今年度が始まり、春のブライダルシーズンがスタート! そして、あっという間にジューンブライドの季節…。季節の移り変わりに取り残されないよう、日々新しいアイディアに日々試行錯誤中のブライダルコーディネーター&バルーン空間アーティストの伊渕南々絵です。

536176_384067598381919_761920950_n↑写真はスタッフ全員で制作したバルーンの馬車♪

 

先日のGWでは『ヤマガタ未来ラボ』企画の交流会にて、私の仕事のことや、普段どのように過ごしているのか…など! ゲストスピーカーとしてお話させていただきました。

いやあーー久々に緊張しました!! でも、人前で話をするということは、普段考えてることを整理する自分への振り返り、そして度胸をつけるいいチャンスですので

とてもいい経験をさせてもらいました。素敵な機会をありがとうございます。

交流会に参加された方は、山形に戻るか迷っている人だったり、山形の為に何かしたいと試行錯誤している人、実際にアクションを起こしてる人、山形に居ながら場所に捕われない働き方をしている人…様々な人がおりました。

 

 山形にUターンするか迷っていた時、私が知りたかったこと。

山形を離れていた頃(時の流れは早くもう4〜5年前…)

「仕事はがんばっていたい。でも、地方に戻ったらその意欲を持ち続けられるだろうか…」なんて、私自身が悩み・考えていたことをよく覚えています。

ひとりで考えていると、考えれば考えるほどよくわからなくなっていくものですよね。

結局のところ「答え」は自分で選んでいくしかないのですが、このような「場」があることで、目標としてるモデルケースに出逢ったり、参考意見が聞けたり… 色んな方の実際の生の声を聞けるということ。それはとても大きな収穫だと私は思います。

新しく出逢った人、そこで聞いた話、体験したことを通して、自分の中の悩みが突然スッと整理されたり、新たなアイディア、目標が生まれたりする。それは偉い人・凄い人から話を聞くことがすべてではなく、同士や自分より若い人からの刺激だったり、時として反面教師… 様々な出会いの中で、稀に面白いことが起こる。

人と人の出逢いは、時として、化学反応。

もちろん、必ず解決の糸口が見つかる訳ではありません。そんな甘い話には乗らない方が身の為です(笑)。もしかしたら、「答え」はもう自分の中にあるのかもしれません。でも、スイッチが入るのは、きっと何かしら、周りの刺激だったりするものです。

ヤマガタ未来ラボでは様々なイベントを企画しておりますので、ぜひ気軽に参加してみてくださいね!

IMG_1596

 

私もまた何かの機会に、みなさんにお会い出来たら嬉しいです。

話は戻りますが、そんな中で私は特に同世代の女性が山形にUターンしてからどのような生活を送っているのか。また、どのような経緯でその決断に至ったのか… などがとても気になっていました。

なのでここからの話は、山形にUターンした女性の成功物語というよりも(笑)

あくまで私は「私」が体験したことしか伝えられませんが、山形に戻ってきてからの生活であったり、楽しいこと、試行錯誤したこと、悩んだこと…そんなことを共有しながら

「山形でこんな風に仕事をしているひともいるんだあ〜」なんて思ってもらったら嬉しいです^^。

 

そして、まずは大前提として「私がどんな仕事をしているのか」を説明しないとどうも話が進みませんので、しばしの間、どうぞお付き合いください。

 #01 山形で叶える「アート・非日常」の世界

 

935449_352626561526023_131562885_n

 

私の仕事を端的に表現すると、

バルーン×アーティフィシャルフラワーでの空間装飾・演出

 

より根本的な表現をしますと、「非日常」の世界 をお客様に提供しています。

主なアイテムとしては、

 

*ブライダルコーディネート

FullSizeRender-6

お二人の結婚式のコンセプトを基に、会場を叶えたい世界観のイメージへと導きます。(写真のコーディネートのコンセプトは『シンデレラ』)テーブルクロス、ナフキン、花の色…。一組一組、お二人らしいコーディネート・装飾をコンセプトにコーディネートしております。

 

*イベント会場 バルーン装飾

11081234_705514459570563_1116318142736057830_n

会場・施設のスペックはなかなか容易に変えられない。けれども、そこに『装飾』をプラスすることで、いつもと同じ部屋・同じ空間を、「非日常空間」へと変える。そしてお客様への笑顔へと繋げる。それが私たちの仕事です。

 

*バルーンギフト

FullSizeRender-5-e1432655753439

 

アメリカや海外ではよく知られる「バルーン」のプレゼント。最近は、結婚式にバルーンで電報を送ったり、開店のお祝い、誕生日など様々なシーンで、祝福の日をより華やかに演出。「お花はみんなが送るけど、他の人と違うものを送りたい…」なんて方も、最近は増えています。

 

*プロポーズのサプライズ演出

FullSizeRender-3-e1432653717220

 

最近密かにお手伝いしているのが、こちらの「プロポーズ」演出プロデュース♡

せっかくなら、思い出に残るプロポーズがしたい。そんな方に、サプライズプロポーズの企画をご提案をしています。内容はバレてしまうとせっかくのサプライズが台無しになるので、気になる方は直接お問い合わせください(笑)。

 

次回の予告…*

 

さて、実はまだまだお見せしたいものはありますが…載せきれませんので!

ざっくり私の仕事概要を説明させていただいた『わたしのシゴト』シリーズ第一弾!(やる気を出す為、勝手にネーミング・シリーズ化してみました)。

次回は、私がこの仕事をする理由。そして、戻ってくるに至った経緯や、ここで実現していきたい「夢」そして「目標」…などを綴っていきたいと思います。

 

平成元年生まれ。世間でいう「ゆとり世代」である私が、

どんな風に考え仕事をしているのか知りたい方。

山形に戻ってきたいけど、不安を抱えている方。

山形で仕事をしている同士の方。

そうじゃなくとも何か気になった… なんて方は次回をどうぞ、お楽しみに♪

 

記事をシェア

伊渕南々絵

ライター情報

伊渕 南々絵

平成元年生まれ。県内の女子校を卒業後、東京の大学に進学。大学では社会心理学、主にビジネス心理学に興味を持ち『経営者のプロフェッショナリズ...