ごあいさつ

こんにちは、ヤマガタ住マイラボで「住まいのナビゲーター」を担当している五十嵐洋介と申します。私はこれまで設計デザインやインテリアコーディネーター、住宅雑誌のライターの仕事に携わり、この経験を活かしてUIターンを希望されている方に対してお住まい探しのアドバイスを行っています。

 

太陽光発電とは何ぞや?

今回は近年ニーズが高まりつつある「太陽光発電」について。

山形県で「太陽光発電」を取り入れたならば、どのくらいお得に暮らせるのか、簡単ではありますが説明していきたいと思います。

「そもそも太陽光発電って何?」という方も多いと思うので、まずは用語を整理しておきましょう。

「太陽光発電」とは、太陽の光を太陽電池によって直接的に電力に変換する発電方式のこと。そして太陽の光が当たると発電する太陽光パネルを屋根に搭載し、これによって創られた電気を家庭内で使用したり、電力会社に売ることができる仕組みのことを「太陽光発電システム」と呼んでいます。混同しがちなので、ご注意を。

太陽光発電

 

設置コストはいくら?

嬉しいことに、設置価格は「太陽光発電システム」の普及に伴って年々下がってきています。

平成22年度の新築における平均設置価格は1kwあたり56.5万円でしたが、平成25年度では38.5万円まで下がりました。一般家庭で4kwを搭載するとなれば、154万円。一昔前に比べたら、随分お求めやすくなりました。ただし、屋根の形状やお住まいの状況により、補強工事や追加機器が必要になることもあるのでご注意くださいね。

 

ただ、喜んでいられないのが補助金です。

「太陽光発電システム」を搭載する際に、国、都道府県、地方自治体から補助金を受けられるのですが、どうも縮小傾向にあるようです。国としては平成26年度の補助金の実施は残念ながらありませんでした。しかし国だけでなく、都道府県、地方自治体も独自に実施。山形県の補助金は26年度現在で30,000円/kw(上限299,000円)。補助金制度を廃止する地方自治体も多い中、山形県は頑張ってくれています。

 

ちなみに東北の他県は、

秋田県=1kW当たり25,000円(上限100,000円)

青森県=なし(各市町村にあり)

岩手県=1kW当たり30,000円

宮城県=1件60,000円

福島県=1kW当たり35,000円(上限140,000円)

 

どれくらいの電気を発電できるの?

冬寒く、夏暑い山形県では、冷暖房機器を使う機会も多いと思います。それを加味しても、4人家族の平均年間消費電力量は大体5500kWhくらい。そして太陽光パネル1kwあたりの年間発電量は大体1000kWh前後。4kWの太陽光パネルを設置するならば、70%程度を「太陽光発電」でまかなえる計算になります。都会のような住宅密集地と違って山形県内では敷地に余裕がある家も多いため、もしかしたらもっと大きな発電量を期待できるかもしれません。田舎と「太陽光発電」との相性はバッチリなんです。

エアコン

 

発電した電気はいくらで売れるの?

「太陽光発電」の良いところは、余った電気を電力会社に売ることができること。

前述した設置価格や補助金と同様に固定買取価格も毎年変化するのですが、こちらも残念ながら年々下がってきているという状況です。

平成25年度の10kW未満の住宅用太陽光発電の買取期間及び価格は、38円/1kWh(設置から10年間)。平成26年度では37円/1kWh(設置から10年間)となり、1円減少しています。

今後の動向を見守っていきましょう。

太陽

 

雪が多い山形県でも全然イケル!

1日の発電量で見ると、太陽が出ている昼間がもっとも発電量は多く、逆に夜間は少なくなります。そこで昼間の電気使用量は少ないので、自宅で使用する電気をまかなった上で、余った電気を売り、電気使用量が増える夜間は、足りない電気を電力会社から買うことになるのです。「太陽光発電」を導入するときは、この差し引きでどのくらい利益が出るかをシミュレーションすることが大切。売電と設置時に受けられる補助金、発電による節約額を考え、何年で元が取れるかを考えてみましょう。

また、山形県の方が特に心配するのは、「雪」。山形県の場合、冬の時期は確かに発電量は少ないのですが、3月から10月までは日照時間が長いため、通年でいうと全国平均とほぼ同等です。冬は機能しなくても、雪のない時期で相殺できるので十分利用できるかと思います。(ただし、県内には積雪量1mを超えるところもあり、すべての地域で保証できるとは限りません。販売店とよく相談の上、ご検討ください)

 

五十嵐 洋介

五十嵐 洋介

【無料】UIターン先(山形県)でお住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。

五十嵐 洋介

1982年、山形県酒田市生まれ。
早稲田大学 法学部を卒業後、大和ハウス工業株式会社に入社し、同大学で建築学を学びながら、住宅・マンション・インテリアの設計、都市デザインに従事。その後、SUUMO(株式会社リクルート)をはじめとする住宅・不動産媒体のライターとして活躍し、今まで200社を超える企業や経営者を取材・執筆。
現在、「株式会社 ainak」を設立し、地域活性化、まちづくりに携わる。「酒田市を音楽のまちへプロジェクト」代表。ヤマガタ未来LAB.にて「住まいのナビゲーター」として活動し、山形県へのUIターン移住支援を行っている。