応募の際は、「ヤマガタ未来ラボの求人広告を見て」とお伝え下さい。】
選考プロセス 履歴書またはWEB上にて書類選考→面接(1回~2回)→採用→入社

※入社日の相談に応じます。
お問い合わせ (TEL)03-3221-0311 (e-mail) saiyou@basicinc.jp (担当・新田) 
HP http://www.basicinc.jp/

株式会社ベーシック

株式会社ベーシックは、「Webマーケティングで問題解決をする」会社です。Webサービスの事業をを中心として、Webマーケティングポータル「Ferret(フェレット)」や、デザインスマホケースEC「phocase(フォケース)」などを運営しております。

http://www.basicinc.jp/
無事に採用が決まったら、転職お祝い金を受けとろう!

この求人情報に応募し採用された方には、「転職お祝い金」を進呈しています。採用が決まりましたら、「転職お祝い金申請ページ」へアクセスし、転職祝い金の申請を行って下さい。

応募フォーム

タイトル
姓名 (必須)
年齢
性別
メールアドレス (必須)
電話番号
出身地
在籍期間
会社名
雇用形態
職務経歴
自己PR
個人情報保護(必須)
やまがたハッピーライフ情報センター
友だち追加

あなたの「ヤマガタ未来ラボ」マイページを作成しよう

新規登録