• HOME
  • 働く
  • 【米沢】置賜地方に暮らす人の特別な日に寄り添う仕事。求めれば経営にも携われる、変化し続けるナウエル。
働く

働く

体裁を繕わないで、かっこよくない時もあるけど、目の前のこの人のために頑張りたい!と一生懸命になるからこそ、「特別な”ありがとう”」の声をかけてもらえる。

置賜地方に暮らす人の特別な日に寄り添う仕事。

_84A1699

米沢市に本社があり、「ナウエル典礼」の他、結婚式場「グランドホクヨウ」、東京第一ホテル米沢を運営している、株式会社ナウエル。

今回は、グランドホクヨウや東京第一ホテル米沢で働く人を募集します。

 

株式会社ナウエルは、米沢出身の初代社長が昭和21年に立ち上げた「酒井生活科学研究所」という、アミノ酸の醤油を作って販売する会社がその始まり。

「前身となる会社では、なめこの缶詰作ったり、アイスクリームを作ったり、ヤクルトを販売したり、牛乳の製造販売もやっていたのよ」

ナウエルの常務・色摩さんがそう教えてくれました。

昭和40年代にはお弁当工場を作って、お弁当の製造販売も行っていたそうです。(牛乳やヤクルト、お弁当などの事業は、競争が激しくなっていく中で、より上手に経営してくれる会社にバトンタッチし、現在はそれぞれが独立して事業実施中)

_84A2062-2

「時代の移り変わりと共に結婚式は今のように専門式場でやるようになったので、松が岬会館を経てグランド北陽という結婚式場を運営するようになったんです。」

それから、「互助会」という、お金がかかる結婚式・お葬式という冠婚葬祭を、みんなでお金を出し合って行う、という戦前戦後にできた”互助の精神があるシステム”をベースに、冠婚葬祭に関わる事業を発展させてきました。置賜地方では約54,000件、32,000世帯がナウエルの互助会に加入しています。(互助会は、家族で使え、掛け捨てではなく、解約する場合、手数料を引いてお金は戻ってきます)

「世の中も変わるし、会社も変わる。生き残っていくためには、 変化し続けることが大事。一番の悪は会社を赤字にすること、社員を路頭に迷わせることになったら社員が一番困る。そうならないように、ずっと変化し続けてきました。

変化し続けるのは会社の財産です。」

_84A2018

時代・世の中の変化、お客様のニーズの変化に合わせて、会社も変化してきました。

 

未経験から成長するためのサポート

ナウエルには、人材育成に関する意識が高い企業風土があります。皆さんにお話しを伺いしました。

(左から、色摩常務、営業職の竹田さん、ホテルフロントの石田さん、調理部の高橋さん)

_84A1955

 

色摩さん

「職種ごとに、”この項目を覚えテストに合格したら、1人前として行動できるようになる”という等級別キャリアアップ制度という制度があります。

未経験の人には、育成指導係の人がつきますので、合格して独り立ち出来るようになるまでしっかりサポートします。合格するまでは、人によって要する時間が違うので、焦らずにね。」

 

石田さん

「僕は、少人数の部門なので、職場全体で見てくれるって感じです。職人から接客職になって不安なところは大きいので、教えてもらえる環境で助かっています。」

 

 

色摩さん「大きい部門だと専属の育成指導係がいて、小さい部門では、みんなで育てていきます。

学びたいことがあったら、”こんなことを学びたい”という意見はどんどん言って欲しいですね。学びたいという声には、出来る限り応えたい。」

 

高橋さん

「調理部は、この料理を勉強したいという声があると、上にやりたいと言って、研修に行きます。以前は、和洋中関係ない選抜メンバーで、仙台の人気のイタリアン店に行きました。普通に食べただけでレシピなどは知らない状態で、”これと同じイタリアンを、さらに美味しく作ってください”というのが、研修後のアウトプットとして求められたので、味を覚えて、戻ってきてからは、みんなで、イタリアンを作りました。

その結果出来た料理はグランドホクヨウのメニューになりましたよ。上手いって言われて嬉しかったですね。」

 

竹田さん「ウェディングプランナーも、何かヒントを得たいという時は、研修に行きたいんだけど、と相談します。以前は、とある有名な会社でプランナーをしていた方を講師に招いて、接客スキルアップや商品企画についての研修を月1回行いました。この研修がきっかけで飛躍的に伸びた子がいましたね。

下からの意見を受け止めてくれる会社だと思います。」

 

 

置賜地方に暮らす人の特別な日に寄り添う仕事

募集するのは、「ウェディングプランナー」「調理スタッフ」「サービススタッフ」「ホテルフロント」の4つ。

米沢市にある専門式場グランドホクヨウで働くウェディングプランナーの方にお話を伺いました。

_84A1686

「新卒で就職するときはウェディングプランナーを目指しているわけではなかったんです。でも、ウェディングをプランニングする人って、なんかすごそうじゃないですか。ウェディングプランナーっていう響きが、なんとなく、かっこいいと思ったんですよね。」

そう話す、入社11年目の照井さんは、岩手県出身。大学卒業後、就職を機に山形県にやってきました。

ウェディングプランナーは、結婚式を挙げることを検討している2人にグランドホクヨウや東京第一ホテル米沢での2人のための結婚式を企画し、ご提案して、結婚式当日までサポートする仕事。

_84A1679

「どんな結婚式・披露宴にするか、の答えはお客様との会話の中にヒントがあるんです。お話しながら、お客様はどうゆうことが好きで、どんなこだわりを持っているか、キーワードを探っていきます。」

例えば、おもてなしというキーワードでも、その内容は、空間、花、料理、など、人によって答えが違う。

「お話ししているうちに、”小さい頃、お母さんとこんな料理の思い出があって”という話が出てきたりします。そこで、そのお母さんの料理、1品だけ作って、披露宴でみなさんをおもてなししましょうと提案したりします。

_84A1786

「調理部門にも、こうゆうの作って欲しいんだけど、出来そう?って相談しますよ。

1箇所だけで全然いいから、2人のオリジナリティを出す。すると、結婚式を挙げる2人にとって、自分たちの結婚式に納得感を持って自分のものだと思える、満足度の高い結婚式になります。」

_84A1675

打ち合わせなどは、ほとんど式場で行うが、結婚式を挙げることが決まったら、必ずお宅を訪問するそう。

「私たちのところで結婚式を挙げていただくことが決まったら、お2人のご実家に伺って「お2人の結婚式を担当させて頂く者です。顔を覚えてくださいね」と必ず親御さんにも挨拶させて頂くんです。」

その他にも、親御様の”結納ってするんだが?しねんだが?お金ってどのくらい用意しとけばいいのや?”というような相談に乗る相談会を実施しているなど、家族ぐるみなのが、山形らしいなと感じます。

「たまに、お客様のご紹介頂いた方のお宅に訪問することもあります。昼間にご自宅に伺うと、おじいちゃんやおばあちゃんが対応してくれたりしますね。」

_84A1703

ウェディングププランナーはエンターテイナーのような存在と照井さんは話します。

「結婚式を挙げる2人にとって最大の味方。あるときは先輩のように、あるときはお兄ちゃんのように親身になって、あるときは親御さんのようにしっかり導いて、あるときは友達みたいに気軽に話す。常にお客様を喜ばせながら、自由にしていてもらって、対等なんだけど、横に立って困ったことがあれば、手を取って導く。危ないなと思ったら、ぎゅっと手を引いてあげる。お客様とは、対面で向き合う関係じゃなくて、寄り添う関係なんです。」

プランナーは、エキスパートでやりつつ、オールラウンダーでないとやれない。難しさもあるが、経験は糧になる。

「お客様が、ご自分の結婚式を自分で自慢するようになると、うまくいったな、と思います。」

 

仲間と共に学び続ける

次に調理部門。

料理人というと、どうも「最初の数年間は皿洗い」というイメージがありますが、今はそんなことはないらしい。

「私が入社した当時は、新人は包丁も触らせてもらえないのが普通でしたけど、今はそんなことはないので、安心して下さい。初日から、野菜切るなど作業をしていきます。」

そう話すのは、料理長の高橋さん。中華料理が専門です。

_84A1766

高橋さんは地元出身で、高校卒業後、すぐナウエルに入社しました。

料理人といえば、自分の店を持つのが夢という人も多い中、なぜナウエルで働き続けているの?と聞くと、

「仲間がいるから、かな」

と。

_84A1821

 

「みんなであれやってこれやってってやるのが楽しいですね。料理人って競争の世界。だから常に学びが必要。まったく1人でやってると、よその仕事って見えないけど、

ここには新卒の人も、中途の人もいろんな人が集まっているから、お互いに共存して、情報交換して、自分を磨いていけると思います。」

和洋中、と担当は分かれていますが、厨房が分かれていないため、担当ではない洋食・和食・中華を見て学んだり、盛り付けを手伝いながら、学ぶことができます。

_84A1755

「私は中華が専門ですが、他の種類の料理からヒントをもらったりすることも多いです。ここは仲間がいるから見て学べる。聞くこともできる。 いろんなものを勉強できて、いろんなエッセンスを取り入れられます。」

確かに、さっきまで洋食を作っていた人が、今度は和食の盛り付けを手伝っています。

_84A1811

宴会のリピーターのお客様を飽きさせないように、新しいメニューの開発は大切。

「メニューは、休憩時間にまかないとして料理を作って、こんな料理どうですか?と料理長たちに提案することが多いですね。宴会メニューが年4回変わるので、そこに入れてみようとなったりします。」

総料理長も気さくな方でした。

_84A1787

 

それらの料理を提供しお客様と直接触れ合えるのが、サービス。

披露宴や宴会場のセッティング、料理やドリンクの配膳などを行います。

_84A1993

飲食店と違うのは、基本的に急な来店などがなく、既に決まっている予約に対応するので、段取りよく動けるところ。

ご宴会は、リピーターのお客様も多いので、お客様と顔なじみになると、「今日もありがとう」と声を掛けられることもあります。

キャプテンと呼ばれるサービスの現場リーダーになると、黒のスーツを着て働き、披露宴では、新郎新婦を先導したりします。

_84A2009

 

東京第一ホテル米沢 のフロント

東京第一ホテル米沢は、直江兼続や上杉謙信をイメージしたコーディネートをした客室や、食材など、米沢らしさにこだわっているホテル。米沢駅から車で5分のところにあります。取材した日も、米沢牛など地元の食材を使用したレストランは、お客様で賑わっていました。

_84A1972

このホテルのフロントとして働く入社2年目の石田さんは、元造園職人。

関西で造園の仕事をしていましたが、家庭の事情でUターンし、ナウエルでアルバイトで入社、契約社員を経て正社員として働いています。

「ナウエルって山形で大きい会社と知ってたので、自分もナウエルに勤めてるんだーって、友達とかいろんな人にも言いやすいなと思ったのが、入ろうと思った最初のきっかけです」

_84A1959

職人の世界からサービス業に移って、どうでしたか?

「造園職人だったので、最初は全然うまく話せなかったです。隣で上司の方がしゃべっている人の話しをきいて覚えました。今もちょっと不安なところはあります」

「ありがとうございます、と対応したら、今日もありがとうね、とか、何回かいらっしゃったことがあるお客様が覚えててくれたりして、そうゆう会話が出来てるのが接客が楽しいと感じます。」

_84A1978-2

「ふとホテルの外を見たら、葉っぱや枝が伸びてる木が目に付いて、造園の仕事もやりたいなと思ったので、剪定させて下さいと総支配人に言って、やらせてもらったこともあります」

意外なところで、経験が活かされていました。

 

 

経験するチャンスがある

「”変化し続けること”こそが会社のスピリット」

これが組織に根付いていると実感するのが、その人事制度。 マネージャーなどの役職は1年任期。役職は、12月31日で一旦任期が切れて、1月1日からまた任命して、任命式を行うそう。1回役職に就いたら自動継続、ではない。

時には、勤続年数や経験に関係なく、様々な場面で「チャンス」を与えます。例えば、1回マネージャーになったら安泰だといって、その役職にあぐらをかいていると、変化してくことができない。今までと一緒のことをやっていたったら、衰退するのがわかっている。 だから、最初は任せて、チャンスを与える。だけどもし、役割を全う出来なれば、別の人にチャンスを与えるんです。」

_84A2024

そんな話を聞くと、不安になってしまうが、1回マネージャーになった人が、1年後に任命されなくなる、というケースはあまりないそう。でも、頑張らないと1年後には任命されれないかもしれないから本人たちもうかうかしていられない。

「ちなみに、一般的には、マネージャーになる=昇級する、つまりお給料は役職で決まる、という企業が多いですが、ナウエルは連動していません。役職とは別の「ステージ」というものがあり、ステージがあがると昇級します。年3回の人事評価で、複数の人間で成果と行動を見て、ステージあがるかどうかが決まります」

次のステージの基準まで到達して、かつ次のステージのこともできるようになっていたら、ステージがあがるチャンスがでてきます。ステージ卒業という考え方ではなく、入学という考え方で、あげるときはしっかりあげる、但し、降格は極力さけたい という思いから、ステージをあげる場合は、しっかりとみていく、そんな考え方になっているそうです。
「自分の頭で考えて主体的に動く、マネジメント出来る社員を育てるという方針なんです。」

マネージャーになって部下をまとめる責任者になる、ということが順番待ちじゃなく、求める者にはチャンスをが与えらえる。給与はステージで評価しているから、仮にマネージャーとしての1年間が上手くいかなかったとしても給与には影響がない。そんな開かれた環境。

_84A1741

ここはグランドホクヨウのスタッフルーム。

当時のグランドホクヨウのマネージャーが「お客様を幸せするためには、スタッフが活き活きと働ける環境を作るべき」と会社に申し出て、

スタッフが楽しく働けるように、壁の色をオレンジにしたのだそうです。

「自分の頭で考えて主体的に動く」を実行に移せる風土が根づいています。

「仕事は言われたことだけやっていたいっていう感覚の人にとっては、辛い会社だと思います。変化しなさい。考えて行動しろって常に言われるしね。」

しかし、自律的に動けと言われても、数字がわからなければ社員はどれくらい頑張ればいいかわからない。だから、自分たちで予算も実績も作り、社内システムで全ての数字はガラス張りだ。

「経験する機会が欲しい、頑張りたい!っていう人には、向いていると思います。責任もあって大変だけど、いろいろやれるチャンスはあります。求めれば経営にも携われるようになるから、おもしろいと思いますよ。」

ちなみに、現在の社長は、社員から生え抜きで社長になりました。

 

 

どんな人と一緒に働きたいですか?

「冠婚葬祭や宴会で、多少なりとも地元に役に立ってるという実感があります。米沢や置賜のために役に立つ仕事だと思いますよ」

と、営業職の竹田さんは、話します。

「おきたまが好きで、おきたまで自分が仕事することによって、置賜が盛り上がっていったらいいなと思いながら仕事をしています。そんな思いに共感してくれる人とぜひ一緒に働きたいですね。」

_84A1927

置賜に住むみんなの特別な日に寄り添い、置賜に住む人を元気にしていきたい方のご応募をお待ちしています。

 

ここ山形、米沢で、前向きに、自律的に働くことが出来る職場だと感じました。

ナウエル

募集要項

募集職種 1)ウェディングプランナー 2)キッチン 3)サービス 4)ホテルフロント
業務内容 1)ウェディングプランナー
顧客・社内スタッフ(レストランや施行部門等)をディレクションし、思い思いの結婚式をつくりあげていきます。
料理試食会・ドレス試着・模擬挙式など様々な体験イベントの広報、初めてご来館されたおふたりへ館内のご案内やプランをご提案、ご成約後は、お打ち合わせを重ね 当日までトータルコーディネート。親御様向けのイベントやご挨拶も行います。

2)キッチン
グランドホクヨウ、東京第一ホテル米沢(バンケット、レストラン)での日本料理、西洋料理、中国料理のいずれかの調理(面接で、和洋中のどの料理を作りたいか希望を伺います)ご宴会・披露宴で提供する和洋中の調理、新商品開発、メンバー教育、育成。能力、経験に応じて仕事はお願いします。

3)サービス 
グランドホクヨウまたは東京第一ホテル米沢での披露宴・宴会の料理・ドリンクの提供。ゆくゆくはキャプテンとして披露宴の現場リーダーとして結婚式をディレクションして頂きます。

4)ホテルフロント
「東京第一ホテル米沢」でのフロント業務。宿泊のお客様のチェックイン・チェックアウト、お問合せ対応。館内をご利用のお客様のご案内など。
雇用形態 正社員
勤務時間 1ケ月変形労働時間制、週平均40時間。勤務時間は職場、職種によって変わります。予約状況にあわせてシフトを組んで勤務します。詳しくは、相談の上、確認しましょう 
1)平日10時〜19時、土日9時〜18時 
2)例6:00~15:00、9:00~19:00、10:00~20:00、14:00~22:00
3)例10:00~19:00、10:00~21:00、9:00~14:00  時間外月20~45時間(季節変動あり) 
4)8:00~18:00 、17:00~8:00、15:00~10:00 (季節変動有)
給与 〜500万円(詳細は福利厚生欄に記載)
休日 1)〜3) 交代制(月9日)・年間休日107日(夏季・冬季休暇含む)
4)シフト制(月12~15日)

【共通】
有給休暇
慶弔休暇
産休・育休
介護休暇
福利厚生 (給与)
1)年収250〜500万円・月額約18~30万円(時間外30時間含む) (年収例)入社3年目営業職/年収約360万、入社15年目マネージャー/年収約500万円
2)年収250~400万円・月額185,000~300,000円(時間外30時間含)
3)年収230~350万円・月額170,000~250,000円(時間外20時間含)
4)年収215万~350万・月額180,000~250,000円(時間外20時間含)
※勤続年数等は関係なく、あくまでもステージで判断しますが、中途での入社の場合は、今までの経験なども加味して判断します

(福利厚生)

社会保険完備
賞与年3回(7月、11月、2月)1年以上勤務者。業績連動。ステージにあわせた考え方、人事評価を加味
時間外手当
勤続手当(1年以上勤務者)
通勤手当(社内規程による。上限16,000円まで)
昼食代補助
互助会外務員(全社員資格をとっていただきます)
資格取得補助(例 調理師免許取得費用など)
制服貸与
社員旅行補助(2年毎に実施。海外か国内を選択できます)(2016年 グアムor四国)
スポーツクラブ(様々なスポーツをしながら、親睦を図っています。 ホットヨガ、ゴルフ、マラソン、スキーなど)
親睦会への補助

■研修制度
◎育成指導制度
店舗配属後、等級キャリアアップをもとに、先輩がマンツーマンで&職場ぐるみで教育します。
◎階層別研修
毎月、キャリアアップシートに基づく人事考課により、現在の職責とキャリアプランについて話し合います。明確な目標イメージを定める事で成長速度を高めます。目標に合わせた店舗研修(OnJT)と外部セミナー(OffJT)も推進しています。
◎その他
スキルに合わせた様々な研修(社内、社外)をご用意しております。 学ぶチャンスがたくさんあります!!

■社員が働きやすい会社にするためのプロジェクト
◎素敵な時間
現場を周って、労働時間の適正化のための意見交換を行い、考え行動出来るようにサポートしていきます。
◎もりもりサポート
現場のメンバーが、自ら考え行動できるよう 身近な課題を見出し、一緒に課題解決をしながら、考え方・取組方を学んでもらい、その先は、自分たちで動いていけるよう、サポートします。
◎見守り時間
現場を周って、仕事でのエピソードを1人1人から聞いて回ります。
勤務地 ◯グランドホクヨウ(山形県米沢市金池2丁目3−7)
 ・JR(山形新幹線)「米沢駅」から車で5分
 ・市バス「北村公園前バス停」から徒歩1分
 
◯東京第一ホテル米沢(山形県米沢市中央1丁目13−3)
 ・JR米沢駅より車で5分
対象となる方 未経験者歓迎。各職種の実務経験がある方優遇します。

【こんな方は歓迎します!】
・主体的に動く方
・新しいモノやコトが好きな方
・成長したい方
・やったことがないことに挑戦するのが好きな方
入社予定日 随時
応募方法 下記、いずれかの方法でご応募下さい

1・電話(0238-22-1234)にて応募。(初回面接にて、履歴書・職務経歴書をお持ちいただきます)
【応募の際は、「ヤマガタ未来ラボの求人記事を見て」とお伝え下さい。】

2・このページの下記応募フォームに必要事項を入力の上、応募。
(初回面接にて、履歴書・職務経歴書をお持ちいただきます)

3・履歴書・職務経歴書を郵送して、応募

※応募書類には、連絡が取れる手段(メールアドレス・携帯電話等)の記入をお願いします。(在職中の方は、携帯電話の繋がる曜日・時間帯等を記入してください)
選考プロセス 応募(電話、WEB、書類郵送)→面接(2回)→採用→入社

※入社日の相談に応じます。
お問い合わせ 【TEL】0238-22-1234 【E-mail】inoue.ma@nowl.co.jp (担当:井上)
HP http://www.nowl.co.jp/

グランドホクヨウ、東京第一ホテル米沢(株式会社ナウエル)

「人々の暮らしに深く根ざした、感動あふれる文化を創りつづける」をポリシーに、冠婚葬祭互助会事業、結婚式場の経営、斎場の経営、儀礼用衣裳のレンタル、ホテルの経営を行っています。自由闊達、風通しの良い社風の会社です。

応募フォーム

タイトル
姓名
年齢
性別
メールアドレス
電話番号
出身地
在籍期間
会社名
雇用形態
職務経歴
自己PR
個人情報保護(必須)

あなたの「ヤマガタ未来ラボ」マイページを作成しよう

新規登録