ごあいさつ

こんにちは、ヤマガタ住マイラボで「住まいのナビゲーター」を担当している五十嵐洋介と申します。私はこれまで設計デザインやインテリアコーディネーター、住宅雑誌のライターの仕事に携わり、この経験を活かしてUIターンを希望されている方に対してお住まい探しのアドバイスを行っています。

山形県の土地は都心に比べると安価で買うことができます。

広い敷地だからこそ建てられる住まい―それは「平屋」。

今回は「平屋」の魅力に迫ってみましょう。

平屋

 

田舎暮らしなら「平屋」がおススメ

都市部に暮らしているほとんどの方は、今現在暮らしている住まいや部屋の広さに、決して満足しているとは言い難いのではないでしょうか。
私が上京して初めて暮らした住まいは20㎡弱のワンルームタイプアパート。
狭くて、狭くて・・・収納もなく、物にあふれていました。
東京の住まいが「ウサギ小屋」と揶揄されるのも、なんだかわかるような気がします。

だからこそ田舎で暮らすなら、田舎ならではの贅沢な住まいに暮らしてほしいと考えています。

ちなみに「贅沢」と言ってもお金をかけた豪華な住まいを指すのではなく、敷地を活かして広々と暮らし、心のゆとりを育めるような住まいのことです。

それを満たすのが「平屋」であり、田舎ならではの贅沢な住まいであると私は思っています。

そもそも都市部の狭い敷地に平屋住宅を建てようとすれば、必要な間取りが叶わない上に、十分な採光や通風を確保することも容易ではありません。
また、都市部では住まいの価格よりも土地の価格のほうが高い傾向にあり、平屋を建てるためにはある程度広い土地を確保しなければならないため、コストを考えても困難。

平屋建ては土地が安く、割と広い土地が手に入る地方だからこそ、実現できる住まいなのです。

 

「平屋」は高齢者にも優しい住まい

平屋建てとは、いわば「1階建て」の住まいのことです。古民家などで比較的多く見られる建築様式ですね。つまり、住宅の中に階段が存在しないことが大きな特徴です。

住宅の中でもっとも事故が多いのが階段であるとも言われています。階段での転倒といった家庭内事故のニュースも良く耳にしますね。その点、平屋建ては住まい全体のバリアフリー化もしやすく、階段の上り下りがないので移動もスムーズになり、高齢者にとって優しい住宅とも言えるでしょう。

階段の設置スペースを省けるため、その部分を居住空間として活用できるメリットも持ち合わせています。

平屋庭

「平屋」は家族のコミュニケーションも円滑に

実は、平屋建ては子育て・ファミリー世代のライフスタイルにもマッチします。

2階建ての住まいでは上階に個室、下階にリビングを配置するケースが多く、「子どもが個室にこもりっぱなし」という状況も少なくありません。それが子どものひきこもりや非行につながるとも言われています。

しかし平屋建てでは、家族が上下の階で分かれて過ごすことがなくなるため、リビングに自然と家族が集まるようになり、コミュニケーションも深まったという声も耳にします。

「歳をとってから平屋に住みたい」という人は多いですが、若い世代にこそ平屋建てをおススメしたいですね。

 

デメリットも忘れずに!

もちろん平屋建てにもデメリットは多々あります。

2階がないため、洗濯物は必然的に1階に干すことになりますが、周囲の環境によってはプライバシーの観点から洗濯物が外に干しづらい場合もあります。
また、防犯面やプライバシーを考えて夏場に窓を開けたまま寝ることが難しかったり、窓を開けてお風呂に入れないなどといったデメリットもあります。
山形県の中でも都市部なら防犯面やプライバシーを気にする方も多いのではないでしょうか。

さらに2階建てと比べると、建築コストが高く付く場合もあります。その理由は2階建てよりも屋根や基礎、外壁の面積が多く、施工範囲が広くなるため、建材の使用量が増えてしまうからです。もちろん平屋建ては階段が不要で、木材の長さも短くなるのでコストカットにつながりますが、極端に面積が広い住まいを建てる場合はコストが増えてしまうので注意が必要です。

縁側

晴れた日は外に広がる畑を耕し、疲れたら縁側に座ってティータイム。雨の日は天井の高い開放的なリビングで木の温もりを感じながら読書を愉しむ。そんな平屋建ての住まいで送る晴耕雨読の暮らしも良いですね~。

五十嵐 洋介

五十嵐 洋介

【無料】UIターン先(山形県)でお住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。

五十嵐 洋介

1982年、山形県酒田市生まれ。
早稲田大学 法学部を卒業後、大和ハウス工業株式会社に入社し、同大学で建築学を学びながら、住宅・マンション・インテリアの設計、都市デザインに従事。その後、SUUMO(株式会社リクルート)をはじめとする住宅・不動産媒体のライターとして活躍し、今まで200社を超える企業や経営者を取材・執筆。
現在、「株式会社 ainak」を設立し、地域活性化、まちづくりに携わる。「酒田市を音楽のまちへプロジェクト」代表。ヤマガタ未来LAB.にて「住まいのナビゲーター」として活動し、山形県へのUIターン移住支援を行っている。