ごあいさつ

こんにちは、ヤマガタ住マイラボで「住まいのナビゲーター」を担当している五十嵐洋介と申します。私はこれまで設計デザインやインテリアコーディネーター、住宅雑誌のライターの仕事に携わり、この経験を活かしてUIターンを希望されている方に対してお住まい探しのアドバイスを行っています。

 

今回は山形県にUターンし、新生活を送ることになる主婦を応援すべく、家づくりにおける快適なランドリープラン、「洗濯」でストレスを感じない間取りの工夫をご紹介したいと思います。

洗濯干し

 

洗濯機の置く場所が、快適性の良し悪しを左右する!?

みなさんの家庭では洗濯物をどこで干しますか?外干しが多いですか?室内干しが多いですか?
洗濯機置き場をどこに設置するかで、快適性の良し悪しが決まるといっても過言ではありません。水に濡れた洗濯物は非常に重くなるので、洗濯機置き場から干す場所まで離れていると運ぶのが大変になります。

快適なランドリープランを考える上でのポイントは、洗濯機置き場と洗濯物を干すスペースの動線をできるだけ短くする工夫をすること。

もし洗濯物を2階に干すなら、洗濯機置き場も2階に設けることをおススメ。洗面室・浴室ごと2階に設置するのもよし、面積に余裕があればランドリールームのみを2階に設置するのも効果的です。しかしながら、年をとってからは階段の上り下りは辛くなってくるので、老後のことまで考えて、各々のスペースを考えてくださいね。

雪

 

山形暮らしに、室内干しスペースは必須!

雪国、山形。冬の時期はたいてい室内に洗濯を干すことになります。そんなわけで室内干しスペースは必須。外干しスペースとは別に、一箇所でいいので室内干しスペースを確保しておきましょう。
どうしても難しい場合は、浴室乾燥機付きのバスルームも便利。カビの発生も抑えられる優れものです。また、共働きの夫婦は洗濯を夜に行う場合が多く、室内干しが必然となるでしょうし、梅雨や花粉の季節は外に干したくない人もいるでしょう。

私が今まで見てきた事例で、「使いやすい!」と好評の動線をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

① 洗面室(洗濯機置き場)→ホール(室内干しスペース)→バルコニー(外干しスペース)
図①
② 洗面室(洗濯機置き場)→浴室(室内干しスペース)→バルコニー(外干しスペース)
図②
③ 洗面室→サンルーム(洗濯機置き場&室内干し)
図③

洗濯物をしまう場所から考える動線プラン

みなさんは洗濯物を取り込んでからどこに洗濯物をしまいますか?私の経験上、寝室のクロゼットの中にしまうというケースがもっとも多いです。その場合は、下図のように室内干しを行うホールと外干しを行うバルコニーの双方から近い場所に寝室を設け、ホール側からもウォークインクロゼットに出入りできる動線を確保するととても便利です。

これはぜひ取り入れてほしい間取りの一つです。
図④
また、洗濯機置き場を洗面室に設置するなら下着やパジャマ、タオルなどをしまう収納スペースを洗面室内に設けるのもアリ。洗面室は脱衣所としてのスペースも兼ねるため、使い勝手が向上します。

さらに、リビング内に家族共用のクロゼットを設けた間取りも意外と好評。2階にある個室のクロゼットに洗濯物をしまうとなると、着替えのたびに1階のリビングから2階まで上下階を移動することになります。リビングが狭くなる場合や洗濯物を取り込んでからしまうまでの動線は長くなってしまいがちですが、洗濯物のおたたみを家族共用のクロゼットがあるリビングでできれば、テレビを観ながら作業ができ、家族のコミュニケーションも弾みます。身支度をリビング内ですることができるので、忙しい朝の時間も短縮できるのです。

図⑤

また、ぜひ住まいに取り入れていただきたいパーツがあります。これがあるだけで快適度はぐ~んとUP。なんでしょう??

それは・・・
「カウンター=作業台」です。

洗濯物を干す場所の近くにカウンターをつくると、取りこんだ洗濯物を置くスペースができます。また、おたたみを行うスペースにカウンターを設置しても便利。ここでママはおたたみをしながら、子どもの宿題を看ることもできます。アイロンがけやお裁縫スペースとしても活躍します。

洗面室の中にカウンターをつくった事例も好評だったので紹介しておきます。
ぜひ参考にしてみてください。

図⑥
五十嵐 洋介

 

 

五十嵐 洋介

【無料】UIターン先(山形県)でお住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。

五十嵐 洋介

1982年、山形県酒田市生まれ。
早稲田大学 法学部を卒業後、大和ハウス工業株式会社に入社し、同大学で建築学を学びながら、住宅・マンション・インテリアの設計、都市デザインに従事。その後、SUUMO(株式会社リクルート)をはじめとする住宅・不動産媒体のライターとして活躍し、今まで200社を超える企業や経営者を取材・執筆。
現在、「株式会社 ainak」を設立し、地域活性化、まちづくりに携わる。「酒田市を音楽のまちへプロジェクト」代表。ヤマガタ未来LAB.にて「住まいのナビゲーター」として活動し、山形県へのUIターン移住支援を行っている。