ごあいさつ

こんにちは、ヤマガタ住マイラボで「住まいのナビゲーター」を担当している五十嵐洋介と申します。私はこれまで設計デザインやインテリアコーディネーター、住宅雑誌のライターの仕事に携わり、この経験を活かしてUIターンを希望されている方に対してお住まい探しのアドバイスを行っています。

 

空間コーディネートは難しい

今まで家を建てた方にたくさん接してきましたが、家づくりで大変だったところ、苦労したところ、失敗したところなどを伺うと大抵の方がこれを挙げます。

なんだと思います?

実は「インテリアコーディネート」を挙げる方がもっとも多いんです。

内装選びや内装の色決めにみなさん苦労しています。 

床や壁、天井のコーディネートが大変なのは、あまりに建材や商品が世の中にありふれているからです。クロス(壁紙)などのカタログは分厚いですし、何千枚の中から選ぶことになります。また、メーカーによって機能やデザインもまったく異なり、サンプルも決して大きくはないので、この中から自分の理想のものを探すことに多くの方が苦労しているようです。

クロス

 

キーカラーを決める

そこで今回は、失敗しない空間をつくるためのヒントをご紹介します。
「センスないけど大丈夫がな」という山形県ご出身のみなさん。
大丈夫!
誰でも無難にまとめられる方法があるのです。

それは「基調色」を1つ決め、色味を絞り込むこと。
もっとも多く目に見える部分の色を決めてしまうのです。
しかし色といってもたくさんあります。明るいトーンにするのか、暗いトーンにするのかを最初に決めましょう。
もっと絞り込むとするならば、
①ホワイト系
②ナチュラルなベージュやライトブラウン系
③ダークブラウン系
の3パターンの中から一つ選ぶとよいでしょう。

ちなみに色は床、壁、天井の順に明るい色を選ぶのが鉄則!
例えば基調色(床の色)にダークブラウンを選んだ方は、壁にベージュもしくはホワイト、天井にホワイトを持ってくるとまとまって見えます。
明るい色を上部に持ってくることで天井が高く見え、より開放的な空間が演出されるのです。

 

個性派はワンアクセントをプラス

個性が強い山形県民のみなさん、「それじゃあつまらない」という方が多いのではないでしょうか。

その方は床よりも壁や天井に暗い色を選ぶことで確かな個性は生まれます。

しかしながら圧迫感は否めませんし、多少のセンスは必要。

結構これで失敗している方も多いです。

そこで、私は部分的にアクセントを取り入れることをお勧めしています。

例えば壁の一面だけ柄クロスを取り入れたり、色を変えるだけでそんなに失敗のリスクを負うことなく個性的な空間に生まれ変わります。

「勇気がない」という方は、トイレなどの小さな空間からチャレンジしてみましょう!

 

素材を使い分けてオリジナリティを創出

単にクロスの色や柄を変えるのではなく、素材を変えるというのも大きな効果を生みます。

例えば床には無垢材、壁には漆喰や珪藻土、タイルといった自然素材を採用することで質感や温もりあふれる空間に生まれ変わります。もちろん予算と相談しながらですが・・・。

また、最近は珪藻土クロス、紙クロス、布クロスなど、クロスの中にも質感豊かなものが増えてきています。ぜひチェックしてみてください。

レンガ

 

ファッションとインテリアは似ている!?

ここまで色の組み合わせや素材の使い方をご説明してきましたが、失敗しないためのポイントは「できるだけ開放的に見える空間」を目指すことです。この軸さえ守れば、よほど特殊なことをしない限り失敗しません。

床をダークブラウン系にして壁と天井を明るい色にするのもよし、思い切って床から壁、天井までホワイト系でまとめるのもよいでしょう。

また、床にダークブラウン系を取り入れた場合、壁や天井にブルーやグレーといった寒色を持ってきても空間に遠近法のような効果が生まれ、広く見えます。

ファッション

さらに、柄ものを選ぶときは、柄の大きさが開放感に影響します。これはファッションにも共通するので覚えておくととても便利!柄が小さい方が、空間には広がりが生まれます。洋服ならば柄が大きいものの方が太って見え、小さいものの方が痩せて見えるのです。

また、横ストライプは横に広がりを生みますが天井は低く見え、逆に縦ストライプは縦に広がりを生みますが横の広がりは減少。そして同じストライプ柄でも大きな幅のストライプは小さな幅のストライプよりも膨張して見えます。

「大きな空間を想像できない」という方は、まずは自分自身のファッションにたとえてイメージを働かしてみましょう。

Uターン先で家づくりを考えている方はもちろん、賃貸、建売や中古住宅の購入を考えている方はお気軽にヤマガタ住マイラボまでお問い合わせください。

五十嵐 洋介

五十嵐 洋介

【無料】UIターン先(山形県)でお住まいをお探しの方はお気軽にご相談ください。

五十嵐 洋介

1982年、山形県酒田市生まれ。
早稲田大学 法学部を卒業後、大和ハウス工業株式会社に入社し、同大学で建築学を学びながら、住宅・マンション・インテリアの設計、都市デザインに従事。その後、SUUMO(株式会社リクルート)をはじめとする住宅・不動産媒体のライターとして活躍し、今まで200社を超える企業や経営者を取材・執筆。
現在、「株式会社 ainak」を設立し、地域活性化、まちづくりに携わる。「酒田市を音楽のまちへプロジェクト」代表。ヤマガタ未来LAB.にて「住まいのナビゲーター」として活動し、山形県へのUIターン移住支援を行っている。