sponsored by 山形市

美味しい食べ物や卓越したものづくりの技術。
山形には良いものがたくさんあるんだから、もっとPRすればいいのにもったいない・・。
そう思ったことありませんか?
中小企業が持つ強みを見いだし、商品のブランディングや新サービス開発を応援する。
企業の売上を伸ばし、地域経済を活性化し、山形を元気にする。
そんな地方創生のど真ん中に関わるのが、『Y-biz(山形市売上増進支援センター)』です。

現在、Y-bizでは、事務全般を担当する運営スタッフとITアドバイザーを募集しています。

県庁所在地として全国初、東北初となるf-Bizモデルが2019年1月に始動

「一つの大企業を誘致して100人の雇用を創ることも大切だが、100の中小企業が1人ずつ雇用すれば100人の雇用が生まれる。その考え方に賛同してY-biz設立を決意した。」そう語るのは、佐藤孝弘山形市長。

佐藤孝弘山形市長(佐藤孝弘山形市長)

佐藤市長の熱い思いでスタートした山形市売上増進支援センターY-biz(ワイビズ)は、中小企業のビジネスコンサルティングを無料で行う公的施設です。「お金をかけずに“知恵”で流れを変え、売り上げを上げる」をコンセプトに掲げる富士市産業支援センターf-Bizをモデルとしており、県庁所在地として全国初、東北初の公のビジネスコンサルティングセンターとして2018年12月に開設されました。

2019ybiz02

2019ybiz03

全国屈指のハイクラス人材と山形で一緒に働けるチャンス

センターの核となるのは「人」。
高いビジネスセンスとコミュニケーション能力を兼ね備えたハイクラス人材が必要だ。

Y-biz開設にあたり、山形市は、コンサルティングの核となるセンター長とプロジェクトマネージャーを全国公募。

なんと、日本国内外からの応募総数は164名。その中から厳正な書類選考・面接を経て選ばれた“ピカイチの人材”が、富松希(とみまつ のぞみ)センター長と尾上雄亮(おのえ ゆうすけ)プロジェクトマネージャーです。

Y-bizセンター長・プロジェクトマネージャー面接風景
(Y-bizセンター長・プロジェクトマネージャー面接風景)

富松希センター長は、広島県出身で応募当時は神奈川県横浜市に在住。総合電機メーカーの研究所等での勤務を経て、ブランディングや新サービス開発を学ぶためカナダへ留学。留学生活を通じ、地方こそ豊かな生活を送るために必要な要素がバランスよく共存していると感じ、「地域の魅力を活かした街づくりや地域活性化に貢献できる仕事がしたい」と考えるようになった。帰国後、Y-bizの人材募集を見つけ応募。勤務していたコンサルティング会社を辞め、山形に移住しました。

趣味はヨガや映画・絵画鑑賞。山形ビエンナーレなど芸術系のイベントへの参加を楽しみにしているとか。

2019ybiz05

尾上雄亮プロジェクトマネージャーは、大阪府出身で応募当時は東京都に在住。大手広告会社で企業のブランディングやマーケティングプロモーションの企画提案に従事。小さな企業のチャレンジを応援したいと、2016年には中小企業診断士を取得し、商店街や小規模企業の支援にも携わる。本格的に中小企業の応援をしたいとY-bizの人材募集に応募し、山形に移住しました。

趣味は旅行や野球観戦。3年間で44都道府県を訪れ、ローカルなスーパーを探索することをライフワークとしているとか。マニアックなご当地商品を買ってきては家族を困せるというお茶目な一面も。

2019ybiz06

そんな2人のスーパーコンサルタントをサポートするのは、ディレクター(事務長)の堀野水希さん。東京の大学を卒業後、山形市にUターンし地元地方銀行に入行。経済調査を約5年担当するなかで、多数の中小企業を訪問して、その魅力と可能性を実感。出産を機に銀行を退職後、税理士事務所で働いていたところ、Y-bizの人材募集を知り応募。

2児の母として、育児と仕事に奮闘するワーキングマザー。プライベートでは働くお母さんたちを応援するネットワークを主宰する活動的な一面も。

2019ybiz07

そんな3人が働くY-bizは、国の重要文化財である文翔館のすぐそばで、緑も豊かな環境にあります。

2019ybiz08

毎日ひっきりなしに相談者が訪れるY-bizは、完全予約制で、2019年1月に稼働後の総相談受付件数は6月下旬に1000件を突破。新規相談は、約2か月待ちという状態。

2019ybiz09

リピート率も非常に高く、想定を大きく超える反響があることから、体制強化のために人材を募集しています。

求ム!チームメイト。

今回、募集する人材は、Y-bizの事務全般を担当する運営スタッフITアドバイザーの2種。

運営スタッフの業務は、経理補助や労務事務、相談案件の管理、セミナー運営補助といったさまざまな後方事務から、オフィスでの受付、電話対応、SNSによる広報など、Y-bizの顔として表に出る仕事まで、多岐に渡ります。あらゆる面からY-bizの運営をサポートする仕事です。親切かつ柔軟に対応ができるコミュニケーション能力が求められます。

ITアドバイザーは、ITの知識や経験を活かして、相談者に直接アドバイスをする仕事。知識や能力だけでなく、中小企業者への敬意と、チャレンジする人を応援する高い熱量も求められます。

働き方や生き方を考える上で「誰と」「どこで」「どんな仕事をするか」は、重要な要素ではないでしょうか。Y-bizは、全国屈指のハイクラス人材が揃う場所。きっとやりがいのある刺激的な職場になるはずです。

2019ybiz10

地方創生のど真ん中、UIターン者も大歓迎

地域を良くしたいという人が増えていると思いますが、思い入れや愛着だけでは解決しないことも多いのが現実。地域経済が元気になり、雇用が創出されて人が集まり、地域の所得を上げていくことが地方創生には不可欠です。

日本の企業の99.7%以上が中小企業であり、その中小企業を伴走型で支援するY-bizは、地方創生のど真ん中の仕事です。

『企業の皆様からの相談に、1件1件丁寧かつ真摯に対応して、売上増進という結果につなげていきたい。徹底的に相談者に寄り添って伴走し、チャレンジを応援していきたい』

Y-bizは、そんな気持ちで一緒に汗をかける新しいチームメイトを募集しています。
詳細は、以下の募集要項またはY-biz公式ホームページをご覧ください。
http://ybiz.jp/

募集要項

募集職種 ■募集職種Ⅰ:運営スタッフ
■募集職種Ⅱ:ITアドバイザー
業務内容 ■募集職種Ⅰ:
・経理補助、労務事務
・広報活動補助(WebサイトやSNS等によるY-bizについての発信、および相談事業やセミナーに係るプレスリリース文書やチラシの作成等)
・セミナー事業に係る企画、調整補助(講師との調整、会場調整等)
・相談事業に係る調整(電話応対を含む受付等)および相談案件管理
・連携事業に係る支援機関や金融機関との調整補助
・その他、センター長が必要と認める業務

■募集職種Ⅱ:
・専門的なスキルを活かした相談者へのアドバイス
・専門的なスキルを活かした相談事業のサポート
・専門的なスキルを活かした事務補助
雇用形態 ■募集職種Ⅰ:
採用日~2020年3月31日(年度ごとの契約更新あり)

■募集職種Ⅱ:
火曜日から土曜日のうち、週1~3回程度(曜日は応相談、祝日を除く。)依頼に基づく謝金制
勤務時間 ■募集職種Ⅰ:
午前8時30分から午後5時15分まで

■募集職種Ⅱ:
午前8時30分から午後5時15分まで(うち休憩1時間)
給与 ■募集職種Ⅰ:
月額20~30万円 
※経験、スキル等を勘案して要相談
※期末手当、退職手当及び各種手当は支給しない

■募集職種Ⅱ:
20,000円/日(交通費・源泉所得税込み)
休日 ■募集職種Ⅰ:日曜日、月曜日、祝日及び年末年始
福利厚生 ■募集職種Ⅰ:有給休暇、社会保険(健康保険、厚生年金)、雇用保険
勤務地 山形市売上増進支援センターY-biz
山形市旅篭町3丁目5番1号
対象となる方 ■募集職種Ⅰ:
・パソコン(ワード、エクセル、パワーポイント等)、インターネットを活用した業務が可能な方
・SNSを使った情報発信ができる方
・スケジュール管理、書類管理のできる方
・コミュニケーション能力のある方
・地域の中小企業者や起業家を尊敬できる方

■募集職種Ⅱ:
f-Bizモデルを理解し、専門的なITの知識や技術を有する方
webマーケティングに関する業務経験を有する方
入社予定日 相談に応じます。
応募方法 随時、応募を受け付けます。履歴書(任意様式)を作成し、メールで以下の連絡先にご応募ください。書類選考のうえ、通過者のみ面接を行います。
適当な人材が見つかった場合はその時点で募集を終了します。
選考プロセス 書類審査後、面接
お問い合わせ 電話:023-616-7900
PCメール:support@ybiz.jp
HP http://ybiz.jp/news/205

山形市売上増進支援センターY-biz

■雇用主
山形市ビジネスサポート協議会
山形市ビジネスサポート協議会は、山形市、山形商工会議所、山形県中小企業団体中央会、株式会社山形銀行、株式会社荘内銀行、株式会社きらやか銀行及び山形信用金庫を構成員とする任意団体です。山形市より「山形市売上増進支援センターY-biz」の運営を受託しています。

■問い合わせ・連絡先
山形市売上増進支援センターY-biz
〒990-0047 山形市旅篭町3-5-1
電話:023-616-7900
PCメール:support@ybiz.jp

【関連リンク:Y-biz公式ウェブサイト】
http://ybiz.jp/news/205